結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

短期間勝負!3ヶ月でする結婚式準備の段取りや方法は?

音声で聴く!

0:00

0:00

いろんな事情で、急いで結婚式をあげたい!
希望日まで3ヶ月しかないけど・・・間に合う!?

そんな人でも大丈夫です。

3ヶ月で進める結婚式準備の段取りを、大切なポイントも含めてご紹介します。

INDEX
結婚式3ヶ月前の準備
結婚式2ヶ月前の準備
結婚式1ヶ月前の準備
結婚式1ヶ月前~直前の準備

結婚式3ヶ月前の準備

・日取りを決める
・ゲストをリストアップ
・会場選び
・プランナーと初回の打ち合わせ
・ゲストに挨拶や余興を依頼
・招待状の作成
・衣裳選び
・ブライダルエステの手配
・当日のヘアメイク・ネイルの手配
・手作りアイテムの作成
・結婚指輪の購入

まずは、いつ結婚式をあげるのか決めましょう。

結婚式まで日にちが少ないので、気に入った会場があっても希望日に予約が埋まっていることも。

候補日は一日だけじゃなく、何日か考えておくのがポイントです。

また乾杯の挨拶、主賓の祝辞、友人のスピーチや余興、受付など・・・

ゲストに依頼したいことがある人は、挙式の日取りや会場が決まった時点で、早めにお願いしておきます。

電話や口頭でOKをもらったら、招待状に改めて書状を入れて依頼。

なので、招待状の作成前にお願いしておくのがポイントですよ。


会場が決まったら、すぐに招待状を作成します。

結婚式の招待状は、挙式日の2~3ヶ月前に出すのが一般的。遅くても2ヶ月前までには出す人がほとんど。

自分たちで作ることもできますが、その場合かなり急ピッチで作成することに・・・

式場の提携業者にお願いすると、デザインや文面を選ぶだけでOKといったケースもあり、時間短縮になりますよ。


ウェルカムボード、会場飾り、アクセサリーなど・・・
手作りアイテムを取り入れたい人は、さっそく製作にかかりましょう。

時間がない!という人は、お金をかけてプロに作ってもらったり、既製品の購入も検討して。


挙式で「指輪交換」をするなら、結婚指輪の購入も忘れずに!

サイズ合わせや文字入れなどで、案外時間がかかる場合も。早めの注文が安心ですよ。

続いて2ヶ月前の準備を見ていきましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

結婚式2ヶ月前の準備

・招待状の発送
・衣裳・小物の決定
・演出やプログラムを決める
・会場の装飾・ブーケを決める
・映像作品の依頼
・料理・引き出物を決める
・二次会の詳細を決める

先ほどもお伝えしましたが、出来上がった招待状は、2ヶ月前までに発送します。

挙式まで日が迫っていますので、招待状を出す前に、事前に電話などで出欠の確認をしておくと安心ですよ。


挙式・披露宴での演出や会場の飾りなど、具体的な話を一気に進めるのもこの時期。

新郎新婦を紹介するプロフィールムービーやエンドロールも、業者に頼む人は注文しておきます。

業者に頼む場合でも、ムービーに二人の子供の頃からの写真などを入れるなら、自分たちで集める必要が。
早めに手配を始めておくのがポイントです。

ムービー自体を自分で作成する場合は、なおさら早めにとりかかりましょう。


では次に、1ヶ月前です。

結婚式1ヶ月前の準備

・ゲストの出欠確認、席順決め
・引き出物やペーパーアイテムの手配
・ゲストの送迎車や宿泊などの手配
・ヘアメイクリハーサル
・司会者との打ち合わせ
・プランナーとの打ち合わせ
・BGMを決める
・演出、進行の最終確認
・支払い

招待状が返ってきて、ゲストの出欠が確定したら、席順を決め、引き出物やペーパーアイテムを発注しましょう。

送迎車や宿泊、和装の場合の着付けなど、ゲストに必要なサービスを確認して、予約するのも忘れずに。

最終的に、決まったプログラムによっていくら費用がかかるのか、見積もりが出るのもこの時期でしょう。

先払いや一部先払いの場合もあるので、きちんと聞いておくことが大切です。


1ヶ月前には、だいたいのことは決め終えている状態です。

ではいよいよ、結婚式間近の準備です!

結婚式1ヶ月前~直前の準備

・手配したものの確認
・花嫁の手紙、新郎の謝辞を考える
・心付け、お車代の用意
・衣裳の最終フィッティング
・シェービング、ネイルをする
・役割をお願いした人への最終確認

この時期になってくると、準備期間の長さに関わらず、ほとんどのことは決まっている状態です。

当日にトラブルのないように最終確認をする時期ですね。

花嫁の手紙や新郎の謝辞を考え、当日に必要な心付けやお車代を準備しておきましょう。

あとはシェービングやネイルをしに行ったりして、挙式に向け美容の仕上げをすればバッチリ!

準備が慌ただしかった分、挙式当日まで少しゆっくりできるといいですね。

まとめ

いかがでしたか?
3ヶ月での結婚式準備はこんな感じです。

3ヶ月前・・・会場や日取り、招待客などの基本的なことを決める。

2ヶ月前・・・料理やプログラムなど、より具体的な内容を決める。

1ヶ月前・・・ゲストの出欠も決まり、だいたいのことを決め終える。

直前・・・最終確認や当日に向けての準備に専念。


少しバタバタしそうですが、プランナーと協力して準備を進めれば大丈夫!

準備期間が短くても、とびっきり素敵な結婚式にしましょうね。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る