結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

【女性ゲスト向け】知らないと恥をかく!?結婚式でNGな服装6つ!

音声で聴く!

0:00

0:00

これを読んでいる人のなかには、
「今度はじめて結婚式に出席する」
という人もいるのではないでしょうか。

結婚式には、できれば避けたいNGな服装があるって知っていますか?

知らずに出席して恥ずかしい思いをしないためにも、きちんと予習しておくことが大切。

結婚式でNGとされる女性の服装を6つご紹介します。

INDEX
【NG例1】白系のドレス
【NG例2】ファー素材や革素材
【NG例3】露出度の高い服装
【NG例4】黒だけのコーディネート
【NG例5】着物以外の民族衣装
【NG例6】ブーツやミュール
他にもこんな服装に気をつけて!

【NG例1】白系のドレス

結婚式では、「白」はウェディングドレスを着る花嫁のための色。

ゲストが白系のドレスを着るのはマナー違反と言われています。

「薄いベージュとか、シルバーのドレスは?」

写真に写ると白っぽく見えるかもしれないので、できれば避けた方が無難です。

どうしても明るいベージュやシルバーのドレスを着たい人は、「全身白」のコーディネートにならないようにしましょう。

濃い色のボレロやショール、靴などをプラスすればOKです!

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

【NG例2】ファー素材や革素材

首元のファーや革製のバッグなどは、おしゃれな人気アイテムですよね。

でも、意外なことに結婚式ではNGと言われています。

なんでも、ファーや革は動物の「殺生」を連想させるので、お祝い事にはふさわしくないのだとか。

「本物の毛皮じゃなくて、フェイクファーなら良いのでは?」

と思った人もいるかもしれませんが・・・

ファー素材を避けたい理由には、毛が飛んで他のゲストの服についたり、料理のお皿に入ったりしないように、ということもあるよう。

本物かフェイクかに限らず、ファーは着けていくとしても会場前まで。

会場に着いたら脱いで、クロークに預ける方が良さそうです。

また、ヒョウ柄やヘビ柄などの動物柄の小物も、「殺生」につながるのでハレの日には向かないと言われています。

動物関連には要注意、ですね。

【NG例3】露出度の高い服装

昼の結婚式では、露出の多い服装は避けましょう。

肩が出るノースリーブのドレスであれば、上にショールやボレロを羽織るのが鉄則。

スカートの丈は、「ひざ下~ひざ上5㎝まで」を目安にしておくといいですよ。

ただし、午後6時くらいからの夜のパーティーになると、ある程度の露出もOKとされています。

・肩や背中のあいたエレガントなロングドレス
・ノースリーブのキュートなワンピース

などなど、イブニングならではのおしゃれを楽しんでみるのも素敵です。

ただ、夜の結婚式でも、教会や神社での挙式のときは、ボレロやショールなどを羽織るのがマナー。

それから、これは昼でも夜でもそうですが、セクシー過ぎる格好は避けた方が良さそうです。

たとえば、

・胸元が大きく開いたドレス
・深いスリットの入ったドレス
・短すぎるミニスカート

なんかだと、花嫁より自分が注目を集めてしまうかもしれません。

華やかさのなかにも、上品さを忘れないようにしたいですね。

【NG例4】黒だけのコーディネート

使い勝手の良い黒のドレスやワンピースは、一着は持っている人も多いのではないでしょうか。

黒い服そのものはNGではありませんが、靴やバッグなどの小物まで、すべて黒でまとめてしまうのは避けたいところ。

なぜかというと、「全身黒」のコーディネートは「喪服」をイメージさせてしまうから。

結婚式に喪服はまずいですよね。

黒い服を着るときは、華やかな色合いやデザインのボレロやショール、アクセサリーなどを合わせましょう。

こうすればシックな黒にも明るさがプラスされて、結婚式にぴったりのコーディネートができあがります!

【NG例5】着物以外の民族衣装

礼服とされる着物は、和服ならではの艶やかさでふたりにも喜んでもらえるオススメの装い。

ただし、チャイナドレスなど着物以外の民族衣装には注意が必要です。

もちろん民族衣装は魅力的ですが、日本の結婚式では周りからちょっと浮いて見えることが多いとの声も。

よほどの思い入れや理由がない限り、安易に着るのは避けたほうが良さそうです。

【NG例6】ブーツやミュール

最近はおしゃれなデザインのものも増えていますが、ブーツやミュールは基本的にはカジュアルなので結婚式には向かないアイテム。

秋・冬の結婚式ではブーツを合わせたコーディネートを考える人も多いようですが、季節を問わず避けたほうが無難です。

真冬の結婚式で「ブーツじゃないと寒い!」という場合は、パンプスを持って行って会場に着いてから履き替えればOK。

また、パンプスを履くときも、網タイツなど派手すぎるものは避けるのが基本です。

生足も改まった席ではマナー違反とされるので、必ずストッキングを履きましょう。

ストッキングは無地のベージュがおすすめ。

黒いストッキングは喪服をイメージさせてしまうので、避けた方がベターです。

他にもこんな服装に気をつけて!

最後に、ちょっと判断に迷いそうな服装・アイテムを3つ紹介します。

アレンジすればOKなものもあるので、着こなしの参考にしてみてくださいね。

柄物

基本的には無地の方がフォーマルですが、柄物でも、

「落ち着いたデザインの柄」

「ジャガードなど柄が『織りこまれた』ものや『刺繍されている』もの」

はOKとされています。

気をつけたいのは、柄が「プリントされた」もの。

プリント柄はカジュアルと思われることが多いようなので、結婚式では避けた方が無難です。

スーツ

リクルートスーツや仕事用の真っ黒なスーツは「普段着」とみなされるので、お祝い事には向いていないようです。

スーツが着たければ、黒やグレーなどの地味な色は避けて、明るい色合いのものを選んではいかがでしょうか。

他にも、

・インナーをおしゃれなデザインのブラウスにする
・「挿し色」となるバッグや靴を取り入れる
・華やかなアクセサリーやコサージュをする

などなど、スーツもお呼ばれスタイルのアレンジをすれば、結婚式にぴったりの装いへ早変わり!

パンツスタイル

ビジネスシーンを連想させるような、かちっとしたパンツは避けたいところ。

シルクや、薄手で透け感のあるシフォン素材のワイドパンツなどは、華やかな結婚式にも似合うのでオススメです。

ほかのゲストと差をつけたければ、おしゃれなオールインワンのパンツドレスを選んでもOK!

まとめ

結婚式で避けたいNGな服装を6つご紹介しました。

正しいマナーを知っておかないと、自分はもちろん、新郎新婦にも恥ずかしい思いをさせてしまうかもしれません。

NGとされる理由や決まり事をふまえて、華やかな結婚式にふさわしい服装で出席しましょう!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ゲストの服装」の他の記事

「ゲストの服装」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る