結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

結婚式の「ムービー」ってどんなもの?種類や簡単な作り方までムービー演出総まとめ

ムービーの演出方法

公式インスタグラムはじまりました!

結婚式の「ムービー」とは、挙式や披露宴で流す映像作品のこと。
色々な種類のムービーがあり、最近では結婚式に欠かせない演出となっています。

そんな結婚式ムービーの種類や内容、作り方をご紹介!

自作するときの注意点についても、合わせてお話しします。

INDEX

「オープニングムービー」について

「オープニングムービー」とは、披露宴で新郎新婦入場の直前に流すムービーのこと。
新郎新婦からゲストに向けてのメッセージを流します。

内容は出席してくれたことに対するお礼や、これから始まる披露宴のコンセプトを伝えたり、「披露宴を楽しんでください!」という気持ちをまとめたりするのが一般的。

新郎新婦の入場を盛り上げてくれる効果があります。

オープニングムービー

3分ほどの短めムービーで、その場が和むような明るい内容がピッタリ。
新郎新婦もゲストも緊張がほぐれ、和やかに披露宴をスタートすることができますよ。

タイミングは披露宴の入場前が一般的ですが、挙式で新婦が入場する前に、チャペルでオープニングムービーを流すという人も。

その場合は、披露宴のオープニングのように明るさ重視よりも、しっとりとした雰囲気になるムービーがおすすめです。

二人の出会いや思い出、結婚するに至った気持ちをまとめたり、生い立ちや家族への感謝をまとめたりした内容なら、これから始まる挙式がより感慨深いものになりそう。

オープニングムービーがあることで、次のシーンがより引き立つんですね!

二人の出会いや思い出

また、オープニングムービーとは少し違いますが、ゲストを待たせている間に流す「ウェルカムムービー」というものもあります。

こちらは披露宴が始まる前に控室で流したり、会場で流したりします。
待ち時間をゲストが退屈しないよう、ムービーでおもてなしするんですね。

内容は、二人の自由!
例えば結婚式のメイキング映像だったり、前撮りの写真だったり、ゲストが見て楽しめるよう、工夫するといいですよ。

オープニングムービーを自作するなら?

披露宴のオープニングムービーを自作するなら、最近の二人の写真を使うのがおすすめ。
子供の頃や過去の写真などは、後に紹介するプロフィールムービーでも使います。

オープニングムービーは最初の挨拶のようなムービーなので、現在の二人が映った写真が最適です。

前撮りをしている場合はその写真を使うことで、結婚式当日とは別の衣裳も見てもらうことができますよ。

オープニングムービー

また、ムービーの最後にカウントダウンの映像を入れて、ゼロになったらムービーが終わり、新郎新婦が登場!という演出も、盛り上がるのでおすすめです。

もっと詳しく作り方を知りたい人は、こちらの記事もどうぞ。

結婚式オープニングムービーの作り方って?おすすめBGM、演出・構成まで一挙紹介

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

「プロフィールムービー」について

「プロフィールムービー」とは、新郎新婦が生まれてから結婚するまでの過程を紹介するムービー。

新郎新婦が作成し、家族やゲストに向けて流します。

家族や親族は生い立ちを見て懐かしく思い、成長を誇らしく思うでしょう。
友人知人は二人の生い立ちを知ることで、より二人に対して親しみが湧きそうですね。

どんなふうに育ち、どんなふうに出会って惹かれ合ったのか・・・
お互いの家族や友人に知ってもらうことができますよ。

二人の生い立ち

上映時間は5~7分程度がおすすめ。
ポップな雰囲気にしたり、しっとりと感動できるようなムービーにしたり、結婚式の雰囲気に合わせてイメージを決めるといいでしょう。

タイミングとしては、お色直しのために新郎新婦が中座している間や、歓談中などに流すことが多いようです。

結婚式後も、両親にプレゼントすれば素敵な思い出としてずっと残りますよ。

プロフィールムービーを自作するなら?

