結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

ブーケトスの男性版、「ブロッコリートス」や「ガータートス」とは?

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式の代表的な演出と言えば、指輪交換にブーケトス。

男性ゲストが参加できる演出はあまりないと思われがちですが・・・

実は、男性も楽しめる演出があるんです!

今回は新郎と男性ゲストが主役、男性版ブーケトスである「ブロッコリートス」と「ガータートス」についてご紹介します。

INDEX
ブロッコリートスとは
どうしてブロッコリー?
ブロッコリーを準備しよう!
ブロッコリートスの演出の工夫
ブロッコリートスで気をつけたいこと
ガータートスとは?
ガータートスの由来・言い伝え
ガータートスの進め方
ガータートスで気をつけたいこと

ブロッコリートスとは

まずはブロッコリートスについて説明します。

ブロッコリートスとは、新郎がブーケではなくブロッコリーをトスする演出。

基本的にブーケトスの前に行われます。

新郎のトスしたブロッコリーをキャッチした人が、次に結婚できるというジンクスはブーケトスと同じ。

そのため本来は未婚男性向けの演出ですが、たくさんのゲストに楽しんでもらいたければ、既婚男性に参加してもらっても大丈夫!

新郎が投げたブロッコリーをキャッチしようと、大勢の男性が必死になる姿は何とも盛り上がりそうですね!

「でも、なんでブロッコリーを投げるんだろう・・・?」

次にその理由を見ていきましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

どうしてブロッコリー?

ブロッコリーがブーケの代わりに投げられる一番の理由は、「形がブーケに似ているから」だと言われています。

また、ブロッコリーには房がたくさんあるので「子孫繁栄」を願う意味がある、という説もあるようです。

他にも、ブロッコリーは体にいい野菜なのでキャッチする人の健康を願っているという説も。

余談ですが、そんなブロッコリーの花言葉は「小さな幸せ」。

たくさんの願いがブロッコリーには詰められているんですね!

さて、そんなブロッコリーはどのように準備すればいいのか見ていきましょう。

ブロッコリーを準備しよう!

準備と言っても、それほど大がかりなものではないので安心してくださいね。

まずはブロッコリーを中心に、周りに造花を添え、輪ゴムや紐で束ねます。

このとき、あまり強く束ねすぎると茎が傷んでしまうので気をつけましょう。

次に、包装紙でくるみ、持ち手の部分をリボンで留めてしまえば完成です。

とっても簡単に作れますね!

また、材料を安くそろえられるのも魅力の1つ。

ブロッコリーの周りを彩る造花や、リボン、包装紙などは100円均一でも手に入れられるものばかり。

簡単に、そして安く準備できるのはブロッコリートスの魅力と言えそうですね。


お次は、ブロッコリートスをさらに盛り上げる工夫をご紹介。

ブロッコリートスの演出の工夫

よくある工夫として、ブロッコリーをキャッチした人にマヨネーズをプレゼントするという演出があります。

ゲストの中には、プレゼントされたマヨネーズをブロッコリーにかけて食べ始める猛者もいるのだとか・・・。

また、ブロッコリーの代わりに別の野菜を使うこともあるようです。

例えば、白い色をしたカリフラワー。

「白」といえばウェディングドレスやタキシード、チャペルなどを連想させる色なので、結婚式にぴったりかもしれませんね。

他にも、「世界一美しい野菜」と言われているロマネスコという野菜を使うこともあるようですよ。

ロマネスコ

ブロッコリートスで気をつけたいこと

ブロッコリートスをするときに気をつけたいのは、ゲストの顔ぶれです。

というのも、親族や上司など、特に年配の方の中には

「食べ物を投げるのはちょっと・・・」

と食べ物を粗末に扱うことを良く思わない人もいるかもしれません。

ですので、「ちょっと挙式ではむずかしそうだなあ」という場合は、友人中心の披露宴や二次会で取り入れてみてはどうでしょうか。

ブロッコリートスについては以上です。
次はガータートスについて見ていきましょう。

ガータートスとは?

