結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式お呼ばれのパーティードレスの選び方って?女性ゲストの服装マナーをご紹介

ハンガーにかかったパーティードレスとパーティードレスを着た女性ふたり

公式インスタグラムはじまりました!

友人や知人の結婚式・披露宴に着ていくドレスやワンピース。

どんなものを選べば良いのかわからない・・・という人もいるかもしれませんね。

ここでは、結婚式お呼ばれの女性の服装マナーやドレスのコーディネート例を紹介。

また、20代から30代、40 50など年代別おすすめドレスや、バッグや靴といった小物のマナーも併せて説明します!結婚スタイルマガジンは、ジュエリーブランドNIWAKA(ニワカ)のサポートで運営されています。一部NIWAKAの商品写真を使って解説していることをあらかじめご了承ください。

INDEX

結婚式お呼ばれの女性の服装マナーを確認!

女性の結婚式お呼ばれの服装にはいくつかマナーがありますが・・・

「これは大原則!」と言えるマナーが「花嫁よりも目立たない」ということ。

「これは言われなくても・・・」
という人も多いかもしれませんが、服装選びでは改めて意識しておきたいポイントです。

そのために気を付けるマナーは次の3つ。

1 「白」は花嫁の色なので避ける
2 過度な露出に気を付ける
3 黒いドレスは小物で華やかさをプラス

くわしく見ていきましょう。

1 「白」は花嫁の色なので避ける

結婚式では、「白」はウェディングドレスを着る花嫁のための色。

ウェディングドレス姿の花嫁

そのため、全身が白にならないようコーディネートに気を配りましょう。

また、白だけでなく“白っぽく見えるドレス”にも要注意。

ベージュやクリーム色などのドレスも、写真に写ると白っぽく見えることがあります。

そのようなドレスを着る場合は、濃い色のボレロやショール、靴などを合わせるといいですね。

クリーム色などのドレスの上に濃い色のボレロやショール、靴などを合わせる例

ベージュのドレスで出席することを考えている人は、こちらの記事も合わせて読むと安心です。

結婚式にベージュの服装をしたい!注意すべきポイントって?

2 過度な露出に気を付ける

昼の結婚式では、露出の多い服装は避けた方がよいとされています。

肩が出るノースリーブのドレスであれば、上にショールやボレロを羽織るといいですね。

スカートの丈は、「ひざ下~ひざ上5cmまで」を目安にしておくと安心です。

ただし、午後6時くらいからの夜のパーティーや、カジュアルな結婚式なら話は別。

肩を出した服装は夜のパーティーや、カジュアルな結婚式ならOK

ある程度の露出もOKとされていて、肩を出した服装でも基本的にOKな場合もあります。

ただ、昼も夜も、胸元が大きく開いたドレスや丈がとても短いようなドレスは控えておいた方が無難。

新郎新婦に結婚式の雰囲気を事前に確認しておくと、安心してドレス選びができますよ。

3 黒いドレスは小物で華やかさをプラス

黒いドレスそのものはNGではないですが、全身真っ黒は微妙なところ。

靴やバッグなどの小物まで、すべて黒でまとめてしまうと「喪服」を連想させるので、結婚式にはふさわしくないようです。

黒い服を着るときは、明るい色合いや華やかなデザインのボレロやショール、アクセサリーなどを合わせるとGOODです。

黒い服を着るときに華やかなデザインのショールやアクセサリーなどを合わせる

結婚式お呼ばれの黒コーディネートのOK・NGラインについてはこちらの記事でご紹介しています。

結婚式お呼ばれの服装、黒コーディネートのOK・NGラインって?

今どきOKな服装は?

