結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式・披露宴に親族として出席!知っておくべき服装マナーは?

音声で聴く!

0:00

0:00

新郎新婦の親族として、結婚式に出席することになったあなた。

「親族はどんな服装をすればいいんだろう。
友達の結婚式の場合と違うのかな・・・?」

そんな疑問を持っていませんか?

ここでは、親族の結婚式の服装マナーを、「両親」「おじ・おば」「姉妹」など、立場別にご紹介。

ぜひ参考にしてください!

INDEX
親族の服装・基本マナー
父親の服装
母親の服装
おじ・おばの服装
兄弟姉妹の服装
いとこなどの服装
子供の服装
その他の注意点

親族の服装・基本マナー

まず前提として、結婚式というのはフォーマルな場です。

なので、服装もその場にふさわしいフォーマルなものを選ぶのが基本。

結婚式にふさわしいフォーマルな服装には、大きく分けて次の3種類があります。

正礼装

最も格式が高い服装のことを指します。

男性は
・モーニングコート
・燕尾服(えんびふく)
・紋付羽織り袴(もんつきはおりばかま)

女性は
・アフタヌーンドレス
・イブニングドレス
・黒留袖

などが一般的。

準礼装

正礼装の次にフォーマル度の高い服装で、「セミフォーマル」とも呼ばれます。

男性は
・タキシード
・ブラックスーツ
・ディレクターズスーツ

女性は
・カクテルドレス
・セミフォーマルドレス

など。

略礼装

準礼装よりさらにラフなスタイルです。

男性は
・ダークスーツ

女性は
・ワンピース
・スーツ
・訪問着

など。

親族として結婚式に出席する人は、新郎新婦とともにゲストをお迎えする立場になります。

そのため、ゲストに比べてフォーマル度の高い服装をする必要があるのです。

具体的には、どんな服装をすればいいのでしょうか?

立場ごとに、結婚式にふさわしい服装をご紹介します!

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

父親の服装

まずは新郎新婦のお父さんから。

父親は親族の代表となる人なので、最も格式の高い「正礼装」を選ぶのが基本です。

男性の正礼装といえば、

・昼の結婚式ならモーニング
・夕方から夜の結婚式なら、燕尾服やタキシード

が定番。

小洒落た感じを出したい人は、ネクタイやベスト、ポケットチーフ、カフスボタンなどにこだわってみてはいかがでしょうか?

和装の場合は、「紋付き羽織袴」の中でも最も格式の高い「五ツ紋付羽織袴」を選びましょう。

母親の服装

父親が正礼装でゲストを迎えるのであれば、母親も同じく「正礼装」で合わせるのが基本です。

母親の正礼装といえば、「黒留袖」が定番。

父親の和装と同じく、五ツ紋の入った黒留袖がいちばん格式の高い服装になります。

洋装であれば、昼なら露出の少ないアフタヌーンドレス、夜ならネックラインなどが出ているイブニングドレスを。

おもてなしする立場なので、夜でもあまり肌を出しすぎない服装のほうがベターです。

おじ・おばの服装

おじ・おばが結婚式の服装選びで気を付けたいことは大きく2点。

まずは、新郎新婦やふたりの両親よりフォーマル度の高い服装をしないこと。

たとえば両親が「準礼装」のときに自分が「正礼装」を着ていくと、気まずい空気になるかもしれないので要注意です。

定番なのは、男性ならディレクターズスーツやブラックスーツ、タキシード。

女性の場合、肌の露出は避けて、落ち着いた色味のフォーマルなワンピースドレスなどを選ぶとGOOD。


もう1つ気をつけたいのは、新郎新婦に合わせて服装を選ぶということです。

新郎新婦が洋装であれば洋装、和装であれば和装を選ぶと、見た目に統一感が出ます。

ふたりにも喜んでもらえそうですね!

兄弟姉妹の服装

兄弟

お兄さんや弟さんにふさわしいのは、「正礼装」か「準礼装」。

タキシードやダークスーツなどの洋装を選ぶ人が多いですが、既婚の男性であれば紋付袴などの和装を選ぶこともあるようです。

おじの場合と同じように、新郎や父親よりも少し控えめの服装選びを心がけましょう。

姉妹

兄弟と同じく、新婦や母親よりも控えめな「正礼装」や「準礼装」を選ぶのが基本。

また、新婦や母親の服装と色・柄がかぶるといけないので、事前に確認しておきましょう。

洋装を選ぶなら、アフタヌーンドレスやイブニングドレス、フォーマルワンピースなどを着るのが定番。

和装の場合、立場や年齢によってふさわしい服装が変わってくるので注意しましょう。

たとえば正礼装の「黒留袖」は、親族のなかでも既婚の女性が着るものとされています。

未婚の女性は「色留袖」を選ぶのがマナーなので、間違えないように気を付けてください。

20代の未婚女性であれば、鮮やかな色合いの「振袖」で場に華を添えるのもGOOD!

いとこなどの服装

いとこなどの場合、男性も女性も「準礼装」を選ぶのが一般的です。

男性なら、黒のスーツに白などのネクタイを組み合わせたスタイルが定番。

女性はフォーマルドレスやスーツなどの洋装が多いようです。

未婚の女性であれば、姉妹と同じように振袖を着るのもオススメ。

また、いとこの和装なら略礼装の「訪問着」でもOKとされています。

子供の服装

子供でも、格式ある結婚式にはフォーマルな服装で参加させるのがマナー。

学校に通っている子供なら、フォーマルの基本は「制服」になります。

制服以外だと、男の子はスーツやタキシード、女の子にはドレスがおすすめ。

「子供にスーツやドレスを買っても着る機会が少なそう」

という人は、レンタルするのもアリですよ。

礼服以外なら、

・男の子は白シャツにカーディガン
・女の子はワンピース

など、ほどよく「きちんと感」のある服装を選んでくださいね。

その他の注意点

最後に、意外と見落としがちな3つのポイントをご紹介します。

両家の服装を揃える

新郎新婦の両親は、和装・洋装はもちろん、衣装の格も同じに揃えるのがオススメです。

両家が並んだときに衣裳の格が違うと、ちぐはぐな印象になってしまうことも。

事前に両家で話しあっておきましょう。

主役よりも控えめに

親族が結婚式にふさわしい「正礼装」や「準礼装」を着るのは、基本的には正しいのですが・・・

もし新郎新婦より自分の方が格の高い服装をしてしまうと、マナー違反になってしまいます。

結婚式では、主役のふたりより控えめな服装をするのが原則。

自分の服装を選ぶ前に、新郎新婦の衣裳について確認しておくのが良さそうです。

特に女性は、新婦の衣裳の色・柄も聞いておいて、かぶらないように気をつけましょう。

「平服で」と言われたら…

招待状に「平服でお越しください」と書かれている場合は、どんな服装を選べばいいのでしょうか?

最初にお伝えしたことですが、親族として結婚式に参加する場合、あなたはゲストをお迎えする立場。

「平服で」と書かれている場合も、きちんとフォーマルな装いを選ぶのがマナーです。

まとめ

親族として結婚式に出席するときは、ゲストをお迎えする立場ということをふまえて、いつもよりもフォーマルな装いをしましょう。

両親以外の親族は、ふたりや両親よりフォーマル度の高い服装になったり、色・柄がかぶったりしないようご注意を。

また、両家の服装の格をそろえるためにも、前もって方針を合わせておくことも重要なポイントと言えそうです。

マナーを守ったステキな服装で、ふたりと一緒に温かくゲストをお迎えしましょう!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ゲストの服装」の他の記事

「ゲストの服装」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る