結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

【男性編】 夏の結婚式にピッタリなお呼ばれスーツ!暑さ対策ってできるの?

海を背にサングラスをして佇む新郎

公式インスタグラムはじまりました!

暑い夏の結婚式。
男性ゲストは、どんなスーツで出席すればいいのでしょうか?

男性ゲストの服装マナーや、夏の結婚式で気をつけたい服装、スーツの暑さ対策など、気になる情報が満載!

夏らしいスーツや小物使い、おすすめコーディネートも合わせてご紹介します。

INDEX

【夏の結婚式】男性ゲストの服装マナー

夏の結婚式にお呼ばれする場合、男性ゲストはどんな服装で出席すればいいのでしょうか?

実は、季節で服装マナーが変わることはありません。
男性ゲストの服装は、基本的にこんな感じです。

・略礼服のブラックスーツかダークスーツ
・白いシャツ
・白かシルバーのネクタイ・ポケットチーフ

ブラックスーツとダークスーツ

ただし、カジュアルな結婚式や二次会の場合は、もう少しカジュアルダウンした服装でもOKな場合も。

ジャケットにパンツを合わせたスタイルなど、会場の雰囲気に合ったオシャレな装いもおすすめですよ。

では次に、夏の結婚式で気をつけたい服装について見ていきましょう。

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

気をつけたい!服装のポイント

先ほど説明したとおり、夏の結婚式でも基本的なマナーは変わりません。
でも夏だからこそ、気をつけたいポイントをご紹介します。

ジャケットなしでもいい?

ジャケットを肩にかける男性

夏の暑い時期・・・シャツ一枚で出席したい気持ちはよくわかります。
でも、元々シャツは、スーツの「下着」という扱いでした。

今ではもちろん、シャツが下着という概念はありませんが、フォーマルな場ではジャケット着用が基本マナーです。

ジャケットなしはもちろん、途中でジャケットを脱いでシャツ一枚になるのもNG。
ジャケットを脱ぎたい場合は、シャツの上にジレ(ベスト)を着用しておきましょう。

ベストを着た笑顔の男性

カジュアルな結婚式や二次会なら、ジャケットなしでジレのみ着用のスタイルで出席してOKな場合もありますよ。

ただし、新郎がジャケットを着ている場合は、新郎に合わせてジャケットを脱がない方が無難です。

ノーネクタイはあり?

ノーネクタイの軽やかな装いは、涼しげで夏らしいですよね。
でもフォーマルな場では、基本的にネクタイ着用がマナーです。

ネクタイを用意する男性の手元

カジュアルな結婚式や二次会では、ノーネクタイでもOKな場合がありますが、その場合も念のためネクタイを一本持っていく方が安心。

カジュアルな結婚式だと思っていたけど、意外に皆がネクタイを締めている・・・なんて場合でも、持参していればその場でつけることができますよ。

シャツは半袖でもいい?

ジャケットを脱がないなら見えないし、半袖シャツでもいいのでは・・・?と思いますよね。

でも結婚式では、長袖シャツを着るのが基本。
半袖シャツはカジュアルな印象を与えてしまうので、避けた方が無難です。

シャツの袖口を留める様子

ジャケットを脱がないとしても、ジャケットの袖口からシャツが覗いていないことで、長袖シャツでないことがわかってしまうかもしれません。

また、シャツが半袖だと、汗をかいたときにスーツの裏地に張り付くので、不快に感じるというデメリットもあります。

派手過ぎる服装は避ける

夏にはカラフルなネクタイや原色系の小物類がよく似合いますよね。

カラフルなネクタイ

でも結婚式の主役は新郎新婦。
これは男女問わずいえるマナーですが、新郎新婦より目立つ格好をするのはNGです。

派手過ぎるスーツや小物使いは避け、あくまでフォーマル感を大切にした装いに仕上げましょう。

男性ゲストのNGな服装については、こちらの記事もどうぞ。

【男性編】知らないと恥をかく?結婚式出席、NGな服装7つ!

ではそんな夏の結婚式にピッタリの、スーツや小物をご紹介します。

夏の結婚式にピッタリのスーツや小物は?

