結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

リゾートウェディングにピッタリな男性ゲストの服装は?

音声で聴く!

0:00

0:00

ハワイ、グアム、バリ・・・
南国でのリゾートウェディングに招待された!

そんな時、男性ゲストはどんな服装で参列すればいい?

今回は、リゾートウェディングにふさわしい男性ゲストの服装を、NGポイントもあわせてご紹介します。

INDEX
スーツスタイル
民族衣装
靴は何を合わせる?
NGな服装

スーツスタイル

国内でのオーソドックスな結婚式お呼ばれスタイルといえば、男性はスーツが定番ですよね。

もちろんリゾートウェディングでも、スーツでOK。

とくに沖縄など国内リゾート地の場合は、礼服で出席する人もいます。

海外リゾートでの結婚式なら、黒など暗い色は選ばず、白以外で明るめカラーのスーツをチョイスするのがポイント!
さわやかな色味でリゾート感を出しましょう。

リゾート地は気温が高く、スーツだと暑すぎることも多いもの。

そのため、ジャケットは綿や麻など、夏用の涼しげな生地をチョイスしましょう。

ネクタイはなくてもOKです。

ビーチでのパーティーなどではジャケットを脱いでいることも多いので、シャツもオシャレなものを選んでおくと安心ですね。

ボトムは、スラックスのほかに、少しカジュアルダウンするなら綿のチノパンなどを合わせるのもアリ。

キッチリとしたフォーマルスーツから、少しカジュアルなスーツスタイルまで、リゾートウェディングでもスーツは大活躍しそうですね!

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

民族衣装

リゾートウェディングに参列するなら、男性も現地の民族衣装で参列すると雰囲気が出て素敵!

ただ他のゲストがみんなフォーマルウェアで、一人だけ民族衣装を着ていてもなんだか目立ってしまいそうですよね。

民族衣装を着るときは、新郎新婦へのドレスコードの確認、他のゲストと合わせることを忘れずに。

では代表的なリゾート地の民族衣装を見ていきましょう。

ハワイ・グアム

ハワイの伝統的な衣裳である「アロハシャツ」。
日本でも売っているので、見たことがある人も多いですよね。

ハワイアンフラワーやイルカ、ウミガメなど南国ムードたっぷりな柄が入ったシャツで、色もとってもカラフル!

風通しのいい生地なので、暑いハワイでも涼しく過ごせます。

ボトムは夏用の涼しげなスラックスか、白系など明るいカラーのチノパンを合わせて。

グアムでは、「アイランドウェア」「アイランドフォーマル」といわれる正装があります。

アロハシャツとよく似ていますが、柄がハワイのアロハとは少し違い、色味も落ち着いたものが多いようです。

でも現地の外国人向けツアーガイドやホテルのスタッフがアロハを着ていたり、ブライダル業者も「アロハでOK」としているところも。

新郎新婦が「アロハで」とドレスコードを出しているなら、アロハシャツでの出席で問題ないと言えるでしょう。

バリ島

〇バティック

「ろうけつ染め」という手法で染められた、インドネシアの伝統工芸「バティック」。

そのバティックを使ったシャツはバリ島の正装です。

柄もさまざまなものがあり、繊細でとても美しい生地。

ボトムは涼しげなチノパンを合わせればOKです。

〇サファリ

もう一つ、男性が着る正装のシャツで「サファリ」と呼ばれるものがあります。

ジャケットのようなシャツで、落ち着いた印象の衣裳。

ボトムは「サルン」という縦長ラインの巻きスカート、頭には「ウドゥン」という頭巾をつけるのが正式なスタイルです。

沖縄

沖縄には、「かりゆしウェア」という正装があります。

「かりゆし」とは、「めでたい」「幸せ」などの意味がある言葉で、まさに結婚式にピッタリ!

アロハシャツのような雰囲気で、様々な色柄のシャツがあります。

ボトムはスラックスを合わせるといいでしょう。

靴は何を合わせる?

さわやかな南国でのリゾートウェディング。

スーツでの参列はもちろん、少しカジュアルダウンしたり民族衣装での参列の場合、どんな靴を合わせればいいのでしょうか?

基本的には、革靴を合わせれば安心!

教会での結婚式でも、ビーチでのカジュアルウェディングでも、革靴ならマナー違反になることはありません。

ただ、ビーチやガーデンでの結婚式なら、少しカジュアルダウンしたものを合わせるのもOK。

歩きやすいようにデッキシューズや、革靴の中でもカジュアルなモカシン、異なる素材を組み合わせて作られたオシャレなサドルシューズなどがおすすめ。

サドルシューズ

白など、薄いカラーの靴を選ぶとリゾート感がでますよ。

NGな服装

短パンやハーフパンツ

涼しげなアロハシャツやかりゆしウェアを着たら、ボトムも短パンでいいんじゃない!?

・・・そう思いがちですが、結婚式ということを忘れないで!

やっぱりボトムは長ズボンが基本です。

南国の雰囲気を出すなら、長さを短くするのではなく、涼しげな生地を選ぶといいですね。

Tシャツ・デニム

「カジュアルでOK」といわれたからといって、これはあまりにもカジュアルすぎ。

まるで散歩のついでに参列したようなイメージになってしまいますよね。

あまりにも普段着での参列は避けましょう。

ビーチサンダル・スニーカー

これもNGです。

理由はTシャツやデニムと同じ理由で、カジュアルすぎるから。

足元は衣裳によっては革靴である必要はありませんが、くだけすぎないように気をつけましょう。

リゾートウェディングといっても、最低限、フォーマルであることが必要なんですね。

でも新郎新婦がドレスコードで、

「短パンで気軽に!」

「ビーチサンダルで!」

といってくれた場合は、ドレスコードに従ってOK。

服装に迷ったら、新郎新婦に確認したり、周りの友人と合わせるのが無難ですね。

まとめ

リゾートウェディングでの男性ゲストの服装は、スーツか民族衣装が基本なんですね。

民族衣装を着るなら、ドレスコードの確認と、他のゲストと合わせることも大切です。

靴は革靴なら、どんなスタイルの結婚式でも安心。

他に、デッキシューズやモカシン、サドルシューズでカジュアルダウンするのもアリです。

短パンやハーフパンツ、Tシャツ、Gパン、スニーカーやサンダルなどカジュアルすぎるものはNG。

ドレスコードに従って、新郎新婦と一緒にリゾートウェディングを楽しみましょう!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ゲストの服装」の他の記事

「ゲストの服装」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る