二人の赤ちゃんの時から大人になるまでの写真を集めましょう。
七五三、入学式など、時系列がわかりやすい写真を選ぶのもおすすめ。

若かりし頃の家族や親族、披露宴に来ている友人と撮った写真などを盛り込むと、「懐かしいなぁ」「あ!あの時の写真だ!」と盛り上がり、喜ばれますよ。

仲間との思い出

ムービーの内容は、
「新郎の生い立ち」→「新婦の生い立ち」→「出会い」→「二人のシーン」
という流れが一般的です。

プロフィールムービーを自作するコツについては、こちらの記事でご紹介しています。

結婚式・披露宴で流すプロフィールムービーを自作するコツは?

「余興ムービー」について

「余興ムービー」とは、披露宴の余興として上映するムービーのこと。
ゲストが、新郎新婦に向けて作成します。

披露宴の余興はその場で行う場合もありますが、最近ではムービー作品にして上映するというパターンも増えています。

披露宴の余興

ムービーなら、当日披露宴に参加できなかった友人でも、一緒に撮影して参加することが可能!
新郎新婦にとっても嬉しいですよね。

上映時間は、前もって余興の持ち時間を聞いておき、その時間に収まるように作成しましょう。

内容は、例えば歌やダンスをみんなで披露する楽しいムービーや、BGMにのせて、たくさんの友人が新郎新婦へメッセージを伝える「メッセージムービー」も感動的。

ゲストから新郎新婦へのメッセージムービーはもちろん、新郎新婦どちらかが相手に向けて、サプライズでメッセージムービーを贈るのもアリ!

例えば新郎がこっそり新婦の友人に協力してもらい、当日結婚式に来られない友人たちからメッセージ動画をもらい、メッセージムービーを作る・・・なんていう方法もあります。

メッセージムービーのやりとり

新郎新婦にとって、一生の宝物になるムービーですよ。

上映するタイミングは、お色直し後の歓談中が一般的。

友人たちが一生懸命余興をしたり、メッセージをくれたりするムービーの上映は、きっと笑いあり、涙ありの時間になりますね。

余興ムービーを自作するなら?

余興ムービーは友人たちが用意するものなので、新郎新婦は基本的にノータッチ。

新郎新婦どちらかがサプライズとしてかかわる場合は、相手にバレないようこっそり準備に加わりましょう。

どんな内容にするかによって、作業は大幅に変わります。

例えばメッセージムービーなら、遠方に住んでいる人などなかなか会えない人にもメッセージをお願いすると、新郎新婦もさらに驚いて感動してくれそう。

遠方からのメッセージ

遠くの人でも、ムービーなら自分のスマホで動画を撮影してもらい、送信してもらうだけでOK!

そうしてメッセージをたくさん集め、つなぎ合わせれば完成です。

余興ムービーの制作手順が知りたい人は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

結婚式余興ムービーの制作手順まとめ

「レタームービー」について

「レタームービー」とは、感謝を伝えたい相手に、メッセージを贈るためのムービー。
「サンクスムービー」ともいわれ、贈る相手はさまざまです。

例えば新婦から両親へ、「花嫁の手紙」をその場で朗読するかわりに、ムービーで伝えるという演出もアリ。

泣いて読めなくなってしまいそうだけど、気持ちはちゃんと伝えたい・・・という花嫁にもおすすめです。

レタームービーの制作

長さは、実際に花嫁が手紙を読むときの目安と同じで、3分程度がいいでしょう。

他にも、新郎新婦からゲストへの感謝のメッセージ、新郎から新婦(新婦から新郎)へのサプライズメッセージもアリ。

その場で伝えるのももちろん感動的ですが、BGMにのせて映像で伝えるというのも、また違った良さがあります。

花嫁の手紙の場合は、披露宴の終盤、両親への花束(プレゼント)贈呈の前に上映するのが一般的。

ゲストへの感謝やサプライズムービーの場合は、歓談中などもアリでしょう。

レタームービーを自作するなら?

レタームービーを作るなら、BGMと映像も大切!

