結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

【男性編】披露宴主賓として出席!ふさわしい服装って?

音声で聴く!

0:00

0:00

披露宴に主賓として招待されたあなた。

他のゲストと同じスーツで出席してもいいのか迷ってしまいますよね。

今回は、男性が主賓として参列する場合の、ふさわしい服装マナーについてご紹介します。

INDEX
披露宴主賓ってどういうもの?
主賓にふさわしい服装は?
ふさわしい小物は?

披露宴主賓ってどういうもの?

「主賓」とはゲストの代表となる人のことです。

「主賓」として招待されるということは、ゲストの代表として選ばれたということ!

たくさんいるゲストの代表ですから、とっても光栄なことなんですね。

一般的に、主賓には新郎新婦の職場の上司や学生時代の恩師など、新郎新婦より目上で、尊敬できる人が選ばれます。

通常、両家から一人ずつ選ばれることが多いようです。

特に新郎側の主賓として招待された場合、みんなの前でスピーチをする役割があることがほとんど。

つまり、ゲスト全員の前に立って見られる機会があるんですね。

ここでマナー違反な服装をしていては、新郎新婦に恥をかかせてしまうかも・・・。

主賓として呼ばれたら、服装のマナーには気を配る必要がありそうですね!

ではどんな服装が主賓にふさわしいのか、ご紹介していきます。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

主賓にふさわしい服装は?

本来の洋装のマナーでは、男性・女性とも昼と夜では服装のマナーが変わります。

でも日本では、それほど厳格なルールがあるわけではないよう。

ただ、主賓として招待された場合におさえておきたいのは、

「新郎や親族よりも格が高くならない服装で、かつゲストの中では格が高い服装を選ぶ」

ということ。

結婚式や披露宴で着られる服装は、フォーマル度の高い順に「正礼装」「準礼装」「略礼装」の3種類に分かれています。

一般的に新郎や親族などは、最もフォーマルな「正礼装」を着ることがほとんど。

例えば新郎新婦の父親が着る「モーニングコート」などがそうですね。

また、一般の男性ゲストは「略礼装」であるダークスーツを着ている人が多いでしょう。

そうなると主賓は、その間の「準礼装」を選ぶのが無難ということになります。


では具体的にどんな服装を選べば良いでしょうか?

ブラックスーツ

ごく一般的な披露宴に主賓として招待された場合、「ブラックスーツ」を選ぶ人が多いようです。

「ブラックスーツ」は昼夜関係なく着用でき、合わせる小物によって慶事・弔事両方に使えるスーツです。

「礼服」と呼ばれることもありますね。

黒のジャケットに同じ黒のパンツを合わせます。


シャツは白、ネクタイは白やシルバーを合わせましょう。

白のポケットチーフなどで華やかさを出すと良いですね。

ディレクターズスーツ

昼間の結婚式や披露宴なら、「ディレクターズスーツ」を選んでも良いですね。

「ディレクターズスーツ」とは、黒のジャケットに、コールパンツといわれるグレーのストライプ柄のパンツを合わせた「準礼装」で、「ブラックスーツ」よりも一段格上の装いです。

シャツは白、ネクタイは白やシルバー、白黒のストライプを合わせましょう。

ただし、少しカジュアルな披露宴では、新郎新婦の父親が「正礼装」の「モーニングコート」ではなく、「ディレクターズスーツ」を着ている場合もあります。

その場合は格を下げるため、主賓は「ブラックスーツ」にした方がいいことも。

披露宴の雰囲気や親族の服装を、前もって聞いておくと安心ですね。

タキシード

夜の結婚式や披露宴なら、「タキシード」を選んでもGOOD。

「タキシード」は夜の「準礼装」です。

光沢のある衿がついた黒いジャケット、共布のパンツにはサイドに一本ラインが入っています。

プリーツの入った白いシャツに、黒い蝶ネクタイを合わせましょう。

タキシードを着る時は、ベルトの代わりに「カマーバンド」という腹巻のようなものを巻きます。

夜の披露宴も昼の披露宴のマナーと同じで、披露宴の格や親族の服装によって、自分の服装も考えましょう。

ふさわしい小物は?

靴下・靴

靴下や靴の色は、黒で統一しましょう。

靴下の長さはふくらはぎくらいまであるものを選んで、パンツの裾から肌が見えないように気をつけます。

カフスボタン

袖口のボタンホールに通して使うカフスボタン。

白系のものを選びます。

パールや白蝶貝など、上品なものをチョイスしましょう。

ポケットチーフ

スーツを華やかにしてくれるポケットチーフですが、主賓は白で無地のものを選びましょう。

ポケットから三つの山が覗くスリーピークスという織り方がおすすめです。

ポケットチーフの折り方は、こちらの記事で詳しく紹介しています。

新郎・男性ゲスト必見!結婚式のポケットチーフの折り方&選び方

参考にしてくださいね。

まとめ

主賓とは、両家のゲスト代表なんですね。

そんな主賓として招待されたら、基本的には準礼装で参列するのがマナー。

昼夜関係なく使えるブラックスーツか、昼間はディレクターズスーツ、夜ならタキシードになります。

でも披露宴の格や、親族の服装によっては調整が必要なので注意しましょう。

服装に合った小物を合わせて、主賓としてきちんとした服装で参列したいですね!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ゲストの服装」の他の記事

「ゲストの服装」の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る