結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

お揃いで可愛く!ブライズメイドドレスの選び方や種類って?

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式に華をそえるブライズメイド。

ブライズメイドを頼まれたら、どうやってドレスを選べばいいのでしょうか?

いろんな種類やマナーがあって意外と難しいドレス選び・・・

そんなドレス選びのポイントや、結婚式をさらに盛り上げるアイテムをご紹介します。

INDEX
ブライズメイドとは
ドレスを選ぶ前に
ドレスの選び方(色)
ドレスの選び方(デザイン)
小物はどうする?
ドレスを用意する方法

ブライズメイドとは

ブライズメイドとは、花嫁の付添人。

一般的には2~5人でおそろいのドレスなどを着てブーケを持ち、結婚式に華をそえる存在です。

花嫁の友人や姉妹などから選ばれることが多いです。

海外ドラマなどの影響で、日本でも流行ってきている演出ですね。

花婿側の同じ役は「アッシャー(グルームズマン)」と呼ばれています。

ブライズメイド・アッシャーについて詳しく知りたい人はこちらを読んでみてくださいね。

ブライズメイド・アッシャーとは?どう依頼する?

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

ドレスを選ぶ前に

ブライズメイドのドレスを選ぶうえで大切なのが、「統一感」。

具体的には、新郎新婦の考えている結婚式のイメージや、新婦の衣裳に合わせてドレスを選ぶ必要があります。

新郎新婦がブライズメイドにどんなドレスを着てほしいと思っているのか、事前に確認しておきましょう。

できれば新郎新婦にドレスのイメージ画像を用意してもらえると、選びやすいですね。


また、ブライズメイドのドレスは、「色」か「デザイン」のどちらかをそろえるのが一般的。

選択肢としてはこちらの3通りぐらいでしょうか。


・色もデザインも同じドレスを着る

・色は同じ、デザインは違うドレスを着る
(スカート丈違いもいいですね)

・デザインは同じで色違いのドレスを着る

花嫁よりも目立たない衣裳を選ぶのが、ゲストのお呼ばれマナーではありますが・・・

ブライズメイドには「結婚式に華をそえる」という役割もあるので、地味すぎてもよくありません。

会場がパッと華やぐようなドレスを選びたいところですね。


花婿側のアッシャーもいる場合は、彼らと衣裳のコーディネートを合わせてみるのもお洒落。

どうすればいいか悩んだら、花嫁に確認をとりましょう。

それでは、具体的にブライズメイドドレスの選び方を見ていきましょう!

ドレスの選び方(色)

まずは色の選び方です。

新郎新婦に、結婚式のイメージカラーがあるのかどうか確認してみましょう。

会場の雰囲気や、花嫁のブーケの色に合わせるのもGOOD!

明るい色を選べば、会場の雰囲気も明るくなっていいですよ。

花嫁が写真を撮るときにも、明るい色のドレスを着たブライズメイドたちが周りにいれば華やかに。


ゲストのお呼ばれマナーとしては
・白
・白に近い色
・プリント柄
は基本的に避けたほうが良いとされています。

ただ、白やプリント柄も花嫁がOKなら着ても大丈夫。

黒、紺などの暗い色も、会場が暗い印象になってしまうかもしれないので避けた方が無難ですが、会場の雰囲気や結婚式のイメージに合っているならOKです。

人気があるのは、やはりパステルカラー!
会場も明るくなります!

ブライズメイド全員がまったく同じ色ではなく、同系色でひとりひとり違う色にしてもおしゃれですね。

コーラルピンク、サーモンピンク、ローズピンク・・・
のようにピンク系で統一するのはどうでしょうか?

ドレスの選び方(デザイン)

次はドレスのデザインです。

ブライズメイドならではのドレスコード(服装の決まり)は特になく、他のゲストと同じです。

結婚式のお呼ばれマナーとして、膝の出る短い丈はマナー違反とされています。

たとえブライズメイドであっても、丈は短すぎない方がいいですね。

花嫁のウェディングドレスとのバランスを考えて、あとは新郎新婦の希望に合わせて選べばOK!

花嫁のドレスに合わせて、ノースリーブやベアトップタイプのドレスを着ることも多いみたいですよ。

ただ、肩の出るドレスはフォーマルな場には向かない場合も。

結婚式会場や挙式スタイルがくだけた雰囲気なら大丈夫かもしれませんが・・・

教会やホテルで行われるきっちりとした雰囲気の式であれば、肩の出ないドレスにするか、上にストールやボレロを羽織った方がベター。

どうすればいいか迷ったら、花嫁に相談しましょう。

小物はどうする?