例えば花嫁の手紙ムービーで子供の頃や両親との写真を流したり、新郎から新婦へのサプライズムービーでは思い出の写真を流したり・・・

子供の頃の思い出

BGMは、どんな雰囲気にしたいかによって選曲しましょう。

映像と音楽の相乗効果で、より感動的にメッセージを伝えることができますよ。

「エンディングムービー」について

「エンディングムービー」とは、披露宴の最後にゲストへの感謝を伝えるムービー。
新郎新婦からゲストへ贈るムービーです。

内容は、主に「ゲストへの感謝」「これからもよろしくお願いします」というメッセージ。

結婚式の様子を写した映像を盛り込む、「撮って出し」といわれるものも人気です。

結婚式を振り返ることもでき、当日のゲストの表情も映し出されるので喜ばれることが多いでしょう。

他にも、友人たちとの写真をゆっくりとスライドショーで映しながら、一人一人に向けたメッセージを流すパターンもあります。

エンディングムービー

ゲスト全員の名前をエンドロールとして流し、まるで映画の終わりのようなムービーに仕上げるのも素敵。

オープニングムービーと雰囲気を揃えれば、まるで披露宴が一本の映画だったかのようですね。

上映するタイミングは、披露宴の最後、新郎新婦が退場してからが一般的。
ただ、ゲストと一緒に観たい場合は、新郎新婦退場前に流す場合もあります。

3~5分ほどにまとめ、ゲストに結婚式の余韻に浸ってもらいましょう。

エンディングムービーを自作するなら?

結婚式当日の様子を流す「撮って出し」がしたい場合は、自作はできません。
その場合は、専門業者にお願いしましょう。

撮って出し以外なら、自作も可能!
写真を使う場合は、披露宴に出席しているゲスト全員が出演できるように写真を選ぶと喜ばれます。

エンディングムービーの自作

ゆっくりとしたテンポでスライドショーをしながら感謝のメッセージを上映すれば、ゲストも、「来てよかったなぁ」と気持ちよく退場できそうですね。

エンディングムービーの作り方は、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

結婚式のエンドロールムービーの作り方!コメント文例とあわせて詳しく解説

では次に、結婚式で上映するムービーを作る方法について見ていきましょう。

ムービーはどうやって作るの?

結婚式でムービーを上映したい場合、作る方法は大きく分けて2つあります。

1 業者に頼む

まずは、専門業者に頼むという方法です。

結婚式場が提携している業者がある場合、そちらに頼むとスムーズ。
結婚式場の上映システムもきちんと把握し、スタッフともマメに連絡が取りあえるので、心配することなくお任せできるでしょう。

ただし、業者の選択肢が限られていることや、外部の業者よりも費用が高額になりがち、というデメリットもあります。

業者の選択

外部の業者を自分で探してお願いすれば、選択肢は無限大。

サンプル映像を観て、「ここがいい!」と思うところにお願いすることができます。
自分の予算に合った業者を選べるのもいいですね。

ただし、結婚式当日に間に合うかどうか、試写をして問題がないかどうかなど、自分たちで確認・行動しなければいけないことも多くなります。

結婚式場によっては、外部の業者が作ったムービーの場合、「持ち込み料」がかかる場合も。
事前に確認しておくと安心ですよ。

2 自作する

ムービーは、もちろん自作することもできます!
最近では動画編集アプリもたくさんあるので、初心者でも自作がしやすくなりました。

業者が作ったムービーより完成度が劣ったとしても、自分たちで作ったら思い入れと達成感も大きいですよね!

ムービーの自作

高額の動画編集ソフトや道具を新調したりしなければ、費用の節約になるのも嬉しいポイントです。

ムービーの作成方法については、こちらの記事もどうぞ。

結婚式のプロフィールムービー、自作?業者にお願い?どうやって用意した?

では、結婚式のムービーを自作する場合の、一般的な作り方を見ていきましょう。

1 構想を練る

まずは、どんなムービーにするのか構想を練ります。
明るい雰囲気にしたいのか、感動を呼ぶようなしっとりした雰囲気がいいのか・・・

何を伝えたいのか、盛り込みたい内容など、ムービーの全体像を決めましょう。

構想を練る

2 素材を用意する

ムービーに必要な写真や動画を選んでまとめておきます。

紙の写真を使いたい場合は、スキャナなどで取り込んでデータ化しておく必要もあります。

スキャナを持っていなくても、コンビニや写真屋さんでスキャンサービスがある場合も。
上手く利用して、節約できるといいですね。

動画に必要なBGM、ムービーに入れたい言葉(コメント)なども用意しておきましょう。

素材を用意する

3 動画を編集する

動画編集アプリ・ソフトなどを使い、素材を組み立てて動画を作成!

