結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

もはやフラワーブーケだけじゃない!色々なもの投げすぎブーケトス!

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式で定番の演出であるブーケトス。

本来は「新婦」が「ブーケ」を投げるものなのですが・・・。

最近の結婚式では新婦だけではなく新郎も一緒に参加して、いろいろなものを投げているようです。

そこで今回は新郎新婦のふたりでできる、いろいろな○○トスをご紹介します。

INDEX
みんな幸せ!お菓子トス
まるでブーケ!キャンディトス
とってもキュート!ぬいぐるみトス
腕の見せ所!ボールトス
迫力満点!大型クラッカー
こんなものまで!アフロトス
ここには気をつけよう

みんな幸せ!お菓子トス

まずご紹介するのは、ブーケの代わりにお菓子を投げるお菓子トス。

お菓子トスのいいところはみんなが楽しめるところです。

ブーケトスとは違い、性別や年齢、立場を気にしなくても大丈夫。

また、ブーケトスでは1つしかブーケを投げませんが、お菓子トスではたくさんのお菓子の袋を投げます。

ですので、誰か1人ではなく参加したほとんどの人がお菓子を手にすることができるのも魅力です。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

まるでブーケ!キャンディトス

次にご紹介するのは花ではなく、キャンディで作ったブーケを投げるキャンディトス。

こちらはキャンディを束ねてブーケに似せて投げる演出です。

キャンディを束ねて周りに造花を飾ったり、ラッピングしたりすれば、よりブーケに似せることができそう!

また、花のブーケだと受け取ることができるのは1人ですが、キャンディなら複数人のゲストに「おすそ分け」してもらえます。

ブーケを受け取った人以外のゲストも、みんなで楽しめるんですね。

とってもキュート!ぬいぐるみトス

こちらはブーケの代わりにぬいぐるみをトスする演出です。

ぬいぐるみなら子どもも喜んで参加できそう!

好きな動物やキャラクターのぬいぐるみにするだけで、オリジナリティを出すこともできます。

また、ぬいぐるみはブーケと違って保管しやすいのも魅力。

式が終わった後も記念品として、長く家に飾っておけそうですね。

腕の見せ所!ボールトス

ボールトスは新郎新婦がボールを投げ、見事キャッチできたゲストに素敵なプレゼントを贈る演出です。

トスするボールは、ふたりの好きなスポーツで使うものがおすすめ。

例えば、学生時代に野球部だった人はボールをバットで打ったり、

サッカーが好きならボールを蹴り上げてトスしたり。

他にもテニスやバスケットボールなど、アイデアはさまざまです。

「スポーツに縁がなくて・・・」という人は、ラッピングしたプレゼントを投げてもOK!

ただし、スポーツ系の演出を行う場合は広いスペースが必要となります。

あらかじめ、会場に演出を行えるかどうか確認を取っておいた方が良さそうですね。

迫力満点!大型クラッカー

「○○トス」とは少し違いますが、大型クラッカーを使った演出も、人気の演出の1つです。

使うのは、普段の生活ではあまり見ることのない大きなクラッカー。

クラッカーから発射される色とりどりのテープには、他の演出とは違った華やかさがありますよ!

また、シャンパンのボトルの形をしているものや、バズーカの形をしているものなど、いろいろな形のクラッカーがあるのも特徴。

式の雰囲気やテーマに合わせたものを選べば、結婚式もより盛り上がりそうですね!

こんなものまで!アフロトス

最後にご紹介するのはアフロトス。

アフロトスは新郎がブーケの代わりに「アフロのカツラ」をトスする演出。

アフロのカツラをブーケのように包装紙でラッピングして、男性ゲストに向かってトスします。

見事、アフロをキャッチしたゲストはそのままカツラを被り、新郎と並んで写真を撮ることが多いようです。

アフロを被って新郎と一緒に記念撮影とは盛り上がりそう!

また、投げるアフロは真っ黒のものでもいいですが、カラフルなものにすればより写真に映えるかもしれません。

ここには気をつけよう

オリジナルの○○トスを考えるときは、まず全員が参加できる演出になっているかどうかを意識しましょう。

男女関係ないのはもちろん、子どもまで楽しむことのできる演出の方が、結婚式も盛り上がりそう!

ただし、盛り上がりすぎてゲストがケガをしないよう、事前に注意を促しておきましょう。

もう1つ気をつけたいのが、トスするものについて。

これまで紹介したように、ゲストに向かってトスするものに特に決まりはありません。

しかし、トスされたものをゲストが上手くキャッチできるように、重たいものや割れ物はトスしないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。

○○トスと言えばこれまでは新婦が花を投げる演出だったのが、最近は新郎も一緒に飴やお菓子、ぬいぐるみまで投げているようです。

「新郎新婦ふたりが投げてもOK」
「投げるものに決まりはなし」

など、ブーケトスと違い自由なので、オリジナリティを出しやすい分、注意すべきことも多くなります。

安全を意識しつつ、ゲストも一緒に楽しむことができる演出で、結婚式を盛り上げられると良いですね!

  • LINEで送る

「ブーケ・装花」の他の記事

「ブーケ・装花」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る