夏におすすめのスーツ

夏の結婚式でダークスーツを選ぶなら、「ネイビー」がピッタリ。
きちんと感がありつつ、青系なので夏らしいですよね。

カジュアルな結婚式や二次会なら、青に近い明るめのネイビーもオシャレです。

ネイビーのジャケットのスーツ

また、落ち着いた雰囲気にしたいなら少し明るめの「ミディアムグレー」もおすすめ。
明るすぎず暗すぎず、大人の印象を与えてくれるカラーです。

ミディアムグレーのジャケットのスーツ

ジレがセットになったスリーピースにすると、フォーマル感もアップ!

また、スーツのシルエットは細身のものを選ぶと、すっきりとして見え、夏でも涼やかな印象になりますよ。

夏におすすめの小物

ドレスコードが緩めのカジュアルな結婚式や二次会なら、小物で「夏色」を取り入れるのもアリ!

例えばネクタイやポケットチーフを爽やかな青や水色にすれば、それだけで夏らしさが出ますよね。

青色のネクタイ

小物の素材も、綿や麻、メッシュ素材など、軽やかな素材の物を選ぶと涼しげな印象に。
小物の素材と色で、夏を演出するといいですね。

蝶ネクタイも、フォーマルでありながらオシャレな装いになるアイテム。

蝶ネクタイは夜のパーティーで使うアイテムですが、カジュアルな結婚式や二次会では昼間に使ってもOKな場合も。

普通のネクタイよりも軽やかな印象になりそうですね。

水色やグレーの蝶ネクタイ

そして蝶ネクタイを使うなら、ジレ(ベスト)の着用がおすすめ。

前にネクタイが垂れない分、ベストを着ることでコーディネートのバランスがよくなります。

また、リゾートでの結婚式に招待された・・・という人はこちらの記事もチェックしてみてください。

リゾートウェディングにピッタリな男性ゲストの服装は?

では次に、夏のおすすめスーツコーディネートをご紹介します。

男性ゲスト向け夏のおすすめコーディネート

ネイビーのスーツ

ネイビーは夏らしい青系カラーで、きちんと感もあるので暑い時期の結婚式にもピッタリです。

ネイビーのスーツ_1

暗めのネイビースーツに、同系色のネクタイを合わせたスタイル。

落ち着きもあり、白いポケットチーフが清潔感も演出してくれます。

ネイビーのスーツ_2

カジュアルな結婚式や二次会なら、明るめのネイビーもアリ!
さらに涼しげな雰囲気になりますね。

グレーのスーツ

落ち着いたグレーのスーツなら、ネクタイやポケットチーフの色で夏らしさを取り入れるのがポイントです。

グレーのスーツにピンクのネクタイとポケットチーフ

淡いストライプが入った、スリーピースのグレースーツです。

ピンク色のネクタイとポケットチーフがグレーによく合い、コーディネートを明るく見せてくれます。

グレーのスーツに青のネクタイとポケットチーフ

グレーのスーツに、青のネクタイとポケットチーフを合わせたスタイルです。

青を取り入れることで、グッと夏らしい印象に!
細身のシルエットが涼しげですね。

ベストスタイル

ジレ(ベスト)を着ることで、よりきちんと感が増します。
カジュアルな結婚式や二次会なら、ジャケットを脱いでも様になりますよ。

ベストを中に着ている様子

スリーピースのブラックスーツです。
水色のネクタイと白いポケットチーフが、さわやかさをプラス。

披露宴はジャケットあり、二次会はベストのみにして、雰囲気を変えるのもいいですね。

蝶ネクタイ

オシャレな印象になる蝶ネクタイは、ジレと相性抜群です。

グレーのベストに青の蝶ネクタイとポケットチーフ

グレーのスリーピースに、青系のポケットチーフと蝶ネクタイを合わせたスタイル。
とてもオシャレで個性的ですよね!

