結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

憧れのジューンブライド!由来は?6月の結婚式のメリット・デメリットって?

音声で聴く!

0:00

0:00

一つの傘の下で見つめ合う新郎新婦

公式インスタグラムはじまりました!

憧れの「ジューンブライド」。

とはよく聞きますが、実際、なぜジューン(6月)なのかを知っている人は少ないのでは?

そんなあなたに、ジューンブライドの由来をご紹介します!

また、6月に結婚式をあげるメリットとデメリット、その対処法も調べてみました。

6月の結婚式に憧れている人は必見です!

INDEX

「ジューンブライド」ってなに?

「ジューンブライド」という言葉、耳にしたことがある人も多いと思います。

でもその由来は知らない方も多いのではないでしょうか?

「June Bride」とは、英語で「6月の花嫁」、「6月の結婚」という意味。

アジサイの花

ヨーロッパでは「6月の花嫁は幸せになれる」と言われていて、その理由としてはいくつか説があります。

その中でも有名な説を3つご紹介しましょう。

女神「JUNO」に由来している

ギリシャ神話に出てくる女神、「JUNO(ユノー/ジュノー)」。

女神「JUNO」の銅像

「JUNE(6月)」の語源にもなったとされている女神JUNOは、結婚や出産をつかさどる女神なんです!

そこから、
「6月に結婚する花嫁はJUNOの加護を受けて幸せになれる」
という言い伝えが生まれたと言われています。

天候がいいから

日本では6月というと、雨の季節ですが・・・

ヨーロッパの6月は、とっても気候が穏やかなんです。

晴天の田舎道

1年で一番雨が少ない時期で、晴天が続く気持ちのいい1か月!

「若者の季節」と呼ばれることもあり、何かを始めるにはピッタリの季節なんですね。

農作業が落ち着く季節だから

3月・4月・5月は、農業が最も忙しい時期!

昔はその3か月の結婚式を禁じることもあったほど、みんな農業に大忙しだったんです。

だからその3ヶ月が終わった6月に、結婚する若者が多かったんです。

畑の様子

忙しい時期も終わり、多くの人に盛大に祝福してもらえる6月の結婚は、幸せになれると言われていたんです。

ヨーロッパでは神話のエピソードだけでなく、環境、生活スタイルなど、さまざまな理由で「ジューンブライド」が浸透しているんですね。

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

日本のジューンブライドの起源

いっぽう日本では、6月といえば梅雨の時期。

雨に打たれる傘

神話のエピソードにもなじみがないし、結婚式にはさけられそうな月ですよね。

ホテルや結婚式場での結婚式が一般的になったのは、1960年代後半あたり。

当初は、6月に式を挙げるカップルは少なかったのだそう。

そこで、6月の売り上げをのばそうと、とあるホテルの社長が着目したのがヨーロッパの「ジューンブライド」。

「6月の花嫁は幸せになれる」という謳い文句とともに、6月の結婚式を広めていったのだそう。

日本のジューンブライドのきっかけは「経営戦略」だったんですね!

ビルとスーツを着た男性

しかしその根底には、日本人の幸せを願う気持ちや西洋へあこがれが、雨に負けないほど強くあった、ということなのかもしれませんね。

ではそんな6月の結婚式には、どんなメリットがあるのでしょうか?

6月の結婚式のメリット

1 縁起がいい!

先ほどもお伝えしたように、女神JUNOの加護を受けられるという素敵な言い伝えがあります。

また、日本の6月は雨が多いですが、「雨降って地固まる」ということわざもありますよね。

雨上がりの田舎道

雨は決してマイナスイメージばかりではないんです!

雨の日の結婚式の言い伝えについては、こちらの記事でくわしく紹介しています。

結婚式で雨が降ると縁起がいいってホント?

2 費用が安め!?

「結婚スタイルマガジントレンド調査」によれば、日本では春と秋が結婚式に人気の時期。

結婚式を挙げる時期の人気ランキング

ジューンブライドの6月は第4位。

一定の人気はあるものの、ベストシーズンに比べれば結婚式費用が安い場合も!