「昔はNGだったけれど最近はOK」とされているドレスもあります。

パンツドレス

「ビジネスシーンを連想してしまうので結婚式には向かない」

とも言われていたパンツスタイルですが、最近はさまざまな素材やデザインが登場しています。

パンツドレススタイル

光沢のある生地のものを選んだり、華やかなアクセサリーを合わせたり・・・
特別感のあるスタイルであれば問題ありません。

結婚式お呼ばれ着て行くパンツドレスのマナーや着こなし方について気になる人は、こちらの記事をどうぞ。

結婚式お呼ばれ!パンツドレスのマナーって?着こなしのコツやコーデ実例もご紹介

バイカラードレス

1着で2色に分かれているバイカラードレスは、「別れ」をイメージさせるのでNGとの声もありますが・・・

これはマナーとしてちゃんと決まっているわけではありません。

バイカラードレス

フォーマル感のあるものを選べばマナー上は問題ありませんよ。

バイカラードレスのおすすめデザインや選び方については、こちらの記事も読んでみてください。

結婚式にバイカラードレスはOK?どんなデザインがある?

結婚式にお呼ばれしたときの女性の服装マナーについて、かいつまんで紹介しました。

もっと詳しく知りたい人はこちらの記事も読んでみてくださいね。

【女性の服装マナー】結婚式お呼ばれのOK・NGって?年代別の服装やゲスト実例もご紹介

クローゼット

それでは、結婚式・披露宴におすすめのドレスをいくつか紹介します。

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円分ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

【最新】結婚式におすすめのドレス

トレンドは総レースや襟に特徴のあるデザイン、ベアトップの上からレースを重ねたレイヤードデザイン。

スカート丈は長めのものが多く、ギャザーの入ったシフォンスカートのドレスが人気です。

カラーはパステルカラーにグレーの入ったくすみカラーも流行中です。

具体的なドレスデザインをいくつか紹介します!

袖のあるデザイン画像提供:Cariru

最近は袖のあるデザインが人気。袖が長くてゆとりのあるドレスなら、気になる二の腕のカバーもできますよ。

羽織物なしで一枚で着られるのもポイントですね。

ロング丈のドレス画像提供:Cariru

ドレスもロング丈がトレンド。気になる足を隠して、スタイルもよく見せてくれますよ。

「結婚式はひざ丈のドレスが多いイメージ。ロングドレスを着てもいいの?」

と気になる人はこちらの記事も合わせて見てみてくださいね。

結婚式お呼ばれの服装でロングドレスはアリ?マナーと着こなしは?

襟付きドレス画像提供:Cariru

フェミニンなデザインが好きなら、襟付きドレスもおすすめ。襟元に特徴があると、可愛らしい雰囲気を際立たせてくれます。

立ち襟の総レースドレス画像提供:Cariru

立ち襟の総レースドレスも人気。前の裾は短く、後ろの裾は長い「テールカット」のスカートは動くたびに軽やかに揺れ、フェミニンな印象を与えます。

続いて、年代や季節別におすすめのお呼ばれドレスをご紹介します。

【年代別】おすすめ結婚式お呼ばれドレス

20代・30代・40代・50代と年代別におすすめのお呼ばれドレス・ワンピースをご紹介します。

20代におすすめの結婚式ドレス

20代におすすめのパステルピンクやなどの淡い色のドレス

20代女性に人気なのは、パステルピンクやラベンダーなどの淡い色のドレス。

ふんわりスカートが広がるフレアシルエットで可愛らしい印象に。

フラワー刺繍やレースのドレスは華やかさが出ていいですね。

例えばこんなドレス!

