結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

男性ゲスト必見!結婚式のネクタイ、何色がふさわしい?

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式で男性ゲストがつけるネクタイ、何色がふさわしいか知っていますか?

最近では、ネクタイの色柄に関するマナーも、少しずつ変わってきているんです。

今回は、お呼ばれネクタイの基本マナーから変化しつつあるマナー、NGネクタイやおすすめカラーまで、結婚式ネクタイの色柄マナーについてご紹介します。

INDEX
結婚式ネクタイ【基本のマナー】
最近はマナーも変化している?
こんなネクタイはNG
おすすめカラーネクタイ3選

結婚式ネクタイ【基本のマナー】

結婚式お呼ばれでつけるネクタイは、「白」や「シルバー」が基本です。

世界的には白ネクタイがフォーマルというわけではないようですが、日本では「結婚式に白ネクタイ」は定番スタイルですよね。

よく使われるのは、
・光沢のある素材のもの
・白無地
・白地にシルバーのストライプ柄
など。

でも、時代に合わせてマナーも変わるもの。
最近では、ネクタイの色マナーにも少し変化があるようです。

最近のお呼ばれネクタイ事情を見ていきましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

最近はマナーも変化している?

日本では「白」か「シルバー」がフォーマルとされているネクタイですが、最近では、パステルカラーも許容される傾向があります。

スーツに合った明るいパステルカラーは、結婚式にピッタリ!

特に若い人の間では、白ネクタイよりもカラーネクタイを選ぶことが増えているよう。

細かいドットやストライプなど、オーソドックスな柄なら柄物もOKな場合も。

ただ主賓として出席する場合や、年配の人が多い結婚式などであれば、基本のネクタイにしておくほうが無難です。


ネクタイの選択肢もこれだけ幅が広がれば、自分らしいオシャレが楽しめそうですね。

でもどんなネクタイでもOKというわけではありません。

次は、結婚式でNGなネクタイの色柄について見ていきましょう。

こんなネクタイはNG

黒(黒っぽい)ネクタイ

黒ネクタイは、お葬式を連想させるので結婚式ではNGとされています。

ただこれも、世界的なマナーでは少し違うよう。

海外の結婚式では、黒ネクタイを締めるゲストはたくさんいます。

黒ネクタイは、フォーマルとして認められているんですね。

ただ日本では、お葬式に黒スーツ・黒ネクタイを使うことから、どうしても不幸事のイメージがあります。

よく思わない人もいるので、黒ネクタイは避けた方が無難かもしれません。

派手柄やアニマル柄

柄物がOKとはいえ、アニマル柄を含め、あまり派手なものや奇抜な柄はNGに・・・。

新郎新婦より目立たないように気をつけましょう。


基本のマナーと最近の傾向、NGネクタイがわかったところで、最後にお呼ばれネクタイのおすすめカラーを3色、ご紹介します。

おすすめカラーネクタイ3選

派手すぎるものでなければネクタイの色に決まりはありませんが、特に結婚式にピッタリなオススメカラー3選を見ていきましょう。

華やかピンク

淡いピンクのネクタイは、スーツをパッと華やかにしてくれます。

柔らかい印象もあるので、優しいイメージに。

普段ファッションにピンクを使わない人でも、淡いパステルピンクなら抵抗なく取り入れやすいのでおすすめですよ。

さわやかブルー

淡いブルーは、なんといってもさわやか!
清潔感もあるカラーですよね。

男性ウケもよく、上司や年配の方にも好印象ですよ。

明るくイエロー

イエローや淡いシャンパンゴールドは、明るいイメージを与えてくれます。

快活なイエローは若いゲストにもピッタリ。
パステルカラーなら派手になり過ぎず、かつ華やかなのでオススメです。

まとめ

日本の結婚式でのネクタイは、「白」か「シルバー系」が基本なんですね。

ただ最近では、パステルカラーや細かいドット・ストライプなど柄物も受け入れられる傾向に。

でもNGな色柄もあります。
お葬式を連想させる黒ネクタイ、アニマル柄など派手な柄です。

海外ではフォーマルとして認められている黒ネクタイですが、日本では避けておいた方が無難そうですね。

結婚式にカラーネクタイをつけていくなら、「華やかで優しいピンク」「さわやかなブルー」「明るいイエロー系」がおすすめ。

結婚式の雰囲気や、ゲストの顔ぶれを考えたうえで、カラーネクタイを取り入れたいですね!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ゲストの服装」の他の記事

「ゲストの服装」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る