結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

憧れのジューンブライド!6月結婚式のメリット・デメリットって?

音声で聴く!

0:00

0:00

憧れの「ジューンブライド」。

とはよく聞きますが、実際、なぜジューン(6月)なのかを知っている人は少ないのでは?

そんなあなたに、ジューンブライドの由来をご紹介します!

また、6月に結婚式をあげるメリットとデメリット、その対処法も調べてみました。

6月の結婚式に憧れている人は必見です!

INDEX
「ジューンブライド」ってなに?
6月の結婚式のメリット
6月の結婚式のデメリット&対処法

「ジューンブライド」ってなに?

「ジューンブライド」という言葉、耳にしたことがある人も多いと思います。

でもその由来は知らない方も多いのではないでしょうか?


「June Bride」とは、英語で「6月の花嫁」、「6月の結婚」という意味。

ヨーロッパでは「6月の花嫁は幸せになれる」と言われていて、その理由としてはいくつか説があります。

その中でも有名な説を3つご紹介しましょう。

女神「JUNO」に由来している

ギリシャ神話に出てくる女神、「JUNO(ユノー/ジュノー)」。

「JUNE(6月)」の語源にもなったとされている女神JUNOは、結婚や出産をつかさどる女神なんです!

そこから、
「6月に結婚する花嫁はJUNOの加護を受けて幸せになれる」
という言い伝えが生まれたと言われています。

天候がいいから

日本では6月というと、雨の季節ですが・・・

ヨーロッパの6月は、とっても気候が穏やかなんです。

1年で一番雨が少ない時期で、晴天が続く気持ちのいい1か月!

「若者の季節」と呼ばれることもあり、何かを始めるにはピッタリの季節なんですね。

農作業が落ち着く季節だから

3月・4月・5月は、農業が最も忙しい時期!

昔はその3か月の結婚式を禁じることもあったほど、みんな農業に大忙しだったんです。

だからその3ヶ月が終わった6月に、結婚する若者が多かったんです。

忙しい時期も終わり、多くの人に盛大に祝福してもらえる6月の結婚は、幸せになれると言われていたんです。


ヨーロッパではさまざまな理由で、「ジューンブライド」が浸透しているんですね。

ではそんな6月の結婚式には、どんなメリットがあるのでしょうか?

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

6月の結婚式のメリット

1 縁起がいい!

先ほどもお伝えしたように、女神JUNOの加護を受けられるという素敵な言い伝えがあります。

また、日本の6月は雨が多いですが、「雨降って地固まる」ということわざもありますよね。

雨は決してマイナスイメージばかりではないんです!

2 費用が安め!?

日本では雨の多い6月は、結婚式に人気の時期とはいえません。

だから、春や秋の人気の時期に比べると、結婚式費用が比較的安い場合も!

「ステキな結婚式にしたいけど、費用が・・・」
と悩んでいるカップルも多いはず。

式場によってはジューンブライドならではのお得なプランがあることも。
費用を抑えたいカップルにはおすすめの季節です。

3 暑すぎず寒すぎない

結婚式のゲストって、気温によってどんな服装をすればいいか迷いますよね。

冬だとノースリーブじゃ寒いし、夏は汗が気になるし・・・

その点6月は、暑くも寒くもない季節。

梅雨時だと湿度はあるかもしれませんが、梅雨入り前の6月は特に、二人もゲストも快適な季節ですよ。

4 雨の心構えができている

梅雨時でなくても、雨が降るときは降りますよね。

結婚式当日の突然の雨だと、ゲストにとって急な服装の変更などは難しいもの。

でも雨が多い6月の結婚式なら、ゲストもある程度「雨かもしれない」と心構えをしているもの。

雨具など前準備ができていれば、急な雨でも焦ることはありませんね。

5 新婚旅行にもピッタリの季節!

