結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

平日の結婚式ってアリ?メリットやデメリット、注意すべきことを知りたい!

結婚スタイルマガジンからフェア予約→式場決定するだけで最大20万円分ご祝儀もらえる!

公式インタスタグラムはじまりました!

「平日に結婚式をしたい!」

でも迷惑にならないか、非常識と思われないかが気になる・・・という人も多いはず。

今回は、平日に結婚式を挙げるメリット・デメリットを、注意したい点も合わせてご紹介します。

INDEX
平日の結婚式はアリ?
平日の結婚式【メリット】
平日の結婚式【デメリット】
注意点はある?

平日の結婚式はアリ?

結婚式といえば、休日に行われるものというイメージが強いですよね。

平日に結婚式をするのは、アリなのでしょうか?

答えはイエス!

新郎新婦が平日休みの仕事をしている場合、会社関係の人を多く招待するなら平日開催の方がいいことだってあります。

結婚式場も平日限定の結婚式プランを用意していたりと、平日に結婚式をしたいと思うカップルは少なからずいるようです。

結婚式は必ず休日でなくてはならない、というわけではないんですね。

ただ、平日の結婚式にはメリット・デメリットがそれぞれあります。
まずはメリットから見ていきましょう。

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

平日の結婚式【メリット】

希望の日取りが押さえやすい

結婚式はやはり、土日祝日が多いもの。
大安などお日柄がいい日は特に、ずいぶん前から予約が埋まっていることもあります。

その点平日なら土日祝日に比べて結婚式が少ないので、お日柄がいい日でも予約が取りやすいんです!

他にも自分たちにとっての記念日など、好きな日取りを押さえやすいのは嬉しいメリットですね。

結婚式費用がお得

結婚式の少ない平日に結婚式を挙げてもらうのは、式場側にとってもありがたいこと。

そのため多くの結婚式場が、お得な「平日限定プラン」を出しているんです。

例えば大幅な費用の割引があったり、演出が豪華になったりと、式場によってプランの内容はさまざま。

ゲストに華やかな演出を楽しんでもらったり、浮いた費用で料理や引き出物を豪華にしたりと、平日に来てくれたゲストを手厚くもてなすのもいいですね。

貸し切り感がある

平日は、ほかに結婚式を挙げるカップルが少ないというのもうれしいメリット!

休日の結婚式場やホテルでは、結婚式が一日に何組も入っていることが多いですよね。

でも平日なら、一組で貸し切り状態ということだって珍しくありません。

貸し切り状態なら、挙式や披露宴のスタート時間も希望どおり設定することができるなど、時間に余裕を持った結婚式が可能。

ほかのカップルと鉢合うこともなく、ゲストとゆっくり交流を楽しめそうですね。

より細やかなサービスが期待できる場合も

結婚式が何件も重なる休日は、結婚式場のスタッフも大忙しです。

それでももちろん、アルバイトのスタッフがたくさん加わったりして、十分なサービスを提供してくれます。

でも何組ものカップルやゲストが同時に式場内にいる場合、なかなか細部まで気遣いが行き届かない・・・ということもあるかもしれません。

その点平日なら、貸し切りのような状態なのでスタッフにも余裕があります。

二人とそのゲストに集中してもらえるので、かゆいところに手が届くサービスを期待できそう!
ゲストにも満足してもらえそうですね。


平日の結婚式には、新郎新婦もゲストも嬉しいメリットが色々あるんですね。

では次に、デメリットも見ていきましょう。

平日の結婚式【デメリット】

欠席のゲストが増えることも

土日が休みの人は、平日の結婚式に出席するためには学校や仕事を休まなければいけません。

でもなかなか、気軽に休めない事情がある場合もありますよね。

遠方からのゲストなら、曜日によっては前後の宿泊も考えて、三日くらい休みを取らなければ出席できないというパターンも。

親族や近しい人のみの小規模な結婚式なら問題ありませんが、ゲストをたくさん呼んで豪華な結婚式を!と思っている人にとっては、ゲストの出席率が低くなるのはデメリットです。

平日に結婚式をするなら、ある程度欠席者がでるのは仕方がないと理解しておくほうがいいかもしれませんね。

反対される可能性も

平日の結婚式は、まだまだ多くありません。
そのため、特に両親や年配の親族の中には、結婚式は通例通り休日に行うべき!と考える人もいます。

「平日に結婚式だなんて非常識」

「ゲストの迷惑になるのでは?」

と、反対される可能性もあります。


このように、メリットがあればデメリットもあるんですね。

ではデメリットをできるだけ減らし、ゲストに喜んでもらえる結婚式にするためにはどうすればいいのでしょうか?