「ステキな結婚式にしたいけど、費用が・・・」
と悩んでいるカップルも多いはず。

式場によってはジューンブライドならではのお得なプランがあることも。

豚の貯金箱

費用を抑えたいカップルにはおすすめの季節です。

ほかの季節の結婚式のようすや人気の理由について、気になった人は以下の記事をごらんください。

結婚式はどの時期が多い?ゲストから人気・不人気のシーズンをご紹介!

3 暑すぎず寒すぎない

結婚式のゲストって、気温によってどんな服装をすればいいか迷いますよね。

冬だとノースリーブじゃ寒いし、夏は汗が気になるし・・・

その点6月は、暑くも寒くもない季節。

結婚式に参列する男女

梅雨時だと湿度はあるかもしれませんが、梅雨入り前の6月は特に、ふたりもゲストも快適な季節ですよ。

4 雨の日ならではの演出がステキ♡

やっかいな雨だって、雨の日ならではのアイテムを事前に準備しておけば、とびきりの演出に!

たとえばビニール傘は、ライトを照りかえすオシャレな会場装飾に・・・!

ビニール傘を照明代わりにした披露宴会場@yukiko_wedding_0501

窓の外に雨が降るのが、待ち遠しくなるような装飾ですね。

屋外なら、カラフルな傘が並ぶ「アンブレラスカイ」。

空に浮かぶ大量のカラフルな傘

結婚式で取り入れても、みんなの気分が上がりそうです。

ゲスト用の傘を同じ色でそろえれば、統一感が出て洗練された雰囲気に♪

立ち並ぶ複数の白い傘

装飾やゲスト用の傘だけでなく、ふたりが使う傘にもご注目♡

たとえば、世界にひとつ、ふたりのオリジナル傘を作ってお目見えするなんていかがでしょう?

草花を装飾した傘をさす新郎新婦@yukiko_wedding_0501

特別なことはしなくても、相合傘のなか、ぴったり寄り添って歩くふたりの姿は、それだけでほほえましいものですよ。

相合傘をさしながら歩くカップル

傘だけでなく、てるてるぼうずやレインコート、レインブーツだって、アイデア次第で可能性は無限大!

BGMを、雨の日を感じる曲にするのもいいですね♪

雨を楽しむステージをもっと考えてみたいふたりは、以下のページも参考にしてみてくださいね。

雨の日結婚式だからこそ盛り上がる演出アイデアってある?

5 新婚旅行にもピッタリの季節!

結婚式を挙げてすぐ新婚旅行に向かうふたりには、6月はお得なシーズンと言えます。

ヨーロッパやハワイなどは、6月はとても気候がよくて旅行日和。

エッフェル塔周辺の景色

その上、日本では旅行のハイシーズンではないので、ツアー代金も安いことが多いのです。

6 記念日がたくさんある!

6月には、結婚式にぴったりの記念日が目白押し。

結婚式全体のテーマとして取り入れるのにぴったりなのは、

・プロポーズの日(第1日曜日)
・恋人の日(12日)
・父の日(第3日曜日)
・星の王子さまの日(29日)

など♡

プロポーズのシーンを再現したり、お父さんへのサプライズムービーを上映したり・・・

映像に涙を流す男性

楽しい演出が考えられそうですね。

その他にも、

・真珠の日(1日)
・ローズの日(2日)
・傘の日(11日)
・キャンドルナイトの日(夏至)

ならアクセサリーや、装飾アイテムとして取り入れやすそうですね。

梅酒の日(11日)
和菓子の日(16日)
パフェの日(28日)

なら、ゲストへのおもてなしに加えれば印象的ですよ。

立ち並ぶ色とりどりのパフェ

その日にちなんで何かをとりいれれば、結婚記念日への思い入れも、グッと深まりそうですね。

結婚式の日取りについては、こちらもぜひ参考にしてみてください。

季節、六曜、記念日…結婚式いつする?結婚式の日取りの決め方

6月の結婚式にはメリットがたくさんありますね。続いては、6月の結婚式にぴったりの花を見ていきましょう!

6月の結婚式を彩る♡ブーケや装花にぴったりな花をご紹介

6月は、とってもステキな花々が旬の時期。

結婚式の雰囲気を盛り上げてくれますよ。

6月の花として、まず一番に思い浮かぶのはアジサイ!

