結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式にスーツで出席!色はブラック?グレー?選び方のポイントご紹介

男性ゲストのスーツについて

公式インスタグラムはじまりました!

結婚式にスーツで出席するなら、何色のスーツを着る?

結婚式にふさわしいスーツの種類や色について、詳しく解説!
おすすめのコーディネートや、小物合わせについても合わせてご紹介します。

INDEX

結婚式にはどんなスーツで行けばいい?

結婚式にふさわしいスーツは?

結婚式にお呼ばれした男性ゲストの服装は、「スーツ」が定番!
学生の場合は制服を着ることもありますが、一般男性の服装はほとんどがスーツです。

その中でも、日本の結婚式で多く着られているのが「ブラックスーツ(礼服)」。

「ブラックフォーマル」とも呼ばれ、男性ゲストが服装に迷ったときは、ブラックスーツを選べばまず問題ありません。

フォーマルな服装にはそれぞれ「格」があり、大きく3種類に分かれます。

正礼装

正礼装

昼間は「モーニングコート」
夜は「燕尾服」
主に新郎か両家の父親が着ることが多い

準礼装

準礼装

昼間は「ディレクターズスーツ」
夜は「タキシード」
主に主賓や乾杯を任されているゲスト、親族などが着る

略礼装

略礼装

昼夜問わず「ブラックスーツ」や「ダークスーツ」
主に一般のゲストや新郎新婦の兄弟姉妹・従弟などが着る

このように、ブラックスーツは「略礼服」として時間問わず着られる礼服です。

ブラックスーツの他にも、濃い色味の「ダークスーツ」を着るのもアリ。
「ダークスーツ」とは濃紺や濃いグレーのスーツで、ビジネスシーンでも使うことが多い色のスーツです。

ダークスーツ

ビジネススーツを着るのもアリですが、その場合、小物やネクタイで華やかさをプラスし、フォーマル感を出すようにしましょう。

小物合わせについては、後ほど詳しくご紹介します。

柄は基本的に無地のものが最もフォーマル。
カジュアルな結婚式の場合は、「シャドーストライプ」が入ったものなど、さりげない柄を楽しむのもいいでしょう。

シャドーストライプ

格式の高い会場での結婚式や、目上の人の結婚式の場合は無地のスーツが無難です。

ジレ(ベスト)を合わせると、なおフォーマルな印象になるのでおすすめです。

結婚式の男性ゲストの服装についてもっと詳しく知りたい人は、こちらの記事もどうぞ。

結婚式にストライプなどの柄物スーツは着ても良い?OKな着こなし方は?

かっこよくキメたい!男性の結婚式ベストの選び方&着こなしって?

結婚式にNGなスーツは?

新郎より目立つスーツ

新郎新婦が着ることの多い「白のスーツ」や、「明るいグレーのスーツ」など、新郎とかぶるような色味は避けるようにします。

白のスーツNG

また、派手過ぎる色柄もフォーマルな場にふさわしくありません。

ヨレヨレのスーツ

シワや汚れ、ほつれがないかも要チェック!
素敵なスーツでも、清潔感がないと台無しです。
きちんとアイロンをかけておくか、クリーニングに出しておきましょう。

スーツクリーニング

その他のNGポイントについては、こちらの記事でご紹介しています。

【男性編】知らないと恥をかく?結婚式出席、NGな服装7つ!

次は、ブラックスーツやダークスーツについてもっと詳しく見ていきましょう。

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

ブラックスーツ(礼服)

ブラックスーツ

結婚式にふさわしい「ブラックスーツ(礼服)」は、ビジネスシーンで使う黒いスーツとは違います。

「同じ黒スーツじゃないの!?」と思うかもしれませんが、大きな違いは「黒の濃さ」です。

明るいところで見比べたり、写真に撮るとその差は歴然。
ビジネススーツに比べて、ブラックスーツは黒が深く、高級感があります。

一般的なスーツとブラックスーツの違いについては、こちらの記事も読んでみてくださいね。

結婚式でゲストが着る礼服ってなに?スーツとは違うの?