最後は、平日に結婚式を挙げるときに気を付けたい注意点について見ていきましょう。

注意点はある?

両親に相談して決める

先ほどデメリットでもお伝えしたように、平日の結婚式は、両親や親族に反対されることも。

日取りを決めてからの事後報告では、両家の両親と気まずいムードになってしまうかもしれません。

後にわだかまりを残さないためにも、平日の結婚式を考えていることを前もって両親に相談しておきましょう。

平日にしたい理由をきちんと説明して、両親の意見も聞き、承諾を得てから日取りを決めるといいですね。

日程の連絡は早め&丁寧に

土日休みのゲストは特に、平日に休みを取るためには早く職場に申請しなければいけないケースもあります。

日程が決まったら、ゲストにはできるだけ早めに連絡をしましょう。

また、結婚式へのお誘いは直接会って話すか、一人一人連絡をとってお願いすると丁寧です。

結婚式を平日に挙げる理由も伝えたうえで、「ぜひ来てほしいけど、無理はしないでね」という風に、相手の都合に配慮した誘い方がいいでしょう。

ゲストも、できればあなたの結婚式に参加したいと思っているはず。
誘ってもらえたことはきっと嬉しく、前向きに検討してくれる人が多いと思います。

だからこそ強引に出席を促すようなことはせず、丁寧にお誘いするといいですね。

日取りや時間帯を考える

日取りは、例えば金曜日や祝前日など、休みの日と連続する日がベスト。

休みの日の前後なら、遠方からのゲストで宿泊が必要な場合も、仕事や学校を休む日が少なくて済みます。

時間帯は、ゲストの顔ぶれに合わせて出席しやすいよう配慮しましょう。

例えば土日休みのゲストが多いなら、仕事帰りや半休でも出席できるナイトウェディングにするのもおすすめ。

逆に子供連れや年配の親族が多いなら、昼間の結婚式がいいですね。

子供連れのゲストに配慮を

平日の結婚式では、子供がいる女性ゲストが出席する場合、「夫に預けて一人で出席」ということができない場合も。

出席したくても、「子供も一緒でいいのかな?」と迷ってしまうかもしれません。

子供のいるゲストを招待する場合は、会場内に子供が遊べるキッズスペースを用意したり、授乳室の有無を確認したりして、「よかったらぜひお子さんも一緒に」と伝えてあげるといいですね。

平服OKにすれば参加しやすい

夕方から夜にかけてのナイトウェディングにする場合は特に、服装を「平服OK」にしておくとゲストも気軽に参加できます。

仕事帰りや、半休をとって参加しようと思っても、まず仕事着から結婚式用にドレスアップしなくてはいけない・・・となると、余計な時間がかかりますよね。

女性の場合は、髪形やメイクをドレスに合わせて変えなければいけない場合も。

せっかくナイトウェディングにしても、準備のために結局ゲストは仕事を休むことになるかもしれません。

平服OKにしておけば、仕事帰りにそのまま参加してもらうこともできますね。


このような点に注意して結婚式の準備を進めれば、欠席のゲストが増えたり、両親や親族に反対されるというデメリットを減らせるかもしれませんよ。

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

結婚式は休日、と決まっているわけではありません。
平日に結婚式を挙げるのもアリなんですね!

平日に結婚式のメリット・デメリット・注意点はこんな感じです。

〇メリット

・希望の日取りが押さえやすい
・結婚式費用がお得
・貸し切り感がある
・細やかなサービスが期待できる場合も


〇デメリット

・欠席のゲストが増える場合も
・反対される可能性も


〇注意点

・両親に相談して決める
・日程の連絡は早め&丁寧に
・日取りや時間帯を考える
・子供連れのゲストに配慮を
・平服OKにすれば参加しやすい


メリットもデメリットも知ったうえで、二人にとってベストな選択をしましょう。

平日に結婚式を挙げるときは注意点を参考にして、ゲストにも最善の配慮をしたいですね。

SNSでシェア

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る