結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

女性向け!結婚式の羽織物「ジャケット」の選び方のコツやマナー!

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式のゲストとしてお呼ばれしたあなた。

「羽織物はジャケットにしようと決めたけど・・・でも結婚式って、どんなジャケットを選べばいいの?」

迷っているあなたに、ジャケットを選ぶときのコツ、気をつけたいマナーをご紹介します。

INDEX
ジャケット選びの基本
こんなジャケットはNG!
おすすめのジャケット&コーディネート例

ジャケット選びの基本

まず、結婚式ジャケット選びの基本を見ていきましょう。

ドレスとのバランスを考えよう

ドレス姿に「きっちり感」を与えてくれるジャケット。
そんなジャケットを選ぶときには、ドレスとの色合わせに注意しましょう。

メリハリをつけたいなら、ドレスとジャケットの色をがらりと変えて。

・濃い色のドレス×淡い色のジャケット
・淡い色のドレス×濃い色のジャケット

違うトーンのジャケットを合わせることで、全体のコーディネートが引き締まって見えます。

逆にドレスと同系色のジャケットを合わせると、落ち着いた優しいイメージに。

ただその時に避けたいのは、黒ドレス×黒ジャケットの組み合わせです。

お祝いの場にふさわしくない暗いコーディネートになってしまうので、黒ドレスには明るめジャケットを合わせましょう。

着丈・袖丈は短めがベター

ドレスに丈の長いジャケットを合わせるのは、バランスが悪い上にカジュアルなイメージに。

着丈は腰より上、袖丈は七分丈くらいと、短めの方が、ドレスと合わせた時にスッキリとスタイルよく見えます。


ただ、袖丈が長めのジャケットでも、スリットが入っているものならOK。
袖を折り返して長さを変えられるので、ドレスに合わせて短めに調節しましょう。

また、どうしても着丈が長いものを着たい人は、ドレスをタイトなものにすれば合わせやすいですよ。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

こんなジャケットはNG!

結婚式に着ていくとマナー違反になってしまうジャケットもあるので、押さえておきましょう。

白いジャケット

「白」は結婚式の主役である花嫁の色ですよね。

基本的には、ゲストは白を使わないように心がけるのがベスト。

「ドレスが濃い色だったら、ジャケットは白でもいいんじゃない?」
と思った人もいるかもしれませんが・・・

座って写真を撮ったときなどは、上半身しか写らないので、真っ白な服を着ているように見えることも。

薄い色のジャケットを着たい人は、「真っ白」は避けて、ベージュなどを選んだ方が良さそうです。

毛皮や革のジャケット

毛皮や革など、動物の毛や革を使った素材はNGです。

これらは「殺生」をイメージさせる素材なので、結婚式にはふさわしくないとされています。

最近では「気にしない」という人もいるようですが、結婚式にはマナーを気にしそうな目上の人も多いもの。

毛皮や革は、やっぱり避けておくのが無難です。

カジュアルなジャケット

ジャケットはきっちりとしたイメージですが、素材がカジュアルなものは結婚式には向きません。

例えばリネンやニットなどの素材でできたジャケットは、きちんと感のあるドレスとはミスマッチ。

フォーマルな場であるということを忘れずに、サテンやシャンタンなど光沢のある素材を選びましょう。


さて、ジャケット選びの「基本」についてはこれでOKです。

続いて、もう少し具体的に、おすすめのジャケットや着こなしのコツを見ていきましょう!

おすすめのジャケット&コーディネート例

何にでも合う!無敵の二色

「色の合わせ方なんてわからない・・・」
そんな人は、次の二色のジャケットのうち、どちらかを選ぶのがおすすめ。

・ブラック
・ベージュ(ゴールド)

この二色は、だいたいのドレスに合う定番色です。

あとはドレスと同系色で優しい印象を目指すのか、反対色でメリハリをつけるのかを決めるだけでコーデは完璧!

例えば、
「ブラックジャケット×甘めカラーワンピ」。

ピンクベージュやパステルブルーなど可愛らしいドレスに、黒のジャケットを合わせると甘さが抑えられてGOOD。

雰囲気も落ち着き、大人っぽい印象を与えてくれますよ。

もう一つオススメなのが、
「ベージュジャケット×ネイビードレス」。

ネイビーとベージュは相性抜群!

ジャケットに合わせてバッグや靴もベージュで統一すれば、女性らしく、かつきちんと感のあるお呼ばれスタイルの出来あがりです。

ベージュのジャケットは、ネイビー以外にも黒など、暗いカラーのドレスに合わせるのにもってこいですよ。

きちんと感なら襟付きジャケット

男性用のスーツのように、しっかりと襟のあるテーラードジャケット。

ドレスの上に羽織れば、きちんと落ち着いた印象になります。

可愛らしいドレスでも、襟付きのジャケットを羽織ると、甘さが抑えられて大人っぽい着こなしに。


ただ、シンプルすぎるドレスに合わせると、まるでビジネススタイルのようになりかねません。

この場合は華やかさも意識して、

・パールなど大ぶりのネックレスをつける
・プリーツワンピースなどフェミニンなワンピースを選ぶ

などの工夫をすると良いですね。

女性らしさなら襟無しジャケット

ノーカラー(襟無し)のジャケットを羽織ると、コーデ全体を優しい印象にしてくれます。

ジャケットとはいえカッチリとし過ぎず、女性らしいイメージに。

ドレスとも合わせやすいので、結婚式お呼ばれコーデでは活躍してくれる一着になるはずです。

まとめ

ジャケットを選ぶときは、ドレスの色やデザインに合ったものをチョイスするといいですね。
着丈や袖丈は短いものがベター。

一日脱がない前提で、ドレスに合った素敵なコーディネートを考えましょう。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ゲストの服装」の他の記事

「ゲストの服装」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る