結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式お呼ばれ!知っておくべき女性の髪型マナーは?

音声で聴く!

0:00

0:00

仲の良い友達や、同僚の結婚式にお呼ばれした女性のみなさん。

「服装はバッチリ!」

かもしれませんが、「髪型のマナー」はOKですか?

結婚式では髪型にも、意外とたくさんのマナーがあるんです。

お呼ばれで気をつけたい「髪型・ヘアアクセサリーの注意点」をご紹介します!

INDEX
ダウンスタイルは避ける
花嫁より派手にならないよう心がける
服装との統一感も大切に
NGヘアアクセサリー

ダウンスタイルは避ける

結婚式はフォーマルな場。

たとえ仲のいい友達の結婚式でも、髪型はマナーを守って「きちんと感」を出すことが大切です。

具体的には、どんなマナーがあるのでしょうか?

まず、ロングヘアの場合、そのままおろす「ダウンヘア」はNGとされています。

その理由は主に2つ。

・食事をする時、髪をかきあげて食べないといけないので衛生的によくない

・ご両親や親族にお辞儀をして挨拶するとき、落ちてこない髪型の方が清潔感があり好印象

「ダウンスタイルが絶対にダメ」というわけではありませんが、きちんとセットされていないとだらしなく見えてしまうおそれも・・・

新郎新婦のご両親や親族、会社の人が出席するような結婚式では、やはり清潔にまとめた「アップヘア」がおすすめです。

髪の上半分をまとめた「ハーフアップ」もマナー違反ではありませんが、格式が高いとされているのはアップヘアの方。

フォーマルな場では、できればアップヘアの方が好ましいです。


ショートヘアの人は、ブローしたりワックスで整えたりして「きちんと感」を出せばOK!

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

花嫁より派手にならないよう心がける

「せっかくのお呼ばれだから、キレイにしたい!」

その気持ち、わかります。

でも結婚式の主役は、あくまで新郎新婦。

ゲストが花嫁よりも目立つようなヘアアレンジは避けたほうがよいですね。


例えば、髪に散りばめる「ラメ」。

ほんのりつける分にはキラキラして可愛いですが、つけ過ぎると派手な印象に・・・

他のゲストの服にラメがついてしまうこともありえます。

あくまで控えめにつけるのがベター。


また、トップにボリュームを持たせた派手な盛り髪なども、花嫁より目立ちかねないので避けましょう。

「控えめだけど素敵」
そんなアレンジを目指したいですね。

服装との統一感も大切に

「せっかくのお呼ばれだから、気合を入れてオシャレなドレスを選びました!」

それなら、ドレスに合わせて髪の毛もオシャレに飾りたいところ。

華やかなヘアアクセサリーをプラスしてみると良いかもしれません。

特にオススメしたいのが、「服の色に合わせたヘアアクセサリー」。

同じ色なら、全体に統一感が出て、センスが光るコーディネートになりますよ!

NGヘアアクセサリー

ヘアアクセサリーのチョイスにもマナーがあります。

最後に、お祝いの場にふさわしくないとされるヘアアクセサリーを3つ見ていきましょう。

1 「縁起の悪い」ヘアアクセサリー

フワフワとしたファーのヘアアクセサリーは、冬場の結婚式にぴったりですよね。
でも実は結婚式ではNGアイテム。

毛皮・ファー・革製品などは、動物の殺生を連想させるため「縁起が悪い」とされているんです。

最近では、「カジュアルな披露宴ならOK」との意見や、花嫁がファーつきのドレスを着ているケースもあるようですが・・・

ゲストがファーをつけるのは、基本的には避けておいた方が無難です。


もう一つ縁起が悪いとされているのが、ブラックパール(黒真珠)や黒一色のヘアアクセサリー。

一般的にはお葬式で使われることが多いので、結婚式では避けましょう。

特に、年配の人が多く出席する結婚式では気を付けたいポイントです。

2 花嫁とかぶるヘアアクセサリー

結婚式の主役である花嫁と雰囲気がかぶるようなヘアアクセサリーもNGです。

例えば、

・花嫁カラーである白のヘアアクセサリー
・花嫁をイメージさせる大きなパールや、お花を使ったヘアアクセサリー

など。

花冠などお花をモチーフにしたヘアアクセサリーは、花嫁がよく身につけるアイテム。

生花・造花を問わず、ゲストはつけないほうが良さそうです。

また、大ぶりのものや、キラキラ輝くものなど、派手すぎるアクセサリーにも注意。

ゲストなのに花嫁より目立っている・・・なんてことになりかねません。

ヘアアクセサリーは、「上品に・控えめに」を心がけてチョイスしましょう。

3 カジュアルなヘアアクセサリー

カジュアルすぎるヘアアクセサリーは、結婚式というフォーマルな場にはふさわしくありません。

シュシュやバレッタ、カチューシャなど、普段から使うアイテムは素材に注意が必要です。

例えば、カジュアルな格好に合わせるような布製のカチューシャなどは、やっぱりフォーマルの場には合いません。

ビーズやパール、サテン生地など、ドレッシーな素材のものを選びましょう。

いろいろご紹介しましたが、ヘアアクセサリーはあくまでちょっとしたアクセント。

髪型がキレイにまとまっていれば、そんなに必要な物ではありません。

「どんなものをつけたらいいかわからない」
という人は、何もつけなくても大丈夫ですよ。

まとめ

以上、お呼ばれの髪型マナーをお届けしました。

「案外いろんなマナーがあるなあ。どんな髪型にしようか悩む・・・」

そう思った人は、美容院に駆けこんでプロにお任せするのも一つの手ですよ。


結婚式のゲストに何より大切なのは、新郎新婦をお祝いする気持ちです。

髪型も服装もきちんとドレスアップして、心からの「おめでとう」を伝えに行きましょう!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ゲストの髪型・メイク」の他の記事

「ゲストの髪型・メイク」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る