花によって色合いはさまざまで、会場にかざれば、雰囲気はぱっと明るくなります。

ブーケ1

ブーケ2

ブーケが装飾されたガーデン挙式の会場

アジサイをモチーフにしたお色直しのドレスや髪飾りもステキです。

紫色をベースにしたウェディングドレス姿の花嫁@2222chay

可愛らしい見た目だけでなく、「家族」や「団欒(団らん)」という花言葉も、人気の理由のひとつなんですよ。

アジサイの花に惹かれる人は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

ジューンブライドにもってこい!紫陽花のウェディングブーケまとめ

アジサイと同じく、小花がキュートなライラックも、この季節のお花。

小花のブーケ

小花のブーケを装飾したテーブル

紫色の花々が咲くガーデンでのセレモニー

ボリューム感があって、ライラックだけでも、ほかの花と合わせてもすてきです♪

ブーケや装花、髪飾りのアクセントにオススメなのが、大きく丸みのある花を咲かせるシャクヤク。

丸みのある花々のブーケ1

丸みのある花々のブーケ2

丸みのある花々のブーケが装飾されたテーブル

ウェディングドレスだけでなく、白無垢姿にもよく合いますよ。

シャクヤクのブーケについては、こちらの記事で紹介しています。

【芍薬(しゃくやく)ブーケ】色別でデザインや花言葉をチェック!

夏の兆しも感じさせる6月だから、ラベンダーやカスミソウなど、夏のお花を取り入れるのもいいですね。

ラベンダーのブーケ

ラベンダーが浮かぶグラス

カスミソウのブーケ

カスミソウのブーケを装飾したテーブル

どれも結婚式にぴったりの、幸せな花言葉を持つものばかりです。

でもデメリットも忘れずに知っておきたいところ。

次は、ジューンブライドのデメリットとその対処法もあわせて見ていきましょう。

6月の結婚式のデメリット&対処法

日本での6月の結婚式の最大のデメリットは、やっぱり「雨が多いこと」。

雨を弾くオレンジ色の長靴

雨が降ることによるデメリットと、その対処法を3つご紹介します。

1 屋外演出ができない!

教会の外でのフラワーシャワー、青空に放つバルーンリリース、お庭でのデザートビュッフェ・・・

空に浮かぶバルーンリリース

デザートビュッフェの様子

憧れていた屋外でのオシャレな演出が、雨が降ると残念ながら中止になることも!

ガーデンパーティーに憧れている人は、雨だとがっかりしてしまいそうですね。

対処法

ガーデンパーティーを予定していた場合、雨が降ると屋内会場に場所を移して行われることがほとんど。

でも、中には透明の屋根がついた全天候型ガーデンやテラスがある会場もあるんです!

屋内ガーデン

雨でも開放的な屋外でパーティーがしたい!という人にはぴったりですね。

前もって会場に、雨の場合はどういう対応ができるのか確認しておきましょう。

2 ゲストが服装や髪型に困る

「会場に来るまでに、着物やドレスが濡れてしまった・・・」

「せっかくキメた髪型が湿気でくずれた!」

そんな声が聞こえてきそうな雨の結婚式。

雨に濡れた結婚式の参列者

たしかにゲストにとって雨の結婚式は、ちょっと気を使うことが多いかもしれませんね。

対処法

ウェルカムドリンクと一緒にミニタオルを配ったり、お手洗いに綿棒やコットン、クシなどのメイク直し道具を用意したり・・・

瓶詰めされたコットンや綿棒

雨の中来てくれるゲストのために、細やかな気配りをしてみてはどうでしょう。

ゲストにとってもありがたいですし、「気が利くな」という印象も持ってもらえそうです。

ウェルカムメッセージカードに、「雨の中ありがとう」と一筆書いておけば、さらに感激してもらえるかもしれません。

手間はかかりますが、メッセージカードは「晴れバージョン」と「雨バージョン」を用意しておくといいかもしれませんね。

晴れの日用の手紙と雨の日用の手紙

また、駅から近い式場や、駅と地下通路でつながっている式場を選べば、濡れてしまう心配も減りますね。

結婚式場の選び方についてもっとくわしく知りたい人は、こちらの記事を読んでみてください。

何を重視したい?結婚式場の選び方のポイント教えます!