ブロッコリートスと同じように男性版ブーケトスとして行われるガータートス。

こちらはブーケトスの後に行うのが一般的です。

ガータートスは、新婦が左足に身に着けているガーターベルトを新郎が取り、未婚男性に向かって投げるという演出。

こちらもやはり、ガーターベルトをキャッチした人が次に結婚できると言われています。

そんなガータートスにはどのような由来・言い伝えがあるのか見ていきましょう。

ガータートスの由来・言い伝え

ガータートスの由来

ガータートスの由来はいくつかあるのですが、有名な2つを紹介しますね。

○これが証拠だ!
その昔、ヨーロッパのとある新婚夫婦の寝室に新郎の友人が忍び込みました。

いたずら好きな友人は「これが忍び込んだ証拠だ!」と新婦のガーターベルトを持ち去り、それがガータートスの始まりとなったという説です。

○これで勘弁して!
同じくヨーロッパでは、「花嫁が身に着けているものは縁起がいい」という言い伝えがありました。

言い伝えを信じるゲストたちは、花嫁が身に着けているものを手に入れようと必死に花嫁を追いかけます。

そのときに花嫁が「これで勘弁して!」とガーターベルトを投げたことに由来しているという説もあるようです。

ガータートスの言い伝え

さて、ガータートスでは新婦が左足に身に着けているガーターベルトを使いますが、右足のガーターベルトはどうするのでしょうか。

手元に残った右足のガーターベルトは、生まれた赤ちゃんのヘアーバンドにすると、幸せになるとの言い伝えがあります。

ゲストだけではなく、子どもの幸せにもつながるなんて素敵な演出ですね!

ガータートスの進め方

それでは、海外で行われている一般的なガータートスの進め方について説明していきます。

まずはガーターベルトの取り外しから。

新郎と独身男性が少し広いスペースへ移動し、新婦はそのスペースに置かれた椅子に座ります。

そして、新郎がガーターベルトを外すのですが、その方法が何とも刺激的!

何と!新婦のスカートに潜り込み、手を使わずに口でガーターベルトを脱がせます。

もちろん、抵抗がある人は手で外してもいいですし、新婦が自分の手で外すなどアレンジしても大丈夫ですよ!

次に、新郎はガーターをゲストに向かって投げるのですが、中にはよりガータートスを盛り上げようと、お金を結びつける人も!

あとはブーケトスと同じように、新郎はゲストに背を向け頭越しにガーターをトスします。

正式なガータートスでは、この後に「ガータープレイスメント」という演出が続きます。

この演出は、ガーターベルトをキャッチした男性と、ブーケトスでブーケをキャッチした女性とで、カップルが成立するかを見極める演出。

男性から女性の足へ、キャッチしたガーターベルトを取りつけるのですが・・・

もし女性が男性に好意を抱いていれば、男性はガーターベルトを女性の太ももまで上げてOK。

反対に好意を抱いてなければ、途中で止められてしまうわけですね。

ただし、こちらのガータープレイスメントを行うのか行わないのかは自由なので、事前に新郎新婦で決めておきましょう。

ガータートスで気をつけたいこと

ガータートスは、日本ではまだあまり馴染みのない演出。

ちょっぴりセクシーな内容でもあるので、取り入れたい人はゲストの顔ぶれに気をつけましょう。

特に両親や親族、上司などの年配のゲストには好まれないかもしれません。

友人中心の二次会やパーティーであっても、事前に「ガータートスとはこんなものです」と説明はした方が良さそうです。

まとめ

男性が主役になれる「ブロッコリートス」と「ガータートス」はいかがでしたか?

簡単に、安く取り入れられるのが魅力の「ブロッコリートス」。
大人な演出の「ガータートス」。

どちらもまだ馴染みがないかもしれませんが、上手くいけば盛り上がること間違いなしの演出です。

ふたりで話し合うのはもちろん、ゲストの顔ぶれも見ながらぜひ取り入れてみてくださいね!

  • LINEで送る

「ブーケ・装花」の他の記事

「ブーケ・装花」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る