結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

家内喜多留?長熨斗?初めて知る言葉続出!結納品の基礎知識

音声で聴く!

0:00

0:00

結納の儀式で贈る「結納品」。

普段聞きなれない難しい名前のものが多いですよね。

「家内喜多留?長熨斗?
読み方すらわからない・・・!」

そんなあなたに、結納品とはいったい何か、どんな意味があるのか、結納品の基礎知識をお届けします!

INDEX
結納品ってなに?
数はいくつ?
関東式の結納品
関西式の結納品
地域によってさまざま!結納品の特色

結納品ってなに?

「結納品」とは結納の儀式で、「婚約の証として贈る品物」のことです。

結納品にはいろいろな品物があり、それぞれの品に家庭円満、長寿、子宝など、結婚を祝う、おめでたい意味が込められています。

地域によって、贈られる品目や贈り方が違うのも、結納品の大きな特徴。

かんたんに分けると、「関東式」と「関西式」の2つの形式がありますが、他にも地域の風習により、いろいろな結納品が贈られます。

「関東式」と「関西式」については、また後で見ていきましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

数はいくつ?

一般的に、結納品は9品目揃えるのが正式です。

場合によっては、結納品の種類を減らして7品目や5品目とすることも。

地域によっては逆に、11品目、13品目など、9品目より数が増えることもあります。


ほとんどの地域で共通しているのは、品目数を「奇数」で揃えるということ。

なぜ、奇数なのでしょうか?

これには数字にまつわる「縁起」が関係しています。

昔から、奇数は「陽数」とよばれ縁起の良い数字、偶数は「陰数」とよばれ縁起の悪い数字とされてきました。

結納品はおめでたい贈り物なので、縁起の良い奇数で揃えるわけですね。


では、結納品について、もう少し詳しく・・・
先ほど軽くご紹介した「関東式」と「関西式」の2つに分けて、見ていきましょう。

まずは、関東式の結納品からです。

関東式の結納品

一般的な関東式の9品目がこちら。

①~⑨、それぞれご説明します。

①家内喜多留(やなぎだる)

柳の木でできた酒樽です。家の中に福がたくさん訪れるようにという意味が込められています。

本来はお酒を入れますが、最近では、酒肴料(しゅこうりょう)として、現金を包む場合が多いようです。

②末広(すえひろ)

白い扇子。
扇子は「末広がりの繁栄」、白は「純潔・無垢の心」を表します。

③友白髪(ともしらが)

白い麻紐や麻糸。
夫婦「とも」に、「白髪になるまで」添い遂げられるようにと、夫婦円満や長寿を願う意味があります。

④子生婦(こんぶ)

漢字は違いますが、昆布ですね。

「よろこぶ」の意味が込められています。
また、昆布は生命力が強いことから、子宝の象徴でもあります。

⑤寿留女(するめ)

スルメ。
日持ちがすることと、噛めば噛むほど味が出ることから、「夫婦の末永い縁」を願う意味があります。

⑥勝男節(かつおぶし)

鰹節。
男性のたくましさの象徴です。

⑦金宝包(きんぽうづつみ)

いわゆる「結納金」のことです。

男性側からは、「御帯料(おんおびりょう)」または「小袖料(こそでりょう)」

女性側から結納金を贈る場合は、「御袴料(おんはかまりょう)」という名前で贈られます。

⑧長熨斗(ながのし)

あわびを叩いて伸ばしたものです。
長生きする貝ということから、延命長寿の願いが込められています。

⑨目録(もくろく)

結納品の品目数を記したものです。
結納品の明細書のようなもので、関東式では結納品の1つに数えます。

以上、関東式の一般的な結納品でした。

どれもおめでたい漢字をあてて、縁起のよい意味が込められていましたね!

