結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

【女性編】結婚式お呼ばれ、正しい服装と「今どきOK」な服装とは?

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式にお呼ばれしたとき、女性が悩みがちな服装。

「お呼ばれ服のOK・NGラインを知った上で、自分らしいファッションがしたい」

そんな思いに応えるべく、結婚式に出席するときの正しい服装をご紹介します。

「昔はNGだったけれど最近はOK」な服装についてもまとめました!

INDEX
結婚式の服装を選ぶときの大原則
正しい服装【洋装編】
正しい服装【和装編】
今どきOKな服装とは?

結婚式の服装を選ぶときの大原則

結婚式お呼ばれの服装にはいろいろなマナーがありますが・・・

はじめに「これは大原則!」と言えるマナーを1つご紹介しておきます。

それは何かというと、ずばり

「花嫁よりも目立たない」こと。

「これは言われなくても・・・」という人も多いかもしれませんが、服装選びでは改めて意識しておきたいポイントです。

結婚式の主役は花嫁、お祝いするゲストは主役を引き立てる存在。

明るいカラーの服装で華やかな雰囲気を引き立てるのは大事ですが、花嫁より目立つほど派手な服装はNGです。

白いドレスやワンピースなど、白を基本にしたコーディネートも、花嫁のウェディングドレスとかぶるので避けましょう。


続いて、もう少し詳しい服装マナーを「洋装」「和装」に分けてお届けします!

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

正しい服装【洋装編】

ドレスやワンピースなどの洋装を選ぶ場合、昼と夜でドレスコードが変わるので気を付けたいところ。

具体的には、昼と夜、それぞれ何が違うのでしょうか?

さっそく見ていきましょう。

昼の装い

ドレスコードには、「夜はOKでも昼はNG」というポイントがいくつかあります。

代表的な昼のNGポイントは次の3つです。

・肌を露出するもの
・光る素材
・派手なアクセサリー

肩が出るノースリーブのワンピースや、背中があいたドレスなど、露出のある服装はNG。

もし昼にノースリーブを着たければ、上にショールやボレロなどを羽織りましょう。

光る素材や派手なアクセサリーについては、最近はOKとされることも増えてきました。

とはいえ派手にも限度があります。

花嫁より自分が目立ちかねない「あまりに派手なラメ素材」や「ゴージャスすぎるアクセサリー」は避けたいところ。

「でも、せっかくの結婚式だから華やかにしたいなぁ」

そんな人は、上品なパールのアクセサリーやコサージュをプラスするとGOOD!

夜の装い

昼の装いでNGとされた3つのポイントが、夜ならなんとすべてOKに!

ノースリーブはもちろん、背中や胸のあいたドレスやワンピースも大丈夫。

サテンやラメ素材の華やかな服装も、昼とは一転、夜ならむしろ歓迎されます。

しっとりした夜の時間帯にふさわしい、エレガントな服装を選ぶのがオススメです。

正しい服装【和装編】

和装には細かいルールがたくさんありますが、2つの基本マナーを押さえておけば、着こなしで失敗することは少ないはずです。

着物の「格」に気をつけよう

着物は種類ごとに「格」が決まっています。

「格」とは、言い換えれば「フォーマル度」のこと。

ここでは、結婚式でよく着られる5種類の着物を、格の高い順にご紹介します!


①黒留袖[くろとめそで]

いちばん格が高い「黒留袖」。

「すてき!着てみたい!」と思った人もいるかもしれませんが・・・

残念ながら結婚式では、

「母親or仲人or親族の既婚女性しか着られない」

と決まっています。

一般のゲストが着ていくとマナー違反になるので注意してくださいね。


②大振袖[おおふりそで]

後ほど詳しく説明しますが、振袖は袖の長さによって「大振袖」、「中振袖」、「小振袖」の3種類に分かれます。

そのなかでも「大振袖」は、未婚女性の和装でいちばん格の高い「第一礼装」。

「本振袖(ほんふりそで)」と呼ばれることもあります。

③色留袖[いろとめそで]

「色留袖」も、もともとは「黒留袖」と同じように、結婚式では

「新郎新婦の姉妹or親族の女性しか着られない」

と決まっていました。

ただ、現在は主賓として招待された場合は、一つ紋または三つ紋つきの色留袖もOKとされているようです。

それでも、もし新郎新婦の親族が黒留袖や色留袖を着ない場合は、避けたほうが無難かもしれません。

④訪問着

訪問着は、未婚・既婚どちらでも着ることができ、結婚式やパーティー、お茶会など色んなシーンに向いています。

絵羽模様(えばもよう)といって、胸、肩、袖、裾に模様がつながるように染められている着物です。

⑤付け下げ・小紋[こもん]