カジュアルな結婚式や二次会なら、こんな遊び心溢れるコーディネートもおすすめですよ。

ジャケット×白パンツ

ジャケット×白パンツスタイルは、まさに夏にピッタリのコーディネートです。

ブルーのジャケットに白パンツスタイルの男性

青系のシャツにジャケット、そして白パンツを合わせたスタイルです。

ドレスコードがノーネクタイやカジュアルの二次会なら、こんな夏らしい服装もアリ。
ポケットチーフでフォーマル感をプラスするのがポイントです。

では最後に、夏の結婚式で気になる、暑さ対策の方法を見ていきましょう。

【夏の結婚式】スーツの暑さ対策

「扇子を持っていく」「制汗剤を使う」などの暑さや汗対策はできても、必ず着用するスーツそのものについては、暑さ対策は難しいと思っている人が多いかもしれませんね。

ここでは暑さによる不快感を少しでも和らげるために、できる対策法をご紹介します。

夏用スーツを着る

木の枝に掛けられたジャケットとYシャツ

ブラックスーツ・ダークスーツは、オールシーズン用のものがあればもちろんそれでかまいません。

でもスーツには、涼しい生地で作られた夏用のものもあります。

暑がりな人や暑さが心配・・・と言う場合は、季節に合わせて夏用スーツを用意するのもアリですよ。

会場に着いてから着替える

屋外でシャツの袖口を留める様子

夏とはいえ、結婚式場内は空調が効いているはず。
でも結婚式場までの道中で、汗をたくさんかいてしまうのが心配ですよね。

そんな場合、参列者用の更衣室があるなら、現地で礼服に着替えるのもおすすめ。

シャツやパンツは着用していき、ベストやジャケットのみを現地で着るという方法もあります。

持っていくまでにシワにならないよう、スーツは専用のバッグに入れて持ち運ぶといいですよ。

ジレ(ベスト)を着ていく

ベスト姿で外を歩く男性

ジレを着ると、もっと暑くなりそうなイメージですよね。

でもジレを着ていることで、暑くなった時にジャケットを脱ぐことができます。

フォーマルな場では、シャツ一枚だとジャケットを脱ぎたくても脱げない・・・という場合も多いので、夏の結婚式だからこそ、ジレの着用はおすすめですよ。

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

夏の結婚式での、男性ゲストの服装マナーや暑さ対策についてご紹介しました。

季節で服装マナーが変わることはなく、夏でも男性ゲストの服装は、基本的にこんな感じです。

・略礼服のブラックスーツかダークスーツ
・白いシャツ
・白かシルバーのネクタイ・ポケットチーフ

カジュアルな結婚式や二次会の場合は、ジャケットにパンツを合わせたスタイルなど、会場の雰囲気に合ったオシャレな装いもおすすめです。

ただし、暑い夏の結婚式でも、ジャケットなし、ネクタイなしは基本的にNG。

ジャケットなしの場合は、ジレを着用しましょう。

そして結婚式では、長袖シャツが基本マナー。
半袖シャツはカジュアルな印象を与えてしまうので、避けた方が無難です。

派手過ぎる服装も避け、新郎より目立たない落ち着いた装いを心がけるといいですよ。

夏の結婚式でダークスーツを選ぶなら、きちんと感がありつつ夏らしい「ネイビー」がピッタリ。
カジュアルな結婚式や二次会なら、青に近い明るめのネイビーもオシャレです。

少し明るめの「ミディアムグレー」も、大人っぽくておすすめ。
ジレがセットになったスリーピースにすると、フォーマル感もアップしますよ。

また、スーツのシルエットは細身のものを選ぶと、すっきりとして見え、涼やかな印象になります。

カジュアルな結婚式や二次会なら、小物で「夏色」を取り入れるのもアリ!

例えばネクタイやポケットチーフを爽やかな青や水色にしたり、素材も、綿や麻、メッシュ素材など、軽やかなものを選ぶと涼しげなイメージになります。

フォーマルでオシャレな蝶ネクタイも、おすすめのアイテム。

蝶ネクタイは夜のパーティーで使うアイテムですが、カジュアルな結婚式や二次会では昼間に使ってもOKな場合もあります。

蝶ネクタイには、ジレ(ベスト)がピッタリ。
前にネクタイが垂れない分、ベストを着ることでコーディネートがバランスよくなりますよ。

スーツに関してできる暑さ対策としては、夏用スーツを選ぶことや、結婚式場に着いてから着替えること、ジレを着用していざというときジャケットを脱げるようにしておくことなどがあります。

暑い夏ではありますが、さわやかな印象で結婚式に参列できるよう、コーディネートを工夫したいですね!

SNSでシェア

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ゲストの服装」の他の記事

「ゲストの服装」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る