決められたテンプレートに写真やコメント、BGMを当てはめていくだけの初心者向けもあれば、一からこだわって作れるものもあります。

自分のこだわりや、レベルに合った方法を選びましょう。

動画を編集する

4 DVDに焼き付ける

できあがったムービーは、DVDに焼き付けておきます。
ただし結婚式場によって、上映システムは違います。

家のレコーダーでは再生できたけれど、会場の設備では再生できない・・・というトラブルも少なくありません。

データをどんな形式で、どんなメディアに焼き付ければいいのか、事前に会場へ確認しておくことが大切です。

複数のムービーを自作する場合は、それぞれ違うDVDに焼くべきか、1枚にまとめるべきかも聞いておきましょう。

形式の確認


では最後に、ムービーを自作する際の注意点についてもお話しします。

ムービーを自作するときの注意点

期間に余裕を持っておく

たとえ動画編集に慣れている人でも、構成を練り、二人分の写真や動画を整理し、BGMを選び・・・となると、なかなか時間のかかる作業です。

慣れていない人ならなおさら、かなりの時間を要すると考えておいた方が無難。

結婚式までは、ほかの準備も色々と重なります。
期間には余裕を持ってスタートしましょう。

時間の余裕

BGMは著作権に注意!

BGMとして使用する楽曲には、「著作権」があることも。
著作権がある場合、自作のムービーに使用したいなら、既定の料金を払わなければいけません。

著作権フリーの楽曲もあるので、それなら使っても大丈夫です。

会場によっては、使える楽曲が決まっていることもあります。
前もって担当スタッフに確認しておくと安心ですよ。

権利の確認

会場の設備を確認しておく

会場によって、上映設備は異なります。

画面の縦横比はどうすればいいのか、どんなサイズ、形式でムービーを作ればいいのかなど、作成前に確認しておくことが大切!

他にも、ムービーの前後に数秒の黒い画面を挿入する必要があるかどうか、メニュー(チャプター)画面を作るかどうかなど、式場によって対応が変わります。

「ムービーを自作したい」ということを伝え、気をつける点がないかどうか確認しておきましょう。

設備の確認

会場で試写させてもらう

結婚式前夜までムービーを作成し、ぶっつけ本番!なんてことはやめておいた方が無難。

家では問題なく再生できても、会場のスクリーンでは「コメントが見切れている・・・」「画像が粗い!」などトラブルが起こる場合もあります。

少なくとも1ヶ月前までには一度完成させ、会場の上映設備で試写させてもらいましょう。

そこで問題があれば直すことができるので、余裕を持って完成させることが大切ですよ。

ムービーの試写

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

結婚式で流すムービーについてご紹介しました。

結婚式で流すムービーの種類はさまざまですが、主な種類はこんな感じです。

〇オープニングムービー
披露宴で新郎新婦入場の直前に流すムービー。

〇プロフィールムービー
二人の生い立ちから出会い、結婚に至るまでの半生をまとめたムービー。

〇余興ムービー
ゲストから新郎新婦へ、余興として上映するムービーのこと。

〇レタームービー
感謝の気持ちを伝えるためのムービー。

〇エンディングムービー
新郎新婦退場後、ゲストへ今日のお礼と、「これからもよろしく」と伝えるためのムービー。

結婚式で流すムービーは、会場提携業者や外部の業者に頼むか、自作するという方法があります。

会場によって上映設備が違うので、自作する場合は前もって会場に、作成の際の注意点を聞いておくと安心です。

ムービーは結婚式当日だけでなく、何度も見返せる大切な宝物になります。
ぜひ素敵なムービーを作って、結婚式を盛り上げたいですね!

SNSでシェア

  • LINEで送る

「写真・ムービー」の他の記事

「写真・ムービー」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る