結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

神前式に呼ばれた場合のOKな服装は?ワンピースで参列するのは失礼?

音声で聴く!

0:00

0:00

主に神社で行われる神前式。

日本の伝統的な結婚式で、なんだか荘厳な雰囲気ですよね。

そんな神前式にお呼ばれしたゲストは、どんな服装で参列すればいいのでしょうか?

今回は神前式にお呼ばれした時にふさわしい女性の服装について、NG例もあわせてご紹介します。

INDEX
着物じゃないとダメ?
ふさわしい服装
NG1 素足
NG2 ピンヒール
NG3 過度な露出、派手すぎるもの
NG4 毛皮やヘビ革、ワニ革など
NG5 大きな荷物

着物じゃないとダメ?

神前式といえば、花嫁は白無垢や色打掛などの美しい着物、新郎は紋付き袴・・・

荘厳な雰囲気の中で行われる、純和風の結婚式というイメージですよね。

「そんな神前式に招待されたら、ゲストも着物で出席しなきゃいけないの?」

そんなことはありません!
ゲストは和装でも洋装でもOKなんです。

では具体的に、どんな服装がふさわしいのか見ていきましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

ふさわしい服装

和装の場合

着物は神前式の雰囲気にピッタリ!

着物姿の女性ゲストは会場を華やかにしてくれるので、新郎新婦や親族にも喜ばれることが多いようです。

あなたが未婚なら振袖が華やかでおすすめ。
訪問着や色無地は既婚・未婚を問わないので誰でも使いやすい着物ですよ。

ただあまりにも派手な色柄や、花嫁の衣装とかぶるような色味は避けましょう。

白無垢の白はもちろんですが、黒や赤は花嫁の色打掛によく使われる色なので注意が必要。

特に振袖の場合とても華やかな着物なので、色が花嫁とかぶっていないかどうか事前に確認しておくと安心ですね。

洋装の場合

洋装の場合は教会での結婚式と同じように、フォーマルなドレスやワンピースを選びましょう。

特に神前式では、新郎新婦はもちろん、親族も格式の高い着物姿での参列が多いもの。

ゲストもあまりカジュアルなデザインや派手すぎるようなものは避け、フォーマル感を意識したいですね。

シャンタンなどの張りのあるしっかりした素材や、サテンなど光沢のある素材のドレスがおすすめ。

これも教会式と同じく、花嫁とかぶる白のドレスはNGですよ。


では次に、神前式で気をつけたいNGファッションについて見ていきましょう。

神前式ならではの注意ポイントもあるので、チェックしてくださいね。

NG1 素足

夏だし暑いから・・・と素足で出席するのはNG!
ストッキングは必ず履いておきましょう。

教会式と違って、神前式では靴を脱いで神殿にあがる機会があります。

素足はもちろんNGですが、「靴で見えないから」と指先に穴が開いたストッキングや足裏が汚れたものを履いていたら、はずかしい思いをすることに・・・。

破れたり汚れたりしたときのために、予備のストッキングも持っておくと安心ですよ。

NG2 ピンヒール

女性らしくてキレイに見えるピンヒールですが、神前式にはちょっと不向き。

神社では、砂利の上を歩いたり階段を上り下りしたり、という場面が少なくありません。

ピンヒールが砂利に刺さって転んだり、よろよろと歩いたり・・・
それではピンヒールの魅力も台無しですよね。

また神前式では、「三進(さんしん)の儀」といって、新郎新婦を先頭に親族やゲストが連なって歩き、神殿に向かう儀式がある場合も。

厳かな入場シーンで、カツカツとピンヒールが立てる足音は少し目立ってしまうかもしれません。

カジュアルになりすぎない程度に、少し太めのヒールを選ぶといいですよ。

NG3 過度な露出、派手すぎるもの

せっかくの結婚式ですから、女性ゲストはある程度華やかにオシャレするのはもちろんOK!

でもあまりにも派手すぎる色柄は、洋装でも和装でも避けたほうが良さそうです。

主役は新郎新婦ということを忘れずにオシャレしたいですね。

そして格式の高い神前式で気をつけたいのが、過度な露出です。

胸元が深く開いたドレスや肩の出たキャミワンピースなどを着るなら、ボレロやジャケット、ストールは必須!

スカート丈も、短すぎるものは避けます。

神社によっては正座で座る機会もあるかもしれないので、膝丈以上のスカートだと安心ですよ。

NG4 毛皮やヘビ革、ワニ革など

動物の毛を使ったファーや毛皮、ヘビ革やワニ革などのアイテムは、避けておいた方が無難です。

理由としては、「殺生をイメージさせるから縁起が悪い」と言われることが多いから。

最近では、特に気にしないという風潮もありますが、年配の参列者も多く、格式の高い神前式では避けておいた方がいいかもしれませんね。

アニマル柄のアイテムも、カジュアル過ぎてフォーマルな場にふさわしくないのでやめておきましょう。

NG5 大きな荷物

神社には、ホテルや結婚式場のようにクロークやコインロッカーがないことがほとんど。

神前式ではゲストが参加する儀式もいくつかありますし、大きな荷物を持っていては動きにくいですよね。
置き場所にも困ってしまいそう。

荷物は小さいバッグに納めて、スマートに参列しましょう。

まとめ

神前式に出席するときは、和装でも洋装でも大丈夫なんですね。

和装なら未婚女性は振袖、既婚未婚問わない訪問着や色無地もおすすめです。

洋装ならドレスやワンピース。

どちらにしても、花嫁とかぶらないカラーをチョイスしましょう。

素足での参列はNGなので、必ずストッキングを着用します。
ピンヒールも神前式には不向き。

派手すぎる服装は避け、肩や胸元が露出するドレスの場合は羽織物を合わせましょう。

荷物は小さめバッグにまとめて、邪魔にならないようにして。

マナーを守りつつ、会場に華を添えるファッションで参列したいですね!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ゲストの服装」の他の記事

「ゲストの服装」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る