結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

まだ気を抜いちゃダメ!ゲストお見送りの立ちふるまい&マナー

音声で聴く!

0:00

0:00

披露宴も無事にお開き。

新郎新婦もほっと一息・・・となりがちですが、気を抜くのはまだ早いんです。

披露宴の最後には、出席してくれたゲストのお見送りをします。

二人のために来てくれた大事なゲストには、最後まで気持ちよく過ごしてもらいたいもの。

ゲストのお見送りの立ちふるまいやマナーをチェックしましょう。

INDEX
披露宴が終わったらお見送りの準備!
ゲストに感謝を伝える
お見送りは時間を意識して
スムーズに対応できる方法を考えよう
視線に注意!
ゲストが退屈しない工夫も

披露宴が終わったらお見送りの準備!

披露宴会場から退場したら、早速お見送りの準備に入りましょう。

お見送りは新郎新婦と両家の両親の6人で行うのが一般的。

また、新郎新婦の結婚をとりもつ仲人(なこうど)や媒酌人(ばいしゃくにん)を立てた場合には、一緒にお見送りをしてもらいます。

ただし「あまり堅苦しくしたくない」という場合には、新郎新婦のみでもOKですよ。

並び方

披露宴会場の扉から、新郎母・新郎父・新郎・新婦・新婦父・新婦母の順に並びます。

仲人(媒酌人)がいる場合は、仲人夫妻で新郎新婦を挟むように。

新郎母・新郎父・仲人・新郎・新婦・仲人夫人・新婦父・新婦母というような順ですね。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

ゲストに感謝を伝える

お見送りの時間は、ゲスト1人1人と話せる大事な時間。

披露宴ではなかなか全員とは会話できないものなので、このタイミングで1人1人に出席への感謝を伝えましょう。

プチギフトを渡す

お見送りの際は「プチギフト」と呼ばれるちょっとしたお礼の品を渡すことも多いです。

新郎新婦で協力して、新郎がプチギフトの入ったかごを持ち、新婦が手渡すようにするとスムーズです。

「今日はありがとうございました」と挨拶しながら、両手で丁寧に渡しましょう。

笑顔も忘れないでくださいね!

お見送りは時間を意識して

お見送りは、新郎新婦にとってもゲストにとっても貴重な時間。

ゆっくり話をしながら感謝の気持ちを伝えたいところですが、実は終了時間を意識して、スムーズに進めることがとても重要。

たくさんのゲストをお見送りするので、1人1人に時間をかけていては後のゲストを長時間お待たせすることになってしまいます。

お見送りの時間が長引いて、遠方から来てくれたゲストが帰りの電車や飛行機に間に合わない・・・なんてことになったら大変ですよね。

二次会がある場合は、開始時間が遅れてしまったり、式場の利用時間をオーバーしてしまい、延長料金を取られることも・・・。

「この時間までにはお見送りを終わらせる」と決めて、意識しながら進めましょう。

スムーズに対応できる方法を考えよう

感謝の気持ちはしっかり伝えつつ、とにかく会話は手短に。

特に、すぐに会える友人や二次会に参加するゲストなどへは

「また今度ご飯でも食べようね」

「後程ゆっくり話しましょう」

などと、手短に切り上げるとスムーズ。

新郎新婦が1人ずつとバラバラに話すよりも、できる限り一緒に話すと時間が短縮できますよ。

グループで固まって退出するゲストは、複数人一緒にお見送りしてもOK。

また、特に人数の多い披露宴の場合は、あらかじめプチギフトを披露宴の席に置いたり、披露宴中の演出のときに手渡すなど、工夫しましょう。

どうしても1人1人に気持ちをしっかり伝えたいなら、プチギフトと一緒にメッセージカードを渡すとGOOD。

最近では「サンキューカード」といって、お礼のメッセージを書いたカードをお見送りのときに渡す人も増えているようです。

スムーズにお見送りが進むよう、あらかじめ相談しておきましょう。

一緒にお見送りをする両親や仲人へも協力をお願いしておくことを忘れずに。

視線に注意!

お見送りの際に、特に気を付けてほしいのが「視線」です。

「スムーズに!」と意識するあまり、挨拶の途中で次のゲストへ視線が移ってしまってはとても失礼。

最後までしっかり目を見て挨拶をしてから、次のゲストを迎えましょう。

短い時間であっても、ゲストに「流れ作業だなあ」と感じさせないよう、1人1人心を込めてお見送りできるといいですね。

ゲストが退屈しない工夫も

お見送りの人数が多いと、待っているゲストは時間を持て余してしまうことも。

特に、ただ列に並んで待っているだけでは、退屈してしまうかもしれません。

披露宴会場では、できるだけテーブルごとに順番に退出するように案内してもらいましょう。

ゲストが一斉に会場を出てお見送りが長蛇の列・・・なんてことが避けられますよ。

席で待っているゲストには、ゲストにむけてのメッセージや、結婚式の様子などをスクリーンで流して見てもらってもいいですね。

最後までゲストへのおもてなしを心がけましょう。

まとめ

披露宴がお開きになってもまだ気を抜かないで。

最後にゲスト1人1人に挨拶をしながらお見送りをします。

ゆっくり話をしながら感謝の気持ちを伝えたいところですが、時間を意識して、スムーズにお見送りすることがとても重要。

スムーズにお見送りできる方法をあらかじめ相談しておきましょう。

ただし、急ぎすぎも禁物。

短い時間であっても、1人1人心を込めて丁寧にお見送りしましょう。

待っているゲストにも配慮して、おもてなしを忘れずに。

最後まで気持ちよく過ごしてもらいましょう。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式のマナー」の他の記事

「結婚式のマナー」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る