結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

自由な人前式だからこそできる演出アイデア教えて!

音声で聴く!

0:00

0:00

じわじわ人気が出てきている「人前式」という挙式スタイル。

自由にアレンジしてふたりだけの特別な挙式ができるのが何よりの魅力です。

友だちとはひと味違う、斬新な人前式にするためのアイデアをご紹介します。

絶対に押さえたいポイントや、要注意ポイントなど、最後までチェックしてください!

INDEX
人前式とその流れ
入場の演出
指輪交換も一工夫
結婚誓約書も自由にアレンジ!
結婚承認セレモニーの演出アイデア
その他の演出
退場はどのようにする?
人前式の演出で注意すること

人前式とその流れ

人前式とは、神仏ではなくゲストのみんなに結婚を誓い証人になってもらう、最近人気の挙式スタイル。

式の進行に決まりはなく、ふたりでオリジナルのプログラムを作ることができます。

一般的な進行例はこんな感じ。

・入場と開会宣言
・誓いの言葉
・指輪交換
・結婚誓約書に署名
・結婚成立宣言
・結婚の承認
・閉式宣言と退場

自由な人前式では、挙式会場の装飾も好きなようにコーディネートできます。

神仏に誓うわけではないので、会場が教会や神殿である必要もありません。


では、具体的にどんな演出ができるのか、シーンごとに見ていきましょう!

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

入場の演出

両親と一緒に

教会式では、新郎がひとりで入場し、その後新婦が新婦の父と一緒に入場するのが定番ですが・・・

新郎新婦の両方がそれぞれの親と一緒に入場できるのも、人前式ならでは。

両親への感謝の気持ちを込められますね。

一般的には出番の少ない新郎の両親にも活躍してもらえる方法です。

入場の際に、両家の紹介コメントなどを司会者に読み上げてもらってもおもしろいですね。

退場は、「親元を離れ、これからふたりで新しい家庭を築いていきます」という意味を込めてふたりだけで。

両親に見送ってもらいましょう。

ブライズメイドやアッシャーと一緒に

また、友だちゲストと一緒に入場するのもありです!

新郎は、アッシャー(新郎の付添人)に
「今から新郎が入場します」などと書かれたフラッグを持って先導してもらいます。

新婦はブライズメイド(新婦の付添人)と手を繋いで仲良く入場です。

和装で人前式をするなら

和装で人前式を行う場合もありますね。

会場内に設置されたぼんぼりに火を灯しながら入場する演出もあるみたいですよ。

人力車で登場してもおもしろいです。

海が近い会場なら

会場が海の近くにあるなら、ボートやクルーザーに乗って姿を現すなんてどうですか?

それだけで会場は盛り上がります!


自由度の高い人前式ならいっそのこと、船上挙式も素敵ですね。

思いっきり非日常感を楽しめそうです。

指輪交換も一工夫

指輪交換も、ひとひねり入れることができますよ。

例えば、ゲストみんなの祝福の想いがこめられた「リングリレー」。

まず、ゲスト席にあらかじめ1本の長いリボンを用意しておきます。

そのリボンにリングを通し、後方のゲストから、ふたりのいる前方の席へ順にリングを運んでもらうセレモニーです。

挙式に参加している、という感じが強まって嬉しく思うゲストも多いみたいですよ。

指輪以外を交換してもOK

指輪以外のものをプレゼントし合うのも素敵ですね。


手紙、ネックレス、時計など、相手の欲しいもの、一生に一度の思い出になるものを贈りましょう。

結婚誓約書も自由にアレンジ!

人前式では、結婚誓約書や婚姻届にサインすることで、結婚成立と認められます。

通常の結婚式では、会場から指定されたフォーマットを使いますが・・・

人前式では、結婚誓約書も自由にアレンジが可能!

