結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

自分の結婚式に1人で出席してもらうゲストへの気遣いは?

音声で聴く!

0:00

0:00

招待したいゲストの中に、1人での出席になってしまうゲストがいたら、どうしますか?

「気まずい思いをさせてしまうかも・・・」

と招待していいか迷ってしまうかもしれませんね。

そこで結婚式に1人で出席してもらうゲストへの気遣いについてご紹介。

できる限りの配慮をして、1人参加でも楽しんでもらいましょう。

INDEX
1人での出席になることを事前に知らせる
席はどうする?
一緒のテーブルの人の情報を伝えておく
事前に他のゲストと顔合わせしておく
役割をお願いする
連絡はこまめに

1人での出席になることを事前に知らせる

知り合いのいない結婚式に参加するのは、少なからず不安なもの。

1人での招待になることは、あらかじめ知らせて了解を得るのがマナーです。

お祝いしたい気持ちはあっても

「1人での出席なら参加を見合わせて別でお祝いしたいな・・・」

という人もいるかもしれません。

「1人で来づらかったら断っても大丈夫」ということをきちんと伝えて、ゲストの判断に任せましょう。

パートナーと出席してもらう

ゲストが結婚している場合、ご主人や奥様と一緒に参加してもらうのもいいかもしれません。

招待状を送る前に電話で出席を打診するときに、

「もしご主人が一緒の方がよかったら、ぜひふたりで出席してね」

と伝えて気持ちを確認してみてはどうでしょう。

パートナーと面識がない場合でも、これを機に家族ぐるみのお付き合いができるかもしれません。

ただしこの場合、「ご主人の分のご祝儀は気を遣わないでね」などと一言言っておくといいですね。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

席はどうする?

1人で参加するゲストの席次は悩ましいもの。

1人であっても、できるだけ過ごしやすい環境で楽しんでもらいたいですよね。

どのようなことに配慮すればいいのでしょうか?

他に1人で出席するゲストがいれば同じテーブルに

もし他にも1人で出席するゲストがいたら、同じテーブルにしてあげるといいかもしれません。

お互い1人なので、会話もしやすいですし、1人だけでポツンと過ごすこともなくなりますよ。

共通の話題がある人の隣なら話も盛り上がる

できるだけ共通の話題がありそうなゲストの隣にするのもGOOD!

例えば、出身地や趣味、仕事の業種など、共通の話題があるゲスト同士なら、話も盛り上がりやすいですね。

社交的な友人の隣に

明るくてコミュニケーションが上手なゲストがいれば、その人の隣もいいかもしれません。

1人で参加するゲストのことを事前に伝えておいて、気にかけてもらえるようにしましょう。

昔からの友人なら親族席もアリかも?

幼馴染など昔からの友人で、あなたの家族とも親しいようなら、思い切って親族席に入ってもらうのも1つのアイデア。

ゲストも、全く知らない人と同じ席になるよりは気を遣わないかもしれませんよ。

自分の家族になら、安心してゲストのケアを頼めるのではないでしょうか。

一緒のテーブルの人の情報を伝えておく

席次が決まったら、同じテーブルにどういうメンバーがいるか、1人で参加するゲストに伝えてあげましょう。

ただでさえ、1人で参加するゲストは不安な気持ちのはず。

当日までどんな人が同じ席かわからないままでは、不安も募ります。

「同じテーブルの人は、大学時代の友人で、隣の席の子は、○○ちゃんと同じ業種だからきっと話が合うと思うよ」

などと話しておいて、少しでも安心してもらいましょう。

周りのゲストにも1人で出席するゲストのことを伝えておく

同じテーブルのゲストにも、1人で出席するゲストのことを話しておきます。

「同じテーブルに○○さんという人がいるんだけど、1人で参加するので仲良くしてもらえると嬉しい」

と事情を話しておくだけで、周りのゲストも気にかけてくれるはずです。

事前に他のゲストと顔合わせしておく

もし機会があれば、式の前に食事会などを開いて、他のゲストに紹介しておくのもいいですね。

一度でも面識があると話もしやすく、結婚式でも心細い気持ちにはなりません。

役割をお願いする

思い切って何か役割をお願いしてみるのもいいかもしれません。

例えば1人参加のゲスト同士で受付をお願いすれば、それをきっかけに打ち解けることができるかも。

また、スピーチなどをお願いすることで、新郎新婦にとって大事なゲストであることが分かる上、周りのゲストと話すきっかけになるかもしれませんね。

また、何か役割があると手持無沙汰にならず気がまぎれるという人もいるようです。

負担にはなるので、配慮は必要ですが、お願いしてみてもいいかもしれませんね。

連絡はこまめに

1人で出席するゲストは、当日まで連絡を取れる知り合いがいないので不安なもの。

できれば他のゲストよりもこまめに連絡をするように気を配りましょう。

気にかけていることが伝わるだけでも、ゲストは安心して出席できますよ。

まとめ

1人でも出席してくれるというゲストには、最大限の配慮をしたいもの。

あらかじめ1人での出席になってしまうことを伝え、できるだけ周りのゲストとうまく交流できるよう、席次を工夫しましょう。

席次が決まったら、どのようなメンバーが同じテーブルにいるか伝え、周りのゲストにも1人で参加するゲストのことをお願いしておくのを忘れずに。

連絡はこまめに取って、ゲストが安心して結婚式に臨めるように気を配りましょう。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式のマナー」の他の記事

「結婚式のマナー」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る