結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式につけるベルトにもマナーがあるって知ってた?選び方のポイントは?

音声で聴く!

0:00

0:00

男性がつけているベルト

公式インスタグラムはじまりました!

「ベルト」は、結婚式に出席する男性ゲストにとって欠かせないアイテム。

そんなベルトにも、いくつかマナーがあるんです!

今回は、結婚式につけるベルトのマナーや選び方を、ベルトに気を遣いたい理由や、おすすめのベルトも合わせてご紹介します。

INDEX

ベルトに気を遣う理由は?

モーニングやタキシードでサスペンダーを使う場合は別ですが、結婚式でスーツを着るなら、ベルトは必須アイテム。

ベルトは普段、スーツのジャケットに隠れています。

ベストから少し見えるベルト

でもジャケットを脱ぐシチュエーションではもちろん、座った時などにもチラリと見えますし、意外と人目につくアイテムです。

また、ベルトを巻く腰の位置は、上半身と下半身の真ん中。

スーツやシャツ、ネクタイ、靴などを素敵にコーディネートしても、ベルトが合っていないとチグハグな印象になることもあります。

体の中心にくるので、全体のコーディネートの中でも大切な役割を担うアイテムなんですね。

ベルトなんてなんでもいいでしょ・・・と思わず、結婚式というフォーマルな場では、きちんとマナーに沿ったものを選ぶ必要があります。

では、結婚式にふさわしいのはどんなベルトなのでしょうか?
ベルトの選び方を見ていきましょう。

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

結婚式にふさわしいベルトの選び方

色について

ベルトの色は、靴の色と合わせるのが基本。

ベルトや靴など、男性の小物

結婚式で履くのは基本的に黒の革靴なので、ベルトの色も黒を選びます。

ただしカジュアルな結婚式や二次会のみの場合などは、茶色の革靴でOKなことも。
その場合は、ベルトも茶色で合わせましょう。

素材について

結婚式には、本革のベルトがピッタリ。
合皮よりも質感がよく、高級感があるのでフォーマルシーンにふさわしいでしょう。

本革のベルト

靴がエナメルなど光沢のある素材なら、ベルトも光沢のあるものを、靴がマットならベルトもマットな質感のものを選ぶといいですよ。

ナイロンや布製のベルトは、カジュアルな印象なので避けるようにしましょう。

サイズ・太さについて

ベルトのサイズは、複数あるベルトの穴の、ちょうど真ん中で留められるサイズを選びましょう。

ベルトをつける男性

体型の変化もありますから、多少左右にずれるくらいはOK。

ただし、あまりにも余裕が少なすぎたり、逆にベルトが余り過ぎたりすると不格好になります。

その場合は、サイズに合ったベルトを新調するといいかもしれませんね。

ベルトの太さは、細いほどドレッシーな印象になります。

太ければ太いほどカジュアルな印象になるので、結婚式には太さ3センチ前後のベルトを選べばOK。

3センチ前後のベルトなら、フォーマルシーンはもちろん、普段着にも合わせやすいですよ。

デザインについて

ベルトの両端に細かいステッチ(縫い目)が入っているのが、フォーマルなベルト。
ステッチの外側が薄く、真ん中が少し厚くなっているのが特徴です。

ベルトの拡大

太いステッチだったり、厚みが平らなベルトはカジュアルな印象になるので、結婚式にはふさわしくありません。

メッシュタイプや型押し(クロコなどの模様をつけたもの)も、カジュアルな結婚式以外は避けた方が無難です。

また、カラフルな色柄、奇抜な模様が入っているなど、派手過ぎるデザインも結婚式にはふさわしくありません。

バックルの大きなものや、ブランドのロゴがバックルになっているものなども、フォーマルシーンでは上品さに欠けるので避けるようにしましょう。

バックルはゴールドよりも、シルバーの方がフォーマルな印象になりますよ。

バックルがシルバーのベルト

結婚式にふさわしいベルトの選び方はこんな感じです。

あとはベルトに、穴の伸び、キズ、ヨレなど傷みがないかチェックしておけば完璧!

では最後に、おすすめのベルトをいくつかご紹介しましょう。

結婚式におすすめのベルト

ノーマルな黒革ベルト

一本持っておけば、冠婚葬祭はもちろん、ビジネスシーンや普段にも幅広く使えます。

黒の革靴と合わせて、用意しておきたいですね。

1本の黒革ベルト

マットな質感の黒革ベルト

艶のあるベルトもフォーマルで素敵ですが、マットな質感だと落ち着いた印象になりますよ。

マットな質感の黒革ベルト

おしゃれなブラウン

カジュアルな結婚式や二次会なら、革靴と合わせてブラウンのベルトもおしゃれ!
柔らかい雰囲気になりますね。

黒とリバーシブルになっているベルトもあるので、それならシーンに合わせて使い分けることもできますよ。

ブラウンのベルト

上質なクロコのベルト

こちらもカジュアルな結婚式や二次会におすすめのベルトです。

上質なクロコのベルトは、革の模様がさりげなくオシャレ!
大人の男を演出してくれそうですね。

クロコのベルト

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

結婚式でつけるベルトの、マナーや選び方についてご紹介しました。

ベルトは体の中心につけるアイテム。
コーディネートの印象にもかかわってくるので、きちんとマナーを守って選ぶといいんですね。

色は基本的に黒で、本革のものを選びましょう。

サイズはちょうど真ん中の穴で留めるくらいの長さを選び、太さは3センチ前後がフォーマル向きです。

両端に細かいステッチが入ったもので、ステッチの外側が薄く、真ん中が厚くなっているものがフォーマルベルトの特徴。

派手なデザインは避け、バックルはシルバーが無難です。

ブランドロゴがバックルになったものや、素材がナイロンや布だったり、ステッチやベルト自体が太いもの、サイズの合っていないものは結婚式にふさわしくありません。

カジュアルな結婚式や二次会なら、茶色の革靴に合わせて茶色のベルトを選んだり、クロコなど革に特徴のあるものがOKの場合も。

フォーマルのマナーを守ったうえで、細かいところまで気を配りたいですね!

SNSでシェア

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ゲストの服装」の他の記事

「ゲストの服装」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る