結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

半年?一年?ベストな結婚式準備の期間って?

プロポーズも終わり、いよいよ結婚式の計画!

でも結婚式までの準備期間って、どれくらいが良いのか知っていますか?

今回は、準備期間一年派、半年派の先輩カップルの体験談をご紹介します!

準備期間が一年の場合、半年の場合のおおまかなスケジュールもあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

INDEX
先輩カップルの体験談【準備一年派】
先輩カップルの体験談【準備半年派】
結局どっちがいいの?
準備期間一年の段取り
準備期間半年の段取り

先輩カップルの体験談【準備一年派】

ではまず、準備に一年かけた先輩カップルの体験談を見ていきましょう。

私たちは一年前から式場を探し始めました。
一年前だと、だいたいの式場で希望日の予約が取りやすくてよかったです。
新居への引っ越しもあったし、早めに準備を始めて正解でした。

プロポーズが済んでから結婚式まで、約一年ありました。
二人でじっくり結婚式場を探せたし、演出のリサーチも十分できて、ドレス選びにもたっぷり時間をかけられました。
時間があったので手作りグッズもたくさん取り入れて、節約にもなりましたよ!

一年前に会場を決めて予約しましたが、結局具体的な準備を始めたのは半年前くらいだったと思います。
それまではあまりやることもなく、なんだかお互い結婚式を挙げる実感が湧きませんでした。

一年派はゆっくりと準備に時間をかけたようですね。
では準備半年派のカップルはどうだったのでしょうか。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

先輩カップルの体験談【準備半年派】

半年前に式場を決めて、そこからテンポよく準備に取り掛かることができたので良かったです。

次々に決めることをこなして、中だるみせず結婚式に臨めました。

準備期間は半年くらいでしたが、十分でした。
会場さえ決まればプランナーさんの指示に従って決めていけば良かったので、余裕を持って結婚式当日を迎えることができました。

私たちは半年前から結婚式場を探し始めましたが、気に入った式場はほとんど埋まっていて・・・
第一希望の日は予約がとれませんでした。
もっと早く予約したらよかったなぁ。

一年派、半年派、意見もさまざまですね。

じゃあ結局、準備期間はどれくらいがベストなの!?

結局どっちがいいの?

準備期間が一年ある場合

人気の時期、人気の式場でも予約が取りやすいのがメリットです。

最初の半年でじっくり演出などの下調べもできて、DIY(アイテムなどの手作り)にかける時間もたくさん取れそう!

でも式まで間が空くので、式場によっては最初の半年ほどは打ち合わせも少なかったりして、実感が湧きにくいかもしれませんね。

準備期間が半年の場合

会場を決めたらすぐに具体的な準備を始めます。

テンポよく次々と準備が進むので、中だるみせずに結婚式を迎えられそうですね。

ただ、人気の時期、人気の式場だと予約がとりにくい場合があるのがデメリットでしょうか。

結婚式場やドレスに特別こだわりたいなら一年前、テンポよく準備を進めたいなら半年前でも良さそうです。

では次に、準備に一年かける場合、半年の場合のそれぞれの段取りをご紹介します。

どちらも準備内容は変わりませんが、いつ・何をするのかというスケジュールの目安を知りたい人には参考になるでしょう。

準備期間一年の段取り

まずは結婚式までの準備期間が一年間ある場合の、おおまかなスケジュールをご紹介します。

・結婚式の時期、イメージ、予算、場所を話し合う
・雑誌やインターネットで会場を探す
・ブライダルフェア等で会場を見学してみる

・会場を決める
・ゲストをリストアップする
・手作りするものを準備し始める

・衣装・小物探しを始める
・ブライダルエステを計画し始める

・招待するゲストを決定する
・役割をお願いするゲストへの依頼
(祝辞・スピーチ・余興・受付など)
・職場や友人に結婚を報告する
・招待状を送るための住所を聞く
・二次会の幹事を依頼する
・二次会のゲストをリストアップ
・結婚指輪を買う

・衣装、小物の決定
・引き出物を決める
・写真やビデオ、映像作品を手配する

・披露宴の料理、BGM、ブーケを決める
・司会者を決め、打ち合わせする
・挙式、披露宴のプログラムを決める
・招待状の発送

・出欠の返信を見て席次を決める
・引き出物、ペーパーアイテム、プチギフトの手配
・ゲストの宿泊、送迎、和装の着付けの手配

・ヘアメイクリハーサル
・衣装の最終フィッティング

・ネイル、シェービング
・花嫁の手紙、新郎の謝辞を書く

では次に、準備期間が半年の場合のスケジュールです。

準備期間半年の段取り

・結婚式の時期、イメージ、予算、場所を話し合う
・雑誌やインターネットで会場を探す
・ブライダルフェア等で会場を見学してみる

・会場を決める
・ゲストをリストアップする
・手作りしたいものを準備し始める

・衣装、小物を選びはじめる
・結婚指輪を買う
・ブライダルエステを手配する

・招待するゲストを決定する
・役割をお願いするゲストへの依頼
(祝辞・スピーチ・余興・受付など)
・職場や友人に結婚の報告
・招待状を送るための住所を聞く
・二次会の幹事を依頼する
・二次会のゲストをリストアップする
・写真、ビデオ、映像作品を手配する

・招待状の発送
・衣装、小物を決める
・引き出物を決める
・披露宴の料理、BGM、ブーケを決める
・司会者を決め、打ち合わせ
・挙式、披露宴のプログラムを決める

・出欠の返信を見て席次を決める
・引き出物、ペーパーアイテム、プチギフトの手配
・ゲストの宿泊、送迎、和装の着付けの手配

・ヘアメイクリハーサル
・衣装の最終フィッティング

・ネイル、シェービング
・花嫁の手紙、新郎の謝辞を書く

以上、一年と半年、それぞれのスケジュールでした。

余裕を持って一年ほど準備期間をとるか、半年でテンポよく準備を進めるのか・・・自分たちに合った準備期間を設けましょう。

結婚式準備の段取りについて、もう少し詳しく知りたい人はこちらをどうぞ。

結婚式準備ってどんなことするの?当日までの段取りを紹介!

まとめ

結婚式準備の期間について、先輩カップルの体験談をまとめてみましょう。

【一年派】
・希望の日時で希望の式場が予約しやすい
・リサーチ、準備期間がたっぷり
・初めの半年はやることが少なく、気が抜けるかも

【半年派】
・テンポよく準備が進み、気持ちが中だるみしない
・半年でも準備は十分できる
・人気の式場、人気の時期は予約が埋まっていることも

自分たちのライフスタイルも考えて、結婚式の準備期間を決めるといいですね。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る