また、雨の日に限らず、ゲスト目線でうれしい結婚式についても要チェックです。

こだわりも大事だけど…ゲスト目線でうれしい結婚式場とは?

3 ドレスの裾が濡れちゃう!

チャペルからの移動や、雨上がりにお庭で写真撮影・・・

せっかくの真っ白なウェディングドレスなのに、水たまりで裾が泥だらけ!

泥水を踏むドレス姿の花嫁

そんなことになったら、ショックですよね。

歩く時も足元に注意しないと、滑ってしまうことも・・・。

対処法

ドレスで外を歩くときには、地面にスカートの裾がつかないように、しっかりと手で持ち上げて歩きます。

雨の日の道を歩く新郎新婦

ということは・・・

長い裾のドレスを着ているとなかなか見えない「靴」を、見てもらうチャンスでもあるんです!

うんと素敵なウェディングシューズを選んで、みんなに見てもらいましょう。

地面が滑りやすい場合は、かわいいレインブーツを履くという手も!

それでもやっぱり雨は避けたい!こんなジューンブライドも

ジューンブライドのメリットや、雨の対処法が分かっても、

「やっぱり晴れ空のもとでのセレモニーに憧れる!」

青空にブーケを掲げる花嫁

そんな人も多いハズ。

そこで、雨を避けてジューンブライドを実現させる方法もご紹介します。

1 6月に雨の少ない地方で挙式する

6月に天気がいいというのはヨーロッパに限らず、日本にもそんな場所があるんです。

それは梅雨がない北海道!

北海道では、6月はなんと一年でいちばん雨が少なく、ラベンダーが咲きそろうベストシーズン。

ラベンダー畑

北海道ウェディングの魅力は、ここでは伝えきれないので、下の記事を参考にしてくださいね。

大自然が祝福!北海道ウェディングの魅力って?

また本州でも、東日本のほとんどの地域で、実は7~9月よりも6月のほうが降水量が少ないのだそう!

「6月=梅雨」というイメージは、すべての地域に当てはまるわけではないのですね。

当日の天候を重視するふたりは、こちらの記事を参考に、結婚式の季節を検討してみてください。

結婚式にふさわしい?1年で最も雨が降らない日はいつ?

2 入籍日を6月にする

婚姻届け

6月の結婚をジューンブライドというなら、6月に入籍すれば、たとえ式を挙げなくてもジューンブライドと言えますよね。

「理想の屋外演出があって、梅雨はなるべく避けたい!」

そんなふたりなら、6月に入籍だけをすませて、式はほかの季節に挙げるという手も。

こんな作戦でも、ジューンブライドの縁起にしっかりあやかれちゃうんですね♡

入籍日の決め方や、結婚式との関係については、こちらの記事も参考にしてくださいね。

入籍日の決め方をご紹介! 2022年 オススメの日取りはいつ?

「結婚スタイルマガジントレンド調査2018」
結婚に関するWEBアンケート調査
調査対象:入籍3年以内の男女
調査時期:2018年7月
対象人数:男性500人 女性500人

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

「ジューンブライド」とは、ヨーロッパの言い伝えなんですね。

ジューンブライドのメリットは、なんといっても縁起がいいこと!

女神JUNOの加護を受けるという言い伝えを始め、日本にも雨に関するポジティブなことわざがあります。

6月の花々がつくりだす雰囲気も素敵ですね。

他にも、結婚式や新婚旅行の費用も、ハイシーズンと比べて安く済むことが。

デメリットは、やっぱり雨が多いこと。
雨だと、ガーデンウェディングが屋内になったり、屋外演出が中止になったり・・・

でも全天候型ガーデンを備えている会場もあるので、諦めないで!
雨ならではの演出も素敵です。

雨の中来てくれるゲストのために、アメニティや傘など、気遣いグッズを用意しておくとGOOD。

ドレスの裾は濡れないように、しっかりと持ち上げて歩きましょう。

女の子の憧れ、ジューンブライド。
雨もポジティブに受け入れて、楽しみたいですね!

SNSでシェア

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る