結婚式を挙げてすぐ新婚旅行に向かう二人には、6月はお得なシーズンと言えます。

ヨーロッパやハワイなどは、6月はとても気候がよくて旅行日和。

その上、日本では旅行のハイシーズンではないので、ツアー代金も安いことが多いのです。


6月の結婚式にはメリットがたくさんありますね。

でもデメリットも忘れずに知っておきたいところ。

次は、ジューンブライドのデメリットとその対処法もあわせて見ていきましょう。

6月の結婚式のデメリット&対処法

日本での6月の結婚式の最大のデメリットは、やっぱり「雨が多いこと」。

雨が降ることによるデメリットと、その対処法を3つご紹介します。

1 屋外演出ができない!

教会の外でのフラワーシャワー、青空に放つバルーンリリース、お庭でのデザートビュッフェ・・・

憧れていた屋外でのオシャレな演出が、雨が降ると残念ながら中止になることも!

ガーデンパーティーに憧れている人は、雨だとがっかりしてしまいそうですね。


○対処法
ガーデンパーティーを予定していた場合、雨が降ると屋内会場に場所を移して行われることがほとんど。

でも、中には透明の屋根がついた全天候型ガーデンやテラスがある会場もあるんです!

雨でも開放的な屋外でパーティーがしたい!という人にはぴったりですね。

前もって会場に、雨の場合はどういう対応ができるのか確認しておきましょう。


また、雨をテーマにした演出でゲストを迎えるのも素敵!

ブーケと髪飾りをあじさいで揃えたり、BGMを雨にちなんだ音楽にしたり・・・

思い切って雨の季節を楽しみましょう!

2 ゲストが服装や髪型に困る

「会場に来るまでに、着物やドレスが濡れてしまった・・・」

「せっかくキメた髪型が湿気でくずれた!」

そんな声が聞こえてきそうな雨の結婚式。

たしかにゲストにとって雨の結婚式は、ちょっと気を使うことが多いかもしれませんね。

○対処法
ウェルカムドリンクと一緒にミニタオルを配ったり、お手洗いに綿棒やコットン、クシなどのメイク直し道具を用意したり・・・

雨の中来てくれるゲストのために、細やかな気配りをしてみてはどうでしょう。

ゲストにとってもありがたいですし、「気が利くな」という印象も持ってもらえそうです。

ウェルカムメッセージカードに、「雨の中ありがとう」と一筆書いておけば、さらに感激してもらえるかもしれません。

手間はかかりますが、メッセージカードは「晴れバージョン」と「雨バージョン」を用意しておくといいかもしれませんね。

3 ドレスの裾が濡れちゃう!

チャペルからの移動や、雨上がりにお庭で写真撮影・・・

せっかくの真っ白なウェディングドレスなのに、水たまりで裾が泥だらけ!

そんなことになったら、ショックですよね。

歩く時も足元に注意しないと、滑ってしまうことも・・・


○対処法
ドレスで外を歩くときには、地面にスカートの裾がつかないように、しっかりと手で持ち上げて歩きます。

ということは・・・

長い裾のドレスを着ているとなかなか見えない「靴」を、見てもらうチャンスでもあるんです!

うんと素敵なウェディングシューズを選んで、みんなに見てもらいましょう。

地面が滑りやすい場合は、かわいいレインブーツを履くという手も!

ドレスにカラフルな傘、足元はレインブーツ・・・雨の日しかできない素敵な写真が撮れそうですね。

まとめ

「ジューンブライド」とは、ヨーロッパの言い伝えなんですね。

ジューンブライドのメリットは、なんといっても縁起がいいこと!

女神JUNOの加護を受けるという言い伝えを始め、日本にも雨に関するポジティブなことわざがあります。

他にも、結婚式や新婚旅行の費用も、ハイシーズンと比べて安く済むことが。

デメリットは、やっぱり雨が多いこと。
雨だと、ガーデンウェディングが屋内になったり、屋外演出が中止になったり・・・

でも全天候型ガーデンを備えている会場もあるので、諦めないで!
雨ならではの演出も素敵です。

雨の中来てくれるゲストのために、アメニティや傘など、気遣いグッズを用意しておくとGOOD。

ドレスの裾は濡れないように、しっかりと持ち上げて歩きましょう。

女の子の憧れ、ジューンブライド。
雨もポジティブに受け入れて、楽しみたいですね!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る