結婚式では、年配のゲストは特にブラックフォーマルで参列する人が多いもの。
隣に並んだ時、ビジネススーツだと黒の違いが目立ってしまうかもしれません。

ブラックスーツは冠婚葬祭に使うことができ、長持ちするものなので、1着持っておくと便利ですよ。

ただし、ブラックスーツを着るならネクタイは黒以外にするのがマナー!

黒×黒では、まるでお葬式のようなコーディネートになってしまいます。
白やシルバーを合わせて、華やかにしたいですね。

ブラックスーツ×白ネクタイ

ブラックスーツ×白ネクタイは、日本の王道コーディネート。
きちんと感がでるのでおすすめです。

ブラックスーツ×カラーネクタイ

友人ゲストなら、カラーネクタイで華やかにするのも素敵。

ブラックスリーピース ×ネクタイ

スリーピースできちんと感は出しつつ、ネクタイでオシャレを取り入れて。

ネイビースーツ

ネイビースーツ

ネイビーは、とても爽やかで誠実な印象を与えてくれるカラー。
結婚式の男性ゲストにもピッタリです。

ただしあまりに光沢の強いものや、ブルーに近いような明るいネイビーは避けるようにしましょう。

ネイビーのスーツはビジネスシーンでも使えるので、質のいいものを1着持っておくのもおすすめ。

合わせる小物で雰囲気も変えられるので、ここぞ!というときに使えるお出かけスーツにできますよ。

ネイビースリーピース

スリーピースでカッコよく、大人の男性スタイルです。

ネイビースリーピース×白とグレーのストライプネクタイ

スリーピース×白とグレーのストライプネクタイ。
ポケットチーフも合わせて、オシャレに仕上がっています。

ネイビー×蝶ネクタイ

夜の結婚式なら、蝶ネクタイを合わせるのもオシャレ。

きちんと感のあるスタイルですが、イエローのネクタイとポケットチーフが遊び心たっぷりです。

ネイビー×ブラウンの小物

ネイビースーツには、ブラウンの小物がピッタリ。黒の小物を合わせるより、少しカジュアルダウンした雰囲気になります。

二次会や友人中心の結婚式なら、ブラウンのベルト&靴を合わせるのもおすすめです。

グレースーツ

グレースーツ

結婚式でグレーのスーツを着るなら、「チャコールグレー(黒に近いグレー)」や「ダークグレー(濃いグレー)」を選びましょう。

淡いグレーは新郎の衣裳とかぶる恐れがあるため、基本的に避けるようにします。

グレーはきちんと感のある落ち着いたカラーですが、「ビジネススーツの定番カラー」でもあります。

結婚式に着て行く場合はビジネス感がでないよう、ジレやポケットチーフなど小物を加え、華やかさとフォーマルさをプラスすることを忘れずに!

