結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

式場手配?友人?フリー?結婚式の司会者は誰に頼めば良いの?

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚式で重要な役割を担う、「司会者」。

式場が手配してくれる司会者か、仲のいい友人にお願いするのか、フリーの司会者を外注するのか・・・。

迷っている二人のために、今回はそれぞれのメリット・デメリットをまとめてご紹介します。

INDEX
式場手配のメリット・デメリット
友人のメリット・デメリット
フリー司会者のメリット・デメリット

式場手配のメリット・デメリット

司会者を依頼する一番簡単な方法は、「式場が手配してくれる司会者にお願いする」こと。

結婚式のプランを申し込んだら、見積もりに司会料も組み込まれている場合が多いもの。

そのまま式場手配の司会者にお願いする場合、会場と提携している会社から司会者が派遣されることになります。


では式場手配の司会者にお願いするメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

・その会場に慣れているので、会場スタッフと連携もとりやすく、段取りも把握している・自分で探さずに済むので、手間がかからない・プロなので、司会に慣れていて失敗が少ない

デメリット

・会場を通して司会を依頼するため、直接依頼するよりも費用が高い。約5万円~という値段設定が多い・他の結婚式との兼ね合いもあるので、相性の良さそうな司会者よりも、スケジュールが空いている人を優先的に紹介されることも・打ち合わせ回数が少ない場合が多い

会場提携の司会者にお願いするなら、一番いいのは、実際に司会者が司会をしているところを見て選ぶことです。

声のトーンや雰囲気などが、よくわかりますよね。
ブライダルフェアで気に入った司会者をチェックしておくといいかもしれません。

実際に見ることもできず、動画なども用意されていない状態で選ばなくてはいけない・・・

そんな場合は、担当のプランナーに、どんな人がいいのかリクエストを伝えましょう。

「男性がいい」「女性がいい」
「声のトーンや話し方が落ち着いている人がいい」

など、自分たちの求める雰囲気を伝えて紹介してもらうと、失敗が少ないですよ。

それでも打ち合わせの際、「何か違う」と思ったら、遠慮なくプランナーに「司会者を変えてほしい」とお願いして。

司会は結婚式の雰囲気を左右する大切な役目ですから、「この人!」と思う人を選びましょう。

少し割高でも、会場に慣れている司会者にお願いできるうえ、探す手間をはぶけるならいいかもしれませんね。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

友人のメリット・デメリット

「披露宴の司会はプロにお願いするもの」と思っていませんか?
実は友人にお願いしたっていいんです!

特に少人数の披露宴やアットホームな雰囲気のパーティーには、友人司会者がぴったりかもしれません。

では司会を友人にお願いする場合は、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリット

・新郎新婦のことをよく知っている友人なら、アットホームな雰囲気になる・プロに頼むより比較的予算を抑えられる

友人に司会を依頼した場合は、ギャラではなくお礼を渡すのが一般的。

司会のお礼は平均1~3万円程。
ご祝儀をいただいたら、その分2~3万円上乗せすると良いですね。

デメリット

・プロに比べるとミスが起こりがち。トラブルへのアドリブ対応も難しいかもしれない・会場担当者との連携に慣れていない・お願いする友人への負担が大きい

プロなら、
・縁起の悪い言葉は使わない
・セリフをかまない
・新郎新婦が言ってほしくないことは言わない

など、司会者らしい立ち振る舞いが経験で身についています。

友人に対しては、そこまで望むのはハードルが高いかもしれません。

だからこそ、少しでもスムーズにいくよう、頼むときにこちらで色々考えておきましょう。


まず頼む相手。

友人の中から司会者を選ぶときは、話すことに慣れていて、滑舌がよく堂々とした人を選ぶといいですよ。

そして、多少のミスは楽しむくらいの気持ちでお願いしましょう。

決して上手じゃなくても、友人の司会なら場がなごんで、アットホームな雰囲気になりそうですよね。


それから、司会をお願いするときは丸投げではなく、新郎新婦で台本を作って渡してあげるといいかもしれません。

当日、司会者が困らないように、進行やタイムスケジュールもきちんと打ち合わせして。

そして司会を頼んだ友人にも、もちろん席は用意しておきます。

もし本人に余裕があれば、司会の合間に料理を食べられるように、司会席から一番近いテーブルに席を設けましょう。

少しでも友人の負担が減るように、気配りが大切です。

フリー司会者のメリット・デメリット

フリーの司会者というのは、同じプロ司会者でも、会場提携ではない、外部の司会派遣会社、もしくは個人司会者のことです。

メリット

・自分たちで司会者を選べる・選択肢が多い・費用は約3万円~と、会場提携業者に比べて抑えられることが多い

デメリット

・自分たちで探す手間がかかる・会場によっては「持ち込み料」がかかる

外部の司会者にお願いしたい場合、自分で探すという手間がかかりますね。

でも今はインターネットで、司会派遣会社や個人司会者のホームページを見ることができます。

文章や動画の雰囲気、経験年数などで気に入った人がいたらコンタクトをとって、実際に会って決めるといいでしょう。


「持ち込み料」については、前もって会場に確認しておきましょう。

持ち込み料がかかる場合、
「持ち込み料+司会依頼料+司会者の派遣交通費」

などを考えると、式場提携の司会者にお願いする場合と変わらない料金になることも。

ただ、同じ料金だとしても、自分たちで選んで気に入った司会者にお願いできるなら、外部発注もいいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

会場提携の司会者、友人司会者、フリー司会者・・・誰に依頼しても一長一短。

自分たちに合った人に依頼すると良いですね。


司会者を探す時間がなく、とにかく失敗したくない人は「会場提携の司会者」。

結婚式はアットホームな雰囲気にしようと考えていて、司会を依頼できそうな友人がいるなら「友人司会者」。

「フリー司会者」なら、自分たちに合う人を選べる上に、打ち合わせ回数も多いのでふたりのニーズをしっかり聞いてもらえますよ。


それぞれのメリット・デメリットをよく考えて、後悔しない司会者選びをしてくださいね。

  • LINEで送る

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る