オリジナルの誓いの言葉が入った結婚誓約書を作成したり、ウェディングツリーを用いてゲスト全員に署名してもらったりすることもできます。


誓約書みたいな見た目のウェディングケーキを用意し、その上にチョコペンシルで署名するというアイデアも。

ケーキはパーティーの最後にデザートとしてみんなで食べられますよ。


アイデア次第で世界にひとつだけの結婚誓約書ができるので、いろいろ考えてみてください。

結婚承認セレモニーの演出アイデア

教会式では、牧師さんに結婚の承認をしてもらいますが・・・

人前式では、「ゲスト」に結婚の承認をしてもらいます。

ゲストに拍手をもらうのが、一般的な方法です。

ゲストの賛同をもらうためには、ゲスト参加型のプログラムを盛り込むのがおすすめ。

「参列してくれたみんなに結婚を誓いたい!」という人前式にぴったりです。

ベルシャワー

承認のタイミングで、拍手ではなくベルを一斉に鳴らしてもらうのも、にぎやかな雰囲気になりますね。

ゲストが式場に入るときにベルを渡しておきます。

ベルの音色で、お祝いムードも盛り上がりますよ。

キャンドルリレー

ゲストが式場に入るときにキャンドルを渡しておき、キャンドルリレーをするのも幻想的ですね。


例えば、両家の親→ゲスト全員→新郎新婦へとキャンドルを順に点火していきます。

司会者が結婚の宣言をしたあと、みんなで一斉に炎を吹き消すことで承認となるセレモニーです。

あたたかい雰囲気に包まれそうですね。


他にも、 掛け声に合わせてみんなで風船を放つ「バルーンリリース」なども盛り上がりそうです。

その他の演出

讃美歌の代わりに、有名な愛の歌を合唱

教会式で讃美歌を歌う代わりに、みんなが知っているような愛にまつわる歌を、会場にいる全員で合唱するのもおもしろいですね。

シャンパントースト

ガーデンでの人前式なら、セレモニーの最後に乾杯を行う「シャンパントースト」という演出はどうですか?

欧米には、グラスを重ね合わせる響きが災いを遠ざけるという言い伝えがあるそう。

シャンパントーストでは、新郎新婦がお互いに腕をクロスさせて乾杯することも多いようです。

ふたりの健康と幸せを願って乾杯!

水合わせの儀

和装の人前式では「水合わせの儀」という演出も取り入れられることが多いですよ。

古くから日本に伝わる儀式のひとつです。

両家それぞれの家の水を汲んできて、それらをひとつの杯に注ぎ合わせた水を飲む儀式。

異なる家庭で育ったふたりがひとつの家族を作り、幸せな未来を築き上げられるようにという願いが込められています。

退場はどのようにする?

定番は、ゲストにフラワーシャワーをしてもらいながらの退場です。

ここでは、人前式ならではの退場の演出を見ていきましょう。

アーチを作ってもらう

ゲスト全員に手でアーチを作ってもらい、その中をくぐりぬけていく退場です。

ゲストに花で作ったアーチを持ってもらい、その中をくぐるのも絵になる演出。

ゲストとの距離が近く、祝福の気持ちをより感じられるアットホームな雰囲気になりますよ。

フラッシュモブで退場

フラッシュモブとは、その場にいる人が突然踊りだしたり、歌いだしたりするサプライズ演出。

披露宴の余興やプロポーズの演出として有名ですね。

閉式宣言を合図に踊りや歌がスタート!

まるでミュージカルのような退場に、何も知らないゲストはびっくりするはず。

事前にスタッフや数人のゲストとの打ち合わせが必要になりますが、人前式を盛大に盛り上げて終わることができます。

人前式の演出で注意すること

自由な人前式にも、ひとつだけ決まっていることがあります。

それは
「ゲストに対して結婚の誓いをする」
ということ。

「結婚します!」
という意思表示だけは、どんなやり方であってもしましょう。

「挙式」は人生の節目に行うとても大切な儀式。

おもしろい演出をしつつも、結婚宣言はビシッと決めた方が、式がまとまります。

人前式を挙げるときの注意点について詳しく知りたい人は、こちらの記事も読んでみてください。

カジュアルで自由な演出が人気の人前式の進行・段取りとは?

まとめ

人前式ならではの演出を紹介しました。

挙式の進行プログラムごとに、オリジナリティを出せるポイントがありましたね。

「挙式」という厳かな儀式も、堅苦しさを感じさせずアットホームにできるのが、人前式の良さです。

でも、あまりに軽すぎたり、ふざけすぎたりすると、良く思わないゲストもいるかもしれません。

人生の節目に行う儀式なので、結婚の意思表示をしっかり行うという基本は守りましょう。

ぜひ、ふたりらしい人前式を作るための参考にしてください。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「演出・余興」の他の記事

「演出・余興」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る