グレー×ネイビー

グレー×ネイビーでまとめたスタイル。
コーディネートが引き締まり、カッコよくまとまっていますね。

グレー×ピンク

グレーとピンクは相性抜群!
清潔感のあるスリーピーススタイルに、細かいペイズリー柄のピンクネクタイで華やかさをプラス。

グレー×ジレ

新郎とかぶりやすい淡いグレーも、ジレでなら取り入れてもOK。

濃淡のグレーコーデは落ち着きがあり、爽やかな青のポケットチーフが映えますね。
ネクタイも青で揃えるといいでしょう。

小物合わせについて

結婚式のスーツには、どんな小物を合わせればいいのでしょうか?
いくつかご紹介しましょう。

シャツ

ブラックフォーマルに合わせるなら、シャツは白の無地が基本。
ダークスーツにも、白無地のシャツを合わせるのが最もフォーマルです。

でも淡いパステルカラーのシャツを合わせるなど、華やかさをプラスするのもいいでしょう。

ブラック×パステル

結婚式の雰囲気と、スーツやネクタイの色に合わせて選ぶといいですね。

襟は、「レギュラーカラー」か「ワイドカラー」で、上質な生地のシャツがピッタリ。

襟にボタンホールがついている「ボタンダウン」は、カジュアルな印象なので結婚式には不向きです。

オシャレにしたい!という人は、タキシードで蝶ネクタイを合わせるときに使う「ウィングカラー」のシャツを合わせるのもアリですよ。

結婚式で着るシャツの選び方については、こちらの記事も読んでみてくださいね。

結婚式お呼ばれで着るワイシャツの正しい選び方とマナーって?

ネクタイ

白ネクタイ

ネクタイは、白かシルバーが基本カラー。
光沢感のあるフォーマル用のネクタイを合わせるのがおすすめです。

少しカジュアルな結婚式なら、淡いパステルカラーや、ストライプ・ドット柄の入ったネクタイで遊び心をプラスするのも素敵ですね。

また、蝶ネクタイやアスコットタイを合わせるのもオシャレ!
その場合は、ウィングカラーのシャツを着ましょう。

ポケットチーフ

ポケットチーフは、スーツにフォーマル感を加えてくれるおすすめアイテム!
織り方は、ポケットから3つ角が出る「スリーピークス」や、四角く出る「スクエア」がピッタリです。

少しカジュアルにするなら、クシャッと無造作にポケットへ入れるスタイルも素敵。

ポケットチーフの折り方や選び方については、こちらの記事も読んでみてください。

【結婚式ポケットチーフ】 選び方&おしゃれな折り方4選をイラストで完全解説

靴や靴下

黒の革靴

靴は、黒の革靴が基本。
つま先に模様のない「プレーントゥ」か、一本線の入った「ストレートチップ」を選びましょう。

靴紐を通す部分の革が、内側に潜り込んでいる「内羽根式」がフォーマルなデザイン。
靴紐を通す部分の革が甲革の外側に出ている「外羽根式」は、少しカジュアルな印象になります。

結婚式には、内羽根式を選ぶといいでしょう。

内羽根式と外羽根式

カジュアルな結婚式や二次会では、ブラウンの革靴がOKな場合も。
ベルトの色も、靴の色と合わせるようにします。

靴や靴下のマナーについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

男性ゲスト必見!お呼ばれ靴のマナー【結婚式】

【男性向け】結婚式のお呼ばれ靴下のマナー&オシャレに履くコツは?

その他の小物

ネクタイピンやカフスボタンなど、小物でオシャレ感をプラスするのもアリ!

あまり派手なものをつけたり、ごちゃごちゃしないよう、バランスを見てプラスするといいでしょう。

スーツの小物

バッグは基本持ちませんが、荷物が多い場合はクラッチバッグがおすすめ。
大きすぎず、さりげなく持てるものを選ぶのがポイントです。

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

結婚式で男性ゲストが着るスーツの、色選びについてご紹介しました。

礼装は、「正礼装」「準礼装」「略礼装」に分けられますが、一般のゲストはだいたい、略礼装での出席が多いようです。

男性ゲストでは、「ブラックスーツ(礼服)」や「ダークスーツ」が略礼装。
ダークスーツは、ネイビー、暗めのグレーがおすすめです。

柄は基本的に無地のものがフォーマルで、カジュアルな結婚式ではさりげない柄入りがOKの場合も。

ビジネススタイルと差をつけるためにも、ジレやポケットチーフ、カラーネクタイを合わせて華やかな装いにするのもいいですね。

新郎より目立つスーツや、シワや汚れ、ほつれのあるスーツはNGです。

マナーを守った素敵なスーツスタイルで、新郎を引き立てたいですね!

SNSでシェア

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ゲストの服装」の他の記事

「ゲストの服装」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る