関東式では、全ての結納品を1つの台の上に載せます。

正式なのは9品目ですが、「家内喜多留(やなぎだる)」と「勝男節(かつおぶし)」を省いて7品目とすることも。

さらに省略する場合は、「寿留女(するめ)」と「子生婦(こんぶ)」を省いて5品目とします。

関西式の結納品

続いて、関西式の9品目です。

画像提供:結納屋さん.com

①家内喜多留(やなぎだる)

関東式の「家内喜多留」と同じ意味があります。
竹飾りと一緒に台に載せます。

②寿恵廣・末広(すえひろ)

関東式の「末広」と同じ意味です。
亀の飾りと一緒に台に載せます。

③小袖料(こそでりょう)

結納金のことです。
地域によっては、「帯地料(おびじりょう)」「帯料」とも。

松飾りと一緒に台に載せます。

④子生婦(こんぶ)

関東式の「子生婦」と同じ意味。
関西式では、俵型にしたものを積んで飾ることが多いようです。

⑤寿留女(するめ)

関東式の「寿留女」と同じ意味です。
子生婦(こんぶ)と同じく、俵型にしたものを積んで飾ることが多いです。

⑥松魚料
(まつうおりょう・しょうぎょりょう)

肴料(さかなりょう)という意味で、食事代のことです。

本来は「めでたい」ということで本物の真鯛を贈っていましたが、現在はその代わりに「肴料」として現金を包む場合が多いようです。

こちらは梅飾りと一緒に台に載せます。

⑦高砂(たかさご)

尉(じょう・おじいさんのこと)と姥(うば・おばあさんのこと)の人形。

おじいさん・おばあさんになるまで二人が添い遂げられるようにと、夫婦円満や長寿を願う意味があります。

⑧熨斗(のし)

関東式の「長熨斗」と同じ意味です。
鶴の飾りと一緒に台に載せます。

⑨結美和(ゆびわ)

婚約指輪。
おめでたい字を当てています。


関西式は、結納品の飾りが豪華なのが特徴。

結納品のひとつひとつに、松竹梅などをかたどった水引を飾り、別々の台の上に載せます。

関東式はまとめて一つの台に載せていたので、ここは違いのひとつと言えますね。

関東式との違いとしては他に、「『目録』を結納品には数えないのが一般的」という点も。

品目数については、正式なのは関東式と同じく、9品目です。

省略する場合は、「寿留女(するめ)」と「子生婦(こんぶ)」を省いて7品目としたり、さらに「高砂(たかさご)」と「結美和(ゆびわ)」を省いて5品目とすることもあります。

結納品の品数については地域や家によっても違いがあるようです。

詳しくはご両親や結納品の販売店などにも確認してみてくださいね。

地域によってさまざま!結納品の特色

「関東式」と「関西式」の結納品。
それぞれに違いがあって、面白いですね!

「関東式」「関西式」以外にも、地域によって異なる風習やきまりがあるようです。

いくつか見てみましょう。

九州地方

九州ならではの結納品として挙げられるのが、「御知家(おちや)」。

お茶の葉のことで、番茶が使われています。

どんな意味が込められているのでしょうか?

「お茶は植え替えられるのが一度きりなので、結婚も一度きりとなるように」

「お茶は染めを早める性質があることから、早く相手の家に染まって馴染むように」

「やせた土地でも根を張り、生き続けることから、困難に負けず力強く暮らすように」

ふむふむ。お茶一つだけで、いろんな意味があるんですね。

九州ではお茶の他にも、

・「家内喜多留」の代わりに、お酒の現物を「角樽(つのだる)」として準備する

・「家喜鯛(やきだい)」として本物の鯛を持参する

なんてこともあるそうですよ!

関西・四国地方

関西式が主となる関西地方でも、地域ならではの結納品があります。

例えば奈良では、「化粧品セット」を品目に加えることが多いそう。


また、四国・愛媛県の松山地方では、昔から

「波喜茂野(履き物)」
「多美(足袋)」

として、花嫁の履き物と足袋を結納品として贈る習慣があるそうです。

現代では、現物に代えて現金を贈ることもあるようですよ。

北陸地方

北陸地方では、結納品に加えて、家族一人ひとりへ「お土産」を持参するのが特徴。

家族以外の親類にもお土産を持っていくのがしきたりですが、最近は簡略化し、現金や商品券を贈ることが多くなっているそうです。


他にも、地域によって決まりごとや風習はいろいろ。

結納品を選ぶ前に、しっかり調べておいたほうが良さそうですね。

まとめ

ひとつひとつに縁起物としての意味が込められている結納品。

「新しい夫婦の幸せと繁栄」を願った品が多かったですね。

また、地域によって結納品の風習はさまざまです。

結納品を選ぶときは、それぞれの地域や家のしきたりを事前に調べておくのが良いですね。

  • LINEで送る

「顔合わせ・結納」の他の記事

「顔合わせ・結納」の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る