結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式の見積もりって?見積書には何がのっているの?

結婚式の「見積もり」。

「聞いたことはあるけど、あまり詳しくは知らないなあ」

そんなあなたのために、見積もりについて一から説明していきます。

見積もりとは何なのか、「見積書」には何がのっているのか・・・

これさえ読めば、見積もりの基本はバッチリです!

INDEX
見積もりって何?
見積書にはどんな項目がのっている?
見積もりに入らない項目って何?

見積もりって何?

結婚式には、いろいろな費用がかかります。

披露宴の料理や演出、ウェディングドレスに記念写真・・・他にもいろんな項目が。

そういった「結婚式場に支払う費用の明細」が、見積もりです。

見積もりは、結婚式場のプランナーが、「見積書」という書類にまとめてくれます。

見積書にのっているのは、

・結婚式で費用のかかる項目
・項目ごとの金額
・全体の合計金額

の3つ。

結婚式を挙げるカップルは、見積書を見て、

「この式場は、あの式場よりだいぶ料金が高いなあ」

と式場選びの参考にしたり、

「予算オーバーしているから、この演出は削ろうかなあ」

と費用を調整したりするのです。

「なるほど。でも、まだイメージが湧きません!」

そうですよね。
それでは続けて、もう少しくわしく見積書を見ていきましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

見積書にはどんな項目がのっている?

まず、見積書の全体図を見てみましょう。

※画像クリックで全体が見れます。  

式場によってフォーマットは違いますが、大体こんな感じです。

「いろんな項目があって、よくわからない」
という人。

代表的な項目についてこれから説明していくので、チェックしてみてください。

1.
<披露宴>
・料理
・飲物
・ウェディングケーキ
・席料
・披露宴会場の使用料
・控室の使用料

披露宴ではゲスト一人ひとりの料理・飲物・席料のほかに、会場や控室の使用料がかかります。

2.
<挙式>
・挙式料
・介添料

挙式そのものにも費用がかかります。

教会式・神前式・人前式など、どんな挙式スタイルを選ぶかによって金額は違ってきます。

ちなみに、「介添料(かいぞえりょう)」とは、結婚式当日に花嫁のサポートをしてくれる「介添人」に渡すお金のことです。

3.
<装花>
・メインテーブル装花
・ゲストテーブル装花
・ブーケ&ブートニア

新郎新婦のメインテーブルやゲストのテーブルを彩る「装花」。

「ブーケ」は花嫁が持つ花束、「ブートニア」は新郎が上着の襟に飾る花のことです。

花の種類やボリュームによって、金額が変わってきます。

4.
<ペーパーアイテム>
・招待状
・席札
・席次表
・メニューカード
・芳名帳(ほうめいちょう)

招待状や、ゲストの席を案内するための席次表・席札などの印刷物を、「ペーパーアイテム」と呼ぶことがあります。

ペーパーアイテムも、ゲストの人数分だけ必要になるものがほとんどです。

「芳名帳」は、ゲストが自分の名前や住所を書く「出席簿」のようなもの。

新郎新婦それぞれ1冊ずつ、計2冊用意することが多いようです。

5.
<衣裳・美容関係>
・新婦衣裳
・新郎衣裳
・ヘアメイク、着付代
・引き上げ料

衣裳は、新婦のウェディングドレスや、新郎のタキシードなど。

披露宴で「お色直し」をする場合は、新婦のカラードレスも含まれます。

「引き上げ料」とは、披露宴の後でヘアメイクを元に戻してもらうための費用です。

6.
<引き出物>
・引き出物
・引菓子
・袋代
・プチギフト

ゲストにお渡しする引き出物と引菓子。忘れがちなのが、それらを入れる袋代です。

袋は、式場専用のものを指定されることが多いようです。

自分で袋を持ち込める式場もありますが、その場合「持ち込み料」がかかることも。

7.
<演出>
・音響、照明料
・スクリーン使用料
・プロジェクター使用料
・司会料

披露宴の演出に欠かせない、音響や照明。
ムービーを流したい場合は、プロジェクターの使用料も必要です。

8.
<記録>
・集合写真撮影
・スナップ写真

式場のプロのカメラマンに撮影を頼むと、写真撮影にもお金がかかります。


ざっと、こんな感じです。

たくさんありましたね。

でも、実はこの他に「見積もりにのっていない費用」があるんです!

最後にそれを紹介します。

見積もりに入らない項目って何?

基本的に、式場からの見積書に書いてあるのは、式場に直接お金を支払うものだけ。

「式場に払う以外の費用」は見積書にはのっていないので、自分で別にまとめておくのがオススメです。

具体的な項目はこちら。

・結婚指輪
・リングピロー
・両家の親への贈呈品
・前撮り代
・ブライダルエステやネイルなどの美容代
・BGMに使う音楽データ
・スピーチや受付をしてくれるゲストへのお礼
・遠方からのゲストの交通費、宿泊費
・当日の会場までのタクシー代

タクシー代は、最寄駅から結婚式会場が遠い場合などに、ゲストのために用意するもの。

交通費や宿泊費は、ゲストの人数によって変わります。

こういった項目については、ゲストのリストアップをするときにざっくり計算しておくとGOODです。

ほかにも自分たちで用意するものや必要なものがないか、前もって確認をしておきましょう。

まとめ

以上、結婚式費用の見積もりについてお届けしました。

見積もりがどんなものか、イメージがついてきたのではないでしょうか?

注意したいのは、「見積書にのっているのは、式場に支払う費用だけ」ということ。

それ以外の費用は、自分で事前に確認することが必要です。

見積書については、下の関連記事で「見方やもらい方のポイント」を紹介しています。

見積もりマスターになりたい人は、ぜひチェックしてください!

見積もりアップの原因って?見積書のチェックポイント4つ
結婚式の見積もり、もらうときのポイントは?

  • LINEで送る

「結婚式費用」の他の記事

「結婚式費用」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る