訪問着よりすこし軽めの着物で、こちらも未婚・既婚どちらでも着られます。

訪問着に比べても模様は小ぶりで少なく、シンプルなものが多いです。


まとめると、

ゲストが着られるもの・・・振袖、訪問着、付け下げ・小紋

親族しか着られないもの・・・黒留袖、色留袖

となります。

「ゲストの和装でいちばん格が高いのは、振袖なんだ。
それじゃあ、振袖を着ようかなあ」

と思った人。

振袖を着るときには、気をつけてほしいことがあるんです。

続けてご紹介します!

振袖は花嫁と被らないように注意

先ほど軽く説明しましたが、振袖は袖の長さによって3つに分けられます。

それぞれの違いと、結婚式で着て行くときに注意したいポイントを見ていきましょう!

○大振袖[おおふりそで]

袖の長さが114㎝前後と最も長く、未婚女性の第一礼装とされています。

最近は、お色直しで振袖を着る花嫁も増えてきましたが、花嫁が着るのも大振袖です。

花嫁が大振袖を着る場合、ゲストはもう少し袖の短い「中振袖」や「訪問着」を選ぶのがマナー。

前もって花嫁に衣裳を確認しておくとよいですね。

○中振袖[なかふりそで]

袖の長さが100㎝前後で、大振袖の次にフォーマル度の高い「準礼装」です。

大振袖だと花嫁とのかぶりが怖いですが、それに比べると中振袖は安全なチョイスと言えるかもしれません。

ただ、「色・柄」のかぶりには気をつけましょう。

「中振袖なら大丈夫と思って出席したら、色が花嫁の振袖と同じで気まずかった・・・」

こんなことにならないよう、花嫁に衣裳を確認するときは、色や柄についても聞いておくのがベターです。

○小振袖[こふりそで]

袖の長さが85㎝前後といちばん短く、他のものと比べると軽くて動きやすい振袖です。

ただ、小振袖は大振袖や中振袖と比べると格は低くなります。

ホテルウェディングなど格式の高い結婚式にお呼ばれした場合は、袖の長い大振袖や中振袖を着るほうがよいですね。

今どきOKな服装とは?

マナーは時代の流れとともに変わっていくので、昔はNGだった服装が今はOKになっていることもあります。

最近OKになった結婚式の服装には、どんなものがあるのでしょうか?
3つの例をご紹介します。

コーディネート次第なら黒もOK

黒系のドレスは「喪服」をイメージしてしまうので、これまで結婚式では好ましくないとされてきました。

現在では、「全身黒」でなければOKと言われています。

つまり、アクセサリーや靴に華やかな色を選べば、ドレスは黒でも大丈夫。

コサージュを付けたりカラフルなバッグを持ったりすると、さらにゴージャス感がアップしますよ!

バイカラードレスはマナー上問題なし

1着で2色に分かれているバイカラードレスは、「別れ」をイメージさせるのでNGとの声があります。

しかし、これはマナーとしてちゃんと決まっているわけではありません。

最近バイカラーはトレンドですし、フォーマル感のあるものを選べばマナー上は問題なし。

とはいえ、やはりイメージで「縁起が良くない」と考える人もいるかもしれません。

特に年配のゲストが多い結婚式はその傾向が強いようなので、心配なら避けた方が無難です。

華やかさをプラスすればパンツスタイルもアリ

「ビジネスシーンを連想してしまうので結婚式には向かない」

とも言われるパンツスタイルですが、最近はさまざまな素材やデザインが登場しています。

光沢のある素材を選んだり、華やかなブラウスをプラスしたり、特別感のあるスタイルであれば問題ありません。

まとめ

以上、結婚式お呼ばれの服装で守りたいマナーをご紹介しました。

時代や流行によって結婚式のスタイルも変化しているので、昔はNGだった服装がOKとなっていることもあるようです。

参加する結婚式はどんなスタイルなのかチェックして、マナーを守ったステキな服装で新郎新婦をお祝いしましょう!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ゲストの服装」の他の記事

「ゲストの服装」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る