結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

そもそも結納って何?どんな意味があるの?

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚にまつわる儀式、「結納」。

「名前は聞いたことがあるけど、くわしくはわからない・・・」

そんな人が多いかもしれませんね。

なんとなく、堅苦しいイメージもありますが、そもそも結納ってなんでしょうか?

どんな意味があるんでしょう?

日本独特の儀式「結納」について、見ていきましょう!

INDEX
そもそも結納とは?
結納の起源と歴史
「結納」の言葉の語源は?
結納をする意味ってなに?

そもそも結納とは?

結納とは、かんたんに言うと、「婚約を公(おおやけ)にする儀式」のことです。

「婚約を公にする」とは、いったいどういう意味でしょうか?

「婚約」とは、二人が将来結婚することを約束すること。

約束だけなので、手続きは必要ありません。

二人がお互いに、「将来結婚しよう」という意思があれば、婚約が成立していると言えます。

ただ、二人の間だけで結婚の意思が確認できていても、それは言わば口約束ですよね。

この、二人だけの口約束である「結婚の約束」を、二人以外の人にも知らせてより確かなものにするという意味があるのが、「結納」です。

結納の儀式をし、結納品のやりとりをすることで、「結婚の約束」を両家の間でも確認します。

つまり、結納は「二人は結婚の約束をした婚約者です」ということを宣言し、確認し合うものです。

他にも婚約を公にする方法には、

・キリスト教徒が、教会で聖職者の立ち会いのもと、神と列席者に誓いを立てる「婚約式」

・「婚約式」を元にし、神ではなく列席した人に婚約の誓いを立てる「人前婚約式」

・婚約したことを周囲の人に知らせる「婚約披露パーティー」

などがあります。

結納とは、日本独自の伝統的な婚約式と言えるかもしれませんね。


また、結納は、二人の婚約を確認するだけではありません。

二人の婚姻によって、両家が新たに結びつくことを祝う儀式でもあるんです。

二人にとってだけでなく、両家にとっても大切な意味のある儀式なんですね。

では、日本の伝統的な結納の儀式は、いつ頃から始まったのでしょうか?

次は結納の歴史について見ていきましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

結納の起源と歴史

結納の起源は、今から1600年ほど前の仁徳天皇(にんとくてんのう)の時代。

仁徳天皇の皇太子が妃(きさき)をむかえる際に、「納采(のうさい)」と呼ばれる儀式を行ったことがはじまりだとされています。

「納采」とは、男性の親が女性の親に贈り物をして、挨拶をすること。

今でも皇室では、一般の結納の儀式にあたる「納采の儀(のうさいのぎ)」が執り行われています。

この結婚の際に贈り物を贈る儀式は、平安時代には貴族の間にも広まりました。

室町時代になると中国の婚礼制度も取り入れながら、武家の間にも広まります。

江戸時代になると、裕福な商家などでも結納・結婚式の儀式が行われるようになりました。

ようやく庶民の間に結納の儀式が広まったのは、明治時代になってからだと言われています。

結納の儀式は、長い歳月をかけて一般に広がってきたのですね。

「結納」の言葉の語源は?

次は「結納」という言葉の語源についてです。

「結納」の語源にはさまざまな説があります。主なものをご紹介しましょう。

語源1

婚礼を申し込むという意味の、「言い入れ」が由来になっているという説。

動詞の「言う」の部分が「ゆう」と変化し、それにともなって「言い入れ」も「ゆいいれ」と変化していきました。

この「ゆいいれ」に「結い納れ」という漢字があてられ、今の「結納」になったという説です。

語源2

婚姻関係を結ぶお祝いの席で、両家がともに飲食する酒と肴(さかな)を、「結いのもの」といいます。

この「結いのもの」が由来となり、「結納」となったという説です。

結納品に酒やスルメ、昆布が使われているのはその名残だという説も。


ほかにも、「『両家を結びつける』という意味の『ゆきひも』が『ゆいのう』になった」など、語源については諸説あるようです。

どれも興味深いですね。

結納をする意味ってなに?

結納は、古代から長い年月をかけて現代に伝わってきたものだ、ということが分かりましたね。

では、結納の儀式を、昔ながらの伝統的な形式で行う意味ってなんでしょうか?

主に4つの意味が考えられます。
ひとつずつ見ていきましょう。

1 気持ちが改まる

先ほどご紹介したように、婚約には何か特別な手続きがあるわけではありません。

「婚約したといっても、何も変わらなくて逆に不安になってしまうなあ・・・」

なんて人もいるかもしれませんね。

その点、結納の儀式を行うと「これで婚約したんだ」と、改めて実感することができます。

二人の気持ちが改まり、結婚に向けて責任感を持つことに繋がるんですね。

2 両家の改まった挨拶の場になる

婚姻によって両家が親戚になるといっても、家それぞれに考え方や習慣は大きく違うもの。

結納は、そんな考え方や習慣の違う両家が、
「これから末永くよろしくお願いします」
と改めて挨拶できる絶好の機会です。

二人の結婚は、両家の親にとっても大切なことです。

結納の儀式を通して親同士がきちんと挨拶をすることで、今後のお付き合いをスムーズに進める第一歩になるかもしれませんね。

3 婚約を周囲に知らせることができる

結納は、「二人は結婚の約束をした婚約者です」ということを宣言するようなものだとご紹介しましたね。

これは家族以外にも同じことで、結納をすることで、お互いの親族、会社の上司や同僚、友人などに、正式な婚約をしたことをお知らせできます。

特に年配の人や目上の人には、

「この前両家で結納を行いました」

と伝えれば、「結婚に向けてしっかり準備を進めているんだな」と、安心してもらえそうです。

4 日本の伝統文化に触れられる

普段はなかなか接することのない、日本の伝統文化を感じられるのも、結納をする意味と言えるかもしれません。

緊張感を持って儀式に臨むことで両家の絆も深まり、いい思い出になりそうですね。

まとめ

結納とは、日本独自の婚約スタイルで、「婚約を公にする儀式」のことでした。

結納ははるか昔から、形を変えながら日本の文化に根付いていったんですね。

日本古来の伝統儀式を行うことは、結婚に対して決意を新たにし、両家が良好な親戚づきあいをするためのきっかけになるようです。

堅苦しく感じるかもしれない結納ですが、日本の伝統文化に触れることのできる貴重な機会。

両家で相談し、結納を行うことも考えてみるといいかもしれませんね。

  • LINEで送る

「顔合わせ・結納」の他の記事

「顔合わせ・結納」の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る