結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

「平服で来てください」と言われた時の結婚式二次会の服装は?

結婚式二次会の招待状に、「平服でお越しください」と書いてあるのを見たことがある人もいますよね。

「でも平服って、どんな服装が正解なのかな?」

と思う人もいるのでは。

そこでこの記事では、結婚式の二次会に出席するときの、平服のマナーを解説します。

INDEX
平服(へいふく)って?
「平服で」と言われた時の女性ゲストの服装
「平服で」と言われた時の男性ゲストの服装
これだけは気をつけたい!NGな服装

平服(へいふく)って?

ドレスコードとしてよく目にする「平服」ですが、いったいどんな服装のことを言うのでしょうか?

「平服」とはどんな服装かお伝えするために、まずフォーマルな場でのドレスコードについて簡単に説明しますね。

フォーマルな場でのドレスコードは、

・正礼装(正礼服)
・準礼装(準礼服)
・略礼装(平服)

の3つに分かれます。

「正礼装(正礼服)」とは

男性の場合

・昼・・・モーニング

前が大きく割れた特徴的な形の黒い上着に、「コールパンツ」といわれるグレーのストライプ柄のパンツを合わせます。

ジャケットの下には、グレーやアイボリーなどのベストを着ます。

・夜・・・燕尾服

上着の後ろ部分が長く、ツバメの尾のように二つに割れた特徴的な形。

パンツは上着と共布で、横にラインが二本入っています。

女性の場合

・昼・・・アフタヌーンドレス

袖は長袖で、スカートも膝丈以上で長め。胸元の開きも狭く、光沢のない生地のドレス。

・夜・・・イブニングドレス

スカート丈が長く、くるぶし丈以上のロングドレスです。

胸元、背中が大きめに開いたデザインで、華やかなドレスです。

ホテルなどの格式高い会場で行われる結婚式や披露宴で、新郎や新郎新婦の父親が着る服が、正礼服に当たります。

新婦が着るウェディングドレスも、実は正礼服なんですよ。

「準礼装(順礼服)」とは

男性の場合

・昼・・・ディレクターズスーツ

黒のジャケットに、コールパンツを合わせます。

・夜・・・タキシード

光沢のある衿がついた黒いジャケット、に、横に一本ラインが入った共布のパンツを合わせます。

タキシードを着る時は、ベルトの代わりに「カマーバンド」を巻きます。

女性の場合

・昼・・・セミアフタヌーンドレス

スカート丈は膝丈かふくらはぎくらいまでの長さ。

デザインは流行を取り入れたものなどさまざまです。

ワンピースの他、上着とスカートがセットになったツーピースなどでもOK。

・夜・・・カクテルドレス

イブニングドレスを簡略化したもの。

スカート丈はイブニングドレスより短く、袖のないものが多いです。

結婚式や披露宴で新郎や新郎新婦の父親が、正礼服以外に着るのが準礼服です。

「略礼装(平服)」とは

最後の「略礼装」が、いわゆる「平服」と言われるものです。

「平服でお越しください」と案内があった場合は、

「正礼装や準礼装のような礼装でなくていいですよ」

という意味なんですね。

ただし、礼装でなくていいからといって、普段着ているようなTシャツにデニムといった格好はNG。

「改まった場所でも恥ずかしくない服装」を意識しましょう。


では、「平服で」と言われた場合、具体的にどんな服装をすれば良いのでしょうか?

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

「平服で」と言われた時の女性ゲストの服装

女性の場合は、「ワンピース」か「スーツ」が基本です。

スーツの場合、ボトムスはスカートでもパンツでもどちらでもOK。

お祝いの席なので、アクセサリーなどもプラスして、華やかで清潔感のある服装を意識しましょう。

結婚式二次会で気をつけたい服装のマナー

足元は、ベージュのストッキングにヒールのあるパンプスを合わせます。

黒色のストッキングやタイツ、素足はNG。

また、オープントゥやミュール、サンダル、ブーツはフォーマルな場ではマナー違反とされています。

バッグはフォーマル向けの小さめのパーティーバッグにします。

髪の毛はアップスタイルにして、きちんと感と華やかさを出しましょう。

ヘアアクセサリーは、新婦とかぶるような生花や大きな花のコサージュ、ティアラなどは避けるようにします。


また、結婚式二次会では「その場の雰囲気に合った格好をする」のもマナーの1つ。

次の記事で、会場の雰囲気に合わせた結婚式二次会の服装マナーを紹介しています。

女性は必見! 結婚式二次会の服装マナー

ぜひ参考にしてくださいね。

「平服で」と言われた時の男性ゲストの服装

男性の場合、「スーツ」が一般的です。

色は、ブラックかグレーやネイビーといった、ダークカラーが基本。

キレイにアイロンをかけて、しわを取っておきましょう。

結婚式二次会で気をつけたい服装のマナー

シャツは白色が基本ですが、淡いブルーやピンクなどで華やかさを出しても良いですね。

ネクタイは、シルバーが一般的ですが、淡いブルーやピンクなど清潔感のあるキレイな色のものをチョイスしてもOK。


また、ポケットチーフを足すとパーティー感がUPしますよ。

足元は、黒色の革靴を合わせましょう。


男性ゲスト向けにも、会場の雰囲気に合わせた結婚式二次会の服装マナーを紹介しています。

男性は必見! 結婚式二次会の服装マナー

ぜひ参考にしてください。

これだけは気をつけたい!NGな服装

最後に男女共通で、気をつけたい結婚式二次会の服装のNGマナーを見ていきましょう。

新郎新婦より目立つ服装

結婚式二次会では華やかな服装をするのがマナーのひとつ。

といっても、主役の新郎新婦より目立ってしまうような服装はNGです。

周りのゲストがギョッとしてしまうような、過度な肌の露出や奇抜な服装は控えましょう。

白色の服

新婦のウェディングドレスが白であるように、白色は新婦の色とされています。

新婦とかぶらないように、白色の服は避けましょう。

新郎も、白やシルバーなどのスーツを着ることが多いので、男性のスーツも上下真っ白は避けた方が良いですね。

全身真っ黒のコーディネート

全身真っ黒な服装は喪服をイメージしてしまいます。

女性の場合、もし黒色のドレスやワンピースを着るなら、上に羽織るボレロやジャケット、バッグや靴は黒以外の華やかな色のものにしましょう。

男性の場合は、黒色のシャツやネクタイは避けましょう。

毛皮、アニマル柄など

毛皮や動物の毛を使ったファー、ワニ革・ヘビ革といった素材は、動物の殺生をイメージさせ縁起が悪いとされているので避けましょう。

また、アニマル柄もカジュアルすぎてフォーマルな場にはふさわしくありません。

毛皮やアニマル柄は、小物アイテムや羽織ものに使われていることが多いので、注意しましょう。

まとめ

平服とは「礼装する必要はないけれど、改まった場所でも恥ずかしくない服装」のこと。

「平服でお越しください」と招待状にあった場合、

・女性は白以外の明るい色のワンピースやスーツ

・男性はブラックやグレー、ネイビーといったダークカラーのスーツ

を着るのが一般的です。

結婚式二次会の服装マナーを押さえて、華やかで清潔感のあるコーディネートでパーティーを楽しんでくださいね。

  • LINEで送る

「結婚式二次会」の他の記事

「結婚式二次会」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る