20代におすすめのお呼ばれドレス例_01画像提供:Cariru

20代におすすめのお呼ばれドレス例_02画像提供:Cariru

30代におすすめの結婚式ドレス

30代におすすめの品格も意識した結婚式ドレス

30代女性には、華やかさだけでなく品格も意識したいと考える人が多いかもしれませんね。

素材やスカートのシルエットなどディテールにこだわったドレスを選ぶと良いでしょう。

ドレスの色はネイビーやライトブルーなどのブルー系や、落ち着いた色味が人気です。

程よく甘さを抑えられ大人っぽさも演出できるパンツドレスもおすすめです。

例えばこんなドレス

30代におすすめのお呼ばれドレス例_01画像提供:Cariru

30代におすすめのお呼ばれドレス例_02画像提供:Cariru

30代のゲストのお呼ばれ服装のマナーについてはこちらをどうぞ。

【30代】結婚式お呼ばれドレス、選び方のポイントは?おすすめコーデ&マナーを紹介

40代・50代におすすめの結婚式ドレス

40代・50代におすすめの落ち着いた上品さを演出した結婚式ドレス

40代・50代の女性は、大人の落ち着いた上品さを演出するといいですね。

シンプルなデザインでも、しっかりとした生地や総レースで高級感を出すことができます。

色が暗めのドレスを着るなら、バックやアクセサリーを華やかに。

シャンパンゴールドやシルバーのものにすることで、程よい華やかさがプラスされます。

また露出を控え目のドレスにすると、より上品な印象に。

レースなどの透け感がある素材なら長めの袖でも重たく見えませんよ。

例えばこんなドレス!

40代・50代におすすめのお呼ばれドレス例_01画像提供:Cariru

40代・50代におすすめのお呼ばれドレス例_02画像提供:Cariru

40代・50代におすすめのお呼ばれドレス例_03画像提供:Cariru

【季節別】おすすめ結婚式お呼ばれドレス

春夏秋冬、それぞれにおすすめのドレスを見ていきましょう。

春におすすめの結婚式ドレス

春の結婚式お呼ばれには、春らしい明るさや柔らかさを感じるドレスがおすすめ。

春におすすめの結婚式ドレス

サーモンピンクやベージュなど春の陽気をイメージさせる、明るいカラードレスが人気です。

袖がレース素材になっているものなど、適度な露出で軽やかさを演出すると良いでしょう。

春の結婚式に着ていくお呼ばれドレスのコーディネートは、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

春の結婚式<3月4月5月>のお呼ばれドレス&コーディネート集

夏におすすめの結婚式ドレス

夏の結婚式に着て行くなら、見た目にも爽やかで、軽やかな素材のドレスがおすすめ。

鮮やかなパステルブルーなど涼しげな印象の色味に透け素材のドレスで、爽やかにコーディネートしてみてはいかがでしょう。

夏におすすめの結婚式ドレス

羽織ものもシルバーのストールなど、季節に合った軽やかなものをチョイスすると良いですね。

夏の結婚式の服装がもっと見たい人はこっちの記事もチェック!

夏の結婚式<6月7月8月>のお呼ばれドレス&コーディネート集

秋におすすめの結婚式ドレス

秋の結婚式のお呼ばれドレスは、軽やかさよりもほんの少し重厚感を意識するとGOOD。

見た目に少し温かさが感じられるよう、「サテン」や「ベロア」などのしっとり目の素材がおすすめです。

特にサテン生地のドレスは、程よい艶感が上品さをプラスしてくれます。

また、ドレスの色味は秋らしい温かみのあるものを選びましょう。

秋におすすめの結婚式ドレス

ワインレッドやダークグリーン、マスタードなど深みのあるカラーや、ブルーグレーやモスグリーンなどのくすみカラーがおすすめです。

秋の結婚式に着ていくドレスの選び方なら、こちらの記事も参考になりますよ!

秋の結婚式<9月10月11月>のお呼ばれドレス&コーディネート集

冬におすすめの結婚式ドレス

薄着になりがちなパーティーシーンにおいて、寒い冬のコーデは特に悩みますよね。

しっとりした質感のベロア素材や刺繍模様の入ったジャガードのドレスなど・・・

冬らしい厚手の生地のドレス・ワンピースを選ぶと良いでしょう。

ワインレッドやブラウンなどの暖色系の色や、七分袖や長袖、ロング丈のものなどは冬らしさが出ます。

冬におすすめの結婚式ドレス

また、冬の結婚式で注意したいのが「コート」。

会場に着くまでコートを着て行くのはOKですが、ドレスに合わせたフォーマルなものを選びましょう。

冬の結婚式お呼ばれの服装マナーについてはこちらをどうぞ。

【女性向け】冬の結婚式、服装のマナーをチェック!

ドレスだけでなくドレスに合わせる小物にも覚えておきたいお呼ばれマナーがあります。

結婚式の羽織ものやバッグに靴、アクセサリーのマナーについても見ていきましょう。

お呼ばれドレスに合わせる羽織ものは?

