結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

冬の結婚式、どんなコートを着ていくべき?知っておくべきマナーは?

音声で聴く!

0:00

0:00

寒い冬の結婚式。
自宅から会場へ向かう間には、当然コートを着ますよね。

「会場に着くまでだから、いつもと同じコートでいいかな・・・」

そう思っている人はいませんか? 
実は結婚式では、コートにもマナーがあるんです!

結婚式にふさわしいのはどんなコートなのでしょうか?

知っておきたいマナーも交えて、ご紹介します!

INDEX
結婚式にふさわしいコートとは?
このタイプのコートは避けて!
式場でのコートに関するマナーは?

結婚式にふさわしいコートとは?

「コートは会場のクロークに預けてしまうんだから、どんなコートでもいいんじゃないの?」

そう思っている人も多いのではないでしょうか。

でもちょっと待ってください!

コートはクロークで預けるとはいえ、会場へ入るまでに他のゲストの目につくことはあるかもしれません。

ですからやっぱり、コートもきちんと「結婚式にふさわしいもの」を選んだ方が良いのです。

具体的にはどんなものを着て行けば良いのでしょうか?
冬の結婚式にオススメのコートを、いくつか見ていきましょう!

ウールやカシミヤなどフォーマルな素材

きちんと感のあるウールや、高級感あふれるカシミヤのコートは結婚式にオススメ。

中に着たドレスにもよく合う、フォーマルな素材です。

保温性も高いので、寒い季節の結婚式で大活躍のアイテムですね。

丈の長いロングコートを選ぶと、よりフォーマルな印象になります。

ベージュやグレーなど抑えた色味のコート

結婚式の主役は花嫁です。

万一コートを着たまま花嫁と並んだときのことも考えて、コートも派手になりすぎず、落ち着いた色味のものをチョイスしましょう。

ベージュのコートは女性らしく、柔らかい印象になるのでオススメ!

クールにキメたいなら、グレーで大人っぽくまとめるのもいいですね。

どんなドレスにも合う落ち着いた色のコートは、結婚式にぴったりです。

慶弔両方使える!シンプルな黒のコート

シンプルなデザインの黒のコートは、年代もドレスも選ばない定番アイテムです。

一着持っていれば、慶弔両方使えるのも嬉しいところ。

とはいえ、黒のコートで前も留めてしまうと、なんだか地味に感じてしまう場合も。

結婚式に着ていくときは、明るい色のブローチやストールなどで華やかさをプラスすると、素敵なフォーマルスタイルになります。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

このタイプのコートは避けて!

ドレスや靴と同じく、コートにも結婚式には避けたほうがよい素材や色があります。

忘れずチェックしておきましょう。

毛皮のコート

高級感のある毛皮のコートですが、殺生をイメージさせる毛皮は、おめでたい席にはふさわしくないとされています。

同じ理由で、ヒョウ柄など動物柄のコートもやめておきましょう。

ファー付きのコートもできるだけ避けたほうがよさそうです。

ただファーに関しては、最近では結婚式で使う人も増えているよう。

なので、絶対にダメ!というわけではありませんが・・・

取り外せるタイプのものであれば、会場ではやっぱり外しておいたほうが無難です。

カジュアルなコート

ダウンコートやダッフルコートなど、デザインがカジュアルすぎるコートは避けましょう。

フォーマルなドレスにカジュアルなコートだと、組み合わせもちぐはぐですよね。

ニットなど素材がカジュアルなものも、フォーマルな場には不向き。

ただ、例えば妊婦さんや、体調のすぐれない人は無理をせず、温かさを優先しましょう。

やむを得ずダウンコートを着る場合も、ロング丈でベルト付きのものを選べばきちんと感が出ますよ。

真っ白のコート

花嫁カラーの「白」は、コートにもできるだけ使わないようにしましょう。

入り口で脱いでクロークに預けてしまうので、基本的にはOKという声もありますが・・・

注意したいのが、レストランウェディングやゲストハウスウェディングの場合。

こんなケースがありえます。

「結婚式が終わって、ゲスト退場の時間。
建物の外に出てコートを着て、会場から出ようとすると、出口で新郎新婦がお見送り・・・」

このとき、真っ白のコートでウェディングドレス姿の花嫁の隣に並ぶのは、気まずいですよね。

ガーデンパーティーなど、会場でコートを着るとわかっている場合は特に、白のコートは避けたほうが良さそうです。

式場でのコートに関するマナーは?

コートは基本的に、結婚式・披露宴に出席する前に、会場のクロークに預けます。

ただ、クロークの前であわただしくカバンを置いて、コートを脱いで・・・とバタバタするのは考え物。

ほかのゲストも同じ時間に集中するかもしれないので、クロークの前でもたもたするのは避けたいところです。

そうならないためにも、建物に入った時点でコートを脱いで腕にかけておき、クロークではさっと預けましょう。


また、基本的なことですが、時間に余裕を持って会場へ向かうことも大切。

「式が始まるギリギリの時間に到着して、コートを手に持ったまま式に参列・・・」

こんなことになると、悪い意味で目立ってしまいます。

マナーを心得て、スマートに行動したいですね。

まとめ

結婚式に出席するときのコートには、フォーマルな素材のものを選ぶことが大切なんですね。

黒など、落ち着いた色味のコートを一枚持っておけば便利です。

カジュアルなコートは基本的に避けた方が良いですが、妊婦さんや体調のすぐれない人は、温かさを優先してOK!

当日の服装や体調に合わせて、スマートなコート選びをしましょう。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ゲストの服装」の他の記事

「ゲストの服装」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る