結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

男性ゲスト必見!お呼ばれ靴のマナー【結婚式】

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式に招待された男性の皆さん!

式当日に履いていく「靴」の準備はできていますか?

「革靴を履いていけばいいんでしょ?大丈夫大丈夫~」

たしかに革靴は正解ですが・・・
「革靴なら何でもいい」ってわけじゃないんです。

男性のお呼ばれ靴について、OK例・NG例を交えて具体的にご説明します!

INDEX
結婚式にふさわしい靴【デザイン】
結婚式にふさわしい靴【色】
選んではいけない!NGな靴
二次会ならビジネスシューズはアリ?

結婚式にふさわしい靴【デザイン】

結婚式にふさわしい靴について、「デザイン」と「色」に分けてご紹介します。

まずはデザインから。

紐つきが基本!

「結婚式はフォーマルな場で、スーツを着ていくんだから、靴は革靴だよな」

という認識は、多くの人が持っていると思います。

ただ、ひとくちに革靴といっても、種類はいろいろありますよね。

まず、ざっくり分けると「紐つき」と「紐なし」がありますが・・・
フォーマル度が高いのは「紐つき」の方。

さらに「紐つき」靴の中にもいくつか種類があって、フォーマル度に差があります。

種類は「つま先のデザイン」と「羽根のデザイン」によって分かれるので、それぞれ見ていきましょう。

つま先のデザイン

結婚式におすすめのフォーマルなデザインは、

・ストレートチップ
・プレーントゥ

の2つ。

○ストレートチップ

「これさえ履いていけば間違いなし!」という、結婚式に最もふさわしい靴が「ストレートチップ」。

つま先近くに横一本線が入ったデザインで、ぴしっとした印象。
革靴の中でも一番フォーマル度が高いとされています。

冠婚葬祭に使える「ザ・フォーマルシューズ」なので、一足持っておくと便利ですよ。

○プレーントゥ

つま先に特徴的なデザインのない「プレーントゥ」。

革靴の中では一番シンプルで落ち着いた形だと言われます。

ストレートチップほどではないにせよ、フォーマルなデザインなので、こちらも結婚式に使えます。

羽根のデザイン

お次は靴紐を通す「羽根」の部分のデザインについて。

「内羽根」「外羽根」の2種類があります。

「内羽根」は、紐を通す「羽根」が、靴の甲の部分と一体化しているもの。

一方「外羽根」は、羽根が甲の上、外側に出ているものです。

フォーマルにふさわしいのは「内羽根」とされていますが、最近はそこまで気にする人も少ないよう。

ただ、ホテルなど格式高い会場での式に参加するなら、「内羽根」の方が場の雰囲気に合うかもしれません。

華やかさならエナメル加工

男性の結婚式の服装は、フォーマル感重視で落ち着いた印象になりがち。

「フォーマルなのはいいけれど、ちょっと地味かも。多少はお洒落感もほしいな・・・」

そんなときにオススメなのが、エナメル加工の靴。

ツヤツヤ輝くエナメルの靴は、足元からコーディネートを華やかにしてくれます!

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

結婚式にふさわしい靴【色】

基本的に、靴の色はスーツに合わせて「黒」を選ぶのが大人のマナー。

ただ、「平服で」と指定のある結婚式や、カジュアルなパーティーなら、茶色系の靴でもOK。

また最近では、「平服指定のない結婚式だったけど、茶色を履いていった」という人も増えているようです。

とはいえ、無難なのはやっぱり黒。

特に、
・親族の立場で式に参列する
・友人代表のスピーチを頼まれている
という場合。

親族は新郎新婦と一緒にゲストをお迎えする立場なので、格式高い服装を心がけないといけませんし・・・

スピーチをするとなると会場中から注目が集まるので、足元まできっちりフォーマルに固めたいところ。

ですのでこういった場合は、必ず黒い靴を選んでくださいね。

選んではいけない!NGな靴

今度は逆に、結婚式にふさわしくない靴を見ていきましょう。

メダリオンデザイン

「メダリオンデザイン」とは、革靴のつま先にたくさんの小さな穴を空けたデザインのことです。

お洒落ではありますが、カジュアルな印象なので結婚式には不向き。

シンプルなデザインのものを選びましょう。

殺生を連想させる素材

ワニ革や動物の毛皮など、殺生をイメージさせる素材は縁起が悪いので結婚式にふさわしくありません。

冬の結婚式によく合いそうなスエード素材も、子牛や子羊の皮を使った生地なのでNGです。

カジュアルな靴

言うまでもないとは思いますが、スニーカー・サンダル・ブーツなどは避けましょう。

こういったカジュアルすぎる靴は、カッコよく着こなしたスーツに合いませんよね。

「ブーツ丈の革靴ならスーツにも合うんじゃない?」と思ったあなた・・・残念ながらそれもNG。

お洒落でスーツにも合いますが、やはりブーツ丈はカジュアル感が強まるので、やめておいた方が賢明です。

二次会ならビジネスシューズはアリ?

二次会のみ参加の場合は、必ずしもフォーマルシューズを履いていく必要はありません。

ビジネスシューズや、茶色系の靴、ローファーなど紐なしの革靴でも、マナー上問題はなし。

お洒落な靴下を合わせて、垢ぬけた印象を目指してみるのもアリですね。

とはいえ、「周りがみんな黒い靴を履いている中、ひとりだけ茶色・・・」なんてことになると、気まずいかもしれません。

ひとくちに二次会と言っても、フォーマル寄りからカジュアル寄りまでいろいろあると思います。

会場の雰囲気や出席者の顔ぶれを考えに入れた上で、靴を選びましょう。

まとめ

結婚式のフォーマルシューズとしてオススメなのは、

「ストレートチップ」または「プレーントゥ」の革靴で、色は「黒」。

ということでしたね。

二次会から出席する場合は、普段使いのビジネスシューズや、雰囲気によってはローファーもアリ!
ただし、キレイに磨いておくことは忘れずに。

カジュアルな雰囲気の式だとしても、やはり結婚式はフォーマルな場です。
「基本は上品」を心がけてくださいね。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ゲストの服装」の他の記事

「ゲストの服装」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る