せっかくなら小物にもおそろいのアイテムを取り入れてみてはどうでしょうか?

一気におしゃれ度がUPして、写真映えしますよ!

どんなアイテムがあるのか見ていきましょう。

ブーケ

花嫁と同じように、ブライズメイドもブーケを持つことが多いです。

ブライズメイドには、花嫁のブーケよりひとまわり小さいブーケ。

ドレスがシンプルなら、ブーケに何色か使うのもいいかもしれません。

ブーケは、花嫁側で用意してくれる場合が多いみたいです。

リストブーケ

こちらは、手首につけるタイプのブーケです。

ブライズメイド用のおそろいアイテムとしてじわじわ人気が出てきています。

見た目がかわいく、不器用な人でも意外と簡単に手作りできるんです!

サングラス

ブライズメイド&アッシャーでおそろいのサングラスをかけるのはどうでしょうか!?

遊び心があって、おしゃれな雰囲気になりますよ。

ハート型や、テーマカラーと合わせた派手色フレームのものなどが人気。

夏の屋外挙式や、リゾート婚には特にぴったりですね。

新郎新婦も巻き込んで楽しい写真が撮れること間違いなし!

パラソル

おそろいの傘を用意すれば、もし雨が降ってもテンションUP!

雨ならではの写真が撮れて楽しそうです。

カラフルな傘を用意して、華やかで明るい結婚式にしましょう!

日差しが強い時期の屋外ウェディングでは、おそろいの日傘もいいですね。

その他

靴や、ネックレスなどのアクセサリーをおそろいにするのもいいですね。

花嫁から色やデザインの指定があれば、新しくそろえる必要がある場合も・・・

とはいえ、全部おそろいにするのは用意するのも大変なので、手持ちのものを使っても全然問題ありません。

ヘアスタイルやメイクに関しては、ブライズメイドに任されることが多いみたいです。

ドレスを用意する方法

用意する方法は3つあります。

(1)既製ドレスをレンタルする
(2)既製ドレスを購入する
(3)オーダーメイドする

(1)レンタルor(2)購入で手配する場合

結婚式3ヶ月前ぐらいから選び始めましょう。

ブライズメイドのドレスは、新郎新婦から色やデザインに指定がある場合が多いので、早めに探すのがおすすめです。

既製ドレスをレンタルか購入するなら、気に入るドレスとサイズさえあればすぐに準備できますが・・・

ブライズメイド一人ひとりに合うサイズや在庫がないなどのトラブルがあるかもしれません。

式の直前になってバタバタしないよう、遅くても1ヶ月以上前から探し始めましょう。


レンタルする場合は、結婚式場の提携ドレスショップにブライズメイド用のドレスもあるかもしれないので、確認してみてください。

購入するなら、アパレルショップやオンラインショップでもOK!

(3)オーダーメイドで手配する場合

一からドレスを作ってもらうオーダーメイドや、色とサイズを細かく選べるカスタムメイドだと、できあがるまでに3ヶ月ぐらいかかることも。

追加料金を払えば、少し早く仕上げてくれるお店もあるみたいですが・・・

仕上がりまでの期間が短いと、デザインが限定されてしまうこともあります。

挙式までにあまり時間がないなら、既製ドレスかレンタルを検討した方がいいかもしれません。

(1)~(3)以外の方法で手配するなら


購入もレンタルもしないで、手持ちのドレスで色味が近いドレスを合わせるなど工夫してもいいですよ!

ブライズメイドみんなが揃えられそうな色のドレスがないか、相談してみましょう。

まとめ

ブライズメイドのドレス選びのコツについてまとめました。

まずは、新郎新婦の思い描いている結婚式のイメージや新婦の衣裳を確認して、それに合うドレスを選びましょう。

「色」と「デザイン」に分けて考えれば、決めやすいですよ。

どうしたらいいか迷ったら花嫁に相談!
花嫁も含めてみんなでコーディネートを考えて、結婚式を楽しみましょう。

モデル気分でポーズをとって撮影すれば、ステキな写真とともに良い思い出にもなりますね!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「演出・余興」の他の記事

「演出・余興」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る