肩にかけるタイプのストールやショール、襟付きジャケットタイプのボレロなどの羽織ものは、結婚式お呼ばれスタイルの定番アイテム。

ストールやボレロ

ドレスのテイストや自分の好みに合わせて選んでくださいね。

そんな羽織ものにも気をつけたい素材があります。

それは、毛皮やファー素材。

ゴージャスなファーのジャケット

身につけたことがある人なら経験があると思いますが、ファーって、意外と毛が抜けますよね。

披露宴のときに料理に毛が飛んだり、隣の人に毛がついてしまったりするかもしれません。

また、ゴージャスなデザインを選ぶと花嫁より目立ってしまうことも。

ただし、最近では特に気にしないという風潮もあり、絶対NGというわけではありませんよ。

結婚式のドレスに合わせる上着や羽織もののマナーについて詳しく知りたい人はこちらをどうぞ。

結婚式の必需品!ボレロやストールをお洒落に着こなす方法は?

結婚式お呼ばれに持って行くバッグは?

結婚式お呼ばれのバッグは、シルクやサテン、シフォン素材など、ドレッシーな素材のものを選ぶといいですよ。

サテン素材のバッグのイラスト

結婚式にもっていくバッグに、カジュアルすぎる素材はNGと言われています。

布や毛糸、ビニール素材など、普段使いの素材は浮いてしまうかも。

他にも、アニマル柄のバッグもカジュアルなアイテムとされているので、気をつけたいですね。

また、フォーマルバッグは小ぶりが定番。

大きすぎるバッグは避け、軽く片手で持てるぐらいのものをチョイスするといいですね。

小ぶりなフォーマル バッグ画像提供:Cariru

結婚式にお呼ばれしたときの女性ゲストのバッグの選び方やマナーについてはこちら。

結婚式にお呼ばれ!女性ゲストのバッグ&サブバッグ選びのコツやマナーは?【実例つき】

ただ、招待状やご祝儀袋、口紅やパウダーなど化粧直しの道具、ハンカチ、携帯電話にカメラ、小ぶりの財布など・・・

お呼ばれした結婚式の必要最低限の持ち物

お呼ばれした結婚式には必要最低限の持ち物があります。

小ぶりのバッグに入りきらない場合は、きちんと感のあるフォーマル向けのサブバッグを準備すると良いでしょう。

フォーマル向けのサブバッグ画像提供:Cariru

結婚式で使うサブバッグのマナーについてはこちらの記事をどうぞ。

【女性向け】結婚式サブバッグのマナーは?ブランドの紙バッグはNG!?

お呼ばれドレスにはどんな靴を合わせる?

足下にも気を付けたいポイントがいくつかあります。

例えば、素足やカジュアル過ぎるカラータイツは基本的にNGとされるよう。

派手なカラータイツはNG

黒ストッキングや黒タイツも避けた方が安心です。

ベージュのナチュラルストッキングを着用しておけば、間違いないですね。

ただ、カジュアルな式の場合は、ラメ入りや薄手の黒いストッキングなどもOKとされることが多いのだとか。

結婚式服装の足元マナーについて詳しくはこちら。

【結婚式のストッキング】黒はNG?タイツはOK?お呼ばれマナーや伝線対策も紹介!

靴は「つま先が隠れるパンプス」がベスト。

つま先の出ているオープントゥのパンプスや、サンダル・ミュール、ブーツやスニーカーは避けた方が無難です。

オープントゥのパンプスや、サンダルは避けた方が

「パンプスは締めつけ感があって、足が痛くなる」
という人は、幅広のパンプスや、柔らかい素材のパンプスもあるので、ぜひ探してみてください。

お呼ばれした結婚式に履く靴のマナーについてはこちら。

【結婚式のお呼ばれ靴】パンプスのマナーや選び方は?色やヒールの高さについても解説

結婚式につけるアクセサリーのマナーは?

