結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

花嫁姿を美しく見せる!ウェディングブーケの正しい持ち方って?

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式で花嫁を美しく彩るウェディングブーケ。

デザインにはこだわっても、意外と忘れがちなのがその「持ち方」です。

当日になって「あれ?どうやって持てばいいの?」と迷う人もいるかもしれませんね。

実はブーケって、持ち方で印象が大きく変わるんです。

この記事では、美しいブーケの持ち方をご紹介します。

INDEX
基本の持ち方
ブーケの形ごとの持ち方
シーンごとの持ち方

基本の持ち方

まずはブーケの基本の持ち方を見てみましょう。

持ち手の握り方はコレ!

ブーケを持つときは、両手で持つのが基本。

ブーケの正面がゲストから見えるようにするのがポイントです。

持ち手の部分が細い場合は、まず、左手の親指を内側(体側)、人さし指から薬指の3本を外側に置いて持ち手を挟み、残った小指を内側(親指側)へ入れます。

こうすることで、腕をおろしてもブーケの角度が下がりにくくなり、常にゲストに正面を向けることができますよ。

持ち手の部分が太くて小指を入れるのが難しければ、左手でしっかり支えるように持ちましょう。

左手はできるだけ持ち手の上のほうを持ち、右手は下から添えるようにするときれいです。

ブーケは基本的に両手で持ちますが、新郎と並んで歩くときは別。

新婦は新郎の左側に立ち、右手で新郎と腕を組むため、右手がふさがってしまいますよね。

このときは、ブーケは左手だけで持ちましょう。

ブーケの高さに注意

ブーケを持つときは、高さに注意します。

おへその下あたりで持ち、ブーケの最もボリュームのある部分がおへそにくるようにするとGOOD!

ウエストがすっきり見えますよ。

ブーケは意外と重いので、時間が経つにつれ、持つ位置が下がってきてしまいがちです。

ブーケが下がると、だらしなく見えたり、疲れて見えたりするので気を付けましょう。

また、緊張して肩に力が入ると、逆にブーケが上がってきてしまうことも・・・。

これも子供っぽく見えたり、せっかくのドレスのデザインを隠してしまったりするので、あまり見栄えは良くありません。

肘を軽く曲げ、腰骨の上に腕を置くようにして持つと、高さがぶれにくく、安定して持つことができます。

小柄な人は少しだけ高めに、おへそのやや上あたりにブーケがくるように持つと、バランスがよく見えますよ。

腕は体から離すとほっそりきれいに見える

ブーケを持つ腕は、肘を軽く曲げ、ブーケを体にぴったりと付けるように意識します。

この時、腕は体に付かないよう、少し浮かせるとほっそりきれいに見えますよ。

ただし、あまり肘を張りすぎると不自然になるので注意。

緊張すると肩に力が入り、肘を張ってしまいがちなので、できるだけ意識して、肩の力を抜きましょう。

背筋を伸ばし、胸を張ることも忘れずに。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

ブーケの形ごとの持ち方

ブーケのデザインにはたくさんの種類があります。

形によってきれいな持ち方も違うので、それぞれのポイントを見てみましょう。

ラウンドブーケ

円形に花を束ねたラウンドブーケは、肘を軽く曲げ、ウェストのラインがあまり隠れないように、おへそのあたりの高さで持つときれいです。

キャスケードブーケ

滝のように流れるラインのキャスケードブーケは、ブーケの最もボリュームのある部分をウェストに持ってくることがポイント。

スタイルがよく、きれいに見えますよ。

アームブーケ

持ち手の長いアームブーケは、左腕に抱えて持ち、下に向けて流すようにするときれいです。

腰骨に沿わせるようにすると、よりエレガントになりますよ。

また、花は上向きでもOK。

その場合は、ブーケを腕に乗せるように左手でふんわりと抱えます。

ただし、アームブーケは持ち手が長い分、花が顔に近すぎて花ばかりが目立ってしまうなんてことも・・・。

上向きで持つ場合には、花の高さに気を付けましょう。

クラッチブーケ

花の茎を束ねてそのまま手に持つクラッチブーケは、茎もデザインの1つ。

茎は握りしめるのではなく、親指と人差し指で軽く握るくらいの方が、ブーケがきれいに見えます。

そのまま持つと、花が真上に向いてしまうデザインなので、少し前に傾けるようにして、ブーケの正面がゲストに見えるように気を配りましょう。

少し体の脇で持つようにしても、ブーケの正面が見えやすいですよ。

持ち手の茎が短い場合は、花を下向きにしてもきれいに見えます。

ボールブーケ・バッグブーケ

持ち手のあるボールブーケやバッグブーケは、持ち手を左腕に掛け、体に引き寄せるようにして持ちます。

このときブーケをドレスにくっつけすぎると、ブーケのきれいな形が見えにくいので注意。

とくにボールブーケは球状をきれいに見せるため、あまりくっつけて持たないように気を付けましょう。

また、持ち手を手で握って持つと、ブーケが揺れやすく、崩れてしまうことも・・・。

あまりおすすめではありません。

リースブーケ

ドーナツ状のリースブーケは、リースの上部を手で握って持ちます。

手は軽く添えるように、腰のあたりの高さをキープするときれいですよ。

もしくは、リースを肘にかけて持ってもOK。

そうすることで、挙式や披露宴中、手を使う場面でもブーケをずっと持っていることができます。

また、小さなリースは腕を通しにくいので、リースの上に持ち手を付けると持ちやすくていいですね。

シーンごとの持ち方

【挙式】ベールダウンの儀式

主に教会式で、バージンロードを歩く前に、母親などにベールを下ろしてもらうベールダウンの儀式。

ここでブーケをうまく使うと、とてもきれいな仕草になります。

ポイントは、ブーケを顔の前まで上げて、ベールと顔の間に入るようにすること。

顔の前に空間ができるので、表情をきれいに作ることができますよ。

【挙式】誓いのキス

ブーケを持ったまま誓いのキスをするという場合もあるようです。

その場合は、ゲスト側の腰辺りで両手でブーケを持つときれいです。

無意識だと、ブーケが新郎との間に入って隠れてしまったり、片手で持ってしまいがちなので気を付けましょう。

この時もブーケの正面をゲスト側に向けるようにするとさらにきれいですよ。

写真撮影のとき

写真を撮る際に気を付けるのは、ブーケの向きと高さ。

立っているときも、座っているときも、おへその前でブーケが正面を向くように意識します。

カメラが横の角度から撮影するときは、ブーケもカメラの方に傾けましょう。

まとめ

きれいなウェディングドレスに身を包んだら、ブーケの持ち方にも気を配りましょう。

基本は、ブーケの正面が前を向くように、おへそのあたりの高さで持ちます。

ブーケの形によって、きれいに見えるポイントも違うので、自分の持つブーケに合わせてチェックしてみるといいですね。

ブーケの持ち方によって、挙式や披露宴の様々なシーンで、きれいな仕草を見せることができます。

ぜひ練習してみてくださいね!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式のマナー」の他の記事

「結婚式のマナー」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る