結婚式につけていくアクセサリーにもマナーがあるよう。

「マナー、マナーでちょっと疲れてきちゃった・・・」
という人もいるかもしれませんね。

疲れた女性

アクセサリーについて守るべきマナーは、ドレスに比べれば少ないです。

花嫁とかぶりがちな生花を使ったアクセサリーや、ビジューがたくさんついた、キラキラしすぎの派手なアクセサリーは控えた方が安心。

結婚式におすすめなのは、「白のパール」のアクセサリー。

パールのネックレスやイヤリング・ピアスは、結婚式だけでなくお葬式など冠婚葬祭に使えるので持っていると便利ですよ。

せっかく選ぶなら、一生モノのジュエリーがおすすめ。

NIWAKAのパールジュエリー「白澄花(しろすみか)」は、高品質なパールを厳選して使用しているので、結婚式のようなフォーマルな場にもぴったりです。

NIWAKAのパールジュエリー 白澄花(しろすみか) ネックレス

NIWAKA パールジュエリー「白澄花(しろすみか)」

NIWAKAのパールジュエリー 白澄花(しろすみか) ピアス

NIWAKA パールジュエリー「白澄花(しろすみか)」

結婚式お呼ばれのアクセサリーのマナーについてはこちら。

【結婚式のアクセサリー】どんなものならOK?お呼ばれゲストのマナーと選び方を紹介!

実際に参加したゲストのコーデをチェック

お呼ばれドレスのマナーや選び方がわかったところで、実際に結婚式にゲストとして参加した女性のコーデを見てみましょう!

参加したゲストのコーデ_01@yu_131a

高めの位置でウエストが絞られているドレス。スタイルアップが叶います。

参加したゲストのコーデ_02@2020cyuki

大きなお花柄が印象的!
落ち着いた色味なので、派手すぎず上品な雰囲気です。

参加したゲストのコーデ_03@angelina_yuriii

淡いピンク色がかわいらしいこちらのドレス。
袖がフリルになっていて、二の腕が隠せるのもポイントですね。

参加したゲストのコーデ_04@nanami_lpdgem

ロング丈とたっぷりとした袖が印象的な、くすみカラーのドレス。
トレンドを抑えたコーディネートがおしゃれです。

結婚式二次会にぴったりなドレスって?

挙式や披露宴から二次会に出席する場合は、そのままの服装で問題ありませんが・・・

二次会からお祝いの席に参加する場合、どのような服装で参加するのかについては迷ってしまうものです。

二次会から参加する場合は、会場のタイプによってドレスを選びましょう。

ホテルや高級レストランといった場所で行われる二次会の場合、フォーマルな服装をするのがマナーのよう。

シルクやサテンのような、光沢があって上品に見える素材の、ドレスやワンピースがおすすめです。

上品に見える素材のドレス

カフェやバー、居酒屋などのカジュアルな会場の場合は、ドレスもカジュアルに!

お出かけ用のワンピースや、スカートにブラウスを合わせるコーディネートもOKです。

結婚式二次会の服装マナーについてはこちらの記事をどうぞ。

女性は必見!結婚式二次会の服装マナー

................................................................................

画像提供:Cariru

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円分ご祝儀もらえる!

まとめ

結婚式にお呼ばれした際に着て行くドレスをメインに、女性ゲストの服装マナーについてご紹介しました。

ドレスは、大原則の「花嫁よりも目立たない」ということを意識しつつ、お呼ばれした結婚式の時間帯や季節に合ったものを選ぶと良いですね。

結婚式の服装にはいくつかマナーがありますが、パンツドレスやバイカラードレスなど最近はOKとされているものもあります。

ぜひお呼ばれドレスを選ぶときの参考にしてみてくださいね。

中には、
「ドレスを着る頻度が低いし、買うのはもったいないなあ」
と思う人もいるかも。

そんな人にはレンタルもおすすめ!

レンタルドレスのメリットデメリットについては、こちらの記事も参考にしてみてください。

結婚式に着て行く服がない!レンタルドレスって実際どうなの?

男性ゲストの服装については、こちらの記事をチェックです。


【結婚式】男性ゲストの服装マナーとは?スーツ、ネクタイなどアイテム別に着こなし術をご紹介

SNSでシェア

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ゲストの服装」の他の記事

「ゲストの服装」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る