結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

参考になる!結婚式のテーマ・スタイルの種類を一挙紹介

音声で聴く!

0:00

0:00

新郎新婦のミニチュア人形が乗せられたウェディングケーキ

公式インスタグラムはじまりました!

ひとくちに「結婚式」と言っても、内容はさまざま。

選ぶ演出や式場によっても、違いがあります。

結婚式のテーマやスタイルには、どんなものがあるのでしょうか?

結婚式のテーマやスタイルを、挙式の種類や演出など、いろんな切り口でまとめてみました。

INDEX

挙式のスタイルは大きく分けて3パターン

結婚式のなかで、夫婦になるための儀礼としての役割をもつ「挙式」。

まずは、挙式のスタイルにはどんなものがあるのかを見ていきましょう。

挙式のスタイルは、大きく分けて3パターンあります。


3匹の蝶

教会式

教会式は、キリスト教の教えに従い、神と列席者の前で、二人の結婚を宣言する挙式スタイル。

街の教会や結婚式場、ホテルなどのチャペルで挙げることが可能です。

教会の前でキスをする新郎新婦

人前式

新郎新婦が列席者の立会いのもとで結婚を誓う挙式スタイルを、人前式といいます。

ガーデンでのフラワーシャワー

宗教や形式にとらわれず、二人の好きな場所や衣裳で挙げられるのが特徴。
式次第や演出も自由に決められるんですよ。

結婚式場やホテル、ゲストハウスなどで行えます。

神前式

神前式は、神社や神殿で執り行う、日本の伝統的な挙式スタイルです。

和装の新郎新婦

「花嫁行列」や「三々九度」など、様々な儀式を通して、日本古来の神々に結婚を誓います。

神社のほか、神殿を併設した結婚式場やホテルでも挙げることが可能。

実は、日本の結婚式のほとんどがこの3つのうちいずれかで行われています。

挙式はどの形式で行いましたか?アンケート結果ブラフ「結婚スタイルマガジントレンド調査2018」より

挙式のスタイルには、他にも仏様とご先祖様の前で結婚を報告する「仏前式」や、茶道の精神を取り入れた「茶婚式」などがあります。

「いろいろな挙式スタイルについて、もう少し詳しく知りたいな」という人は、こちらの記事を読んでみてくださいね。

【挙式スタイル】教会式・神前式・人前式…5つの特徴を徹底比較!先輩花嫁はどれを選んだ?

和婚の新しいカタチ、「茶婚式」ってどんなもの?

式場掲載数日本NO.1結婚式場予約サイト 結婚スタイルマガジン

最大20万円分ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

結婚式のスタイルにはどんなものがある?

つづいて、結婚式全体のコンセプトを切り口に、さまざまなスタイルをご紹介していきますね。

リゾートウェディング

その名のとおり、国内外のリゾート地で挙げる結婚式のこと。

国内では、定番の沖縄や北海道のほか、最近では都心から近い軽井沢や那須高原なども人気です。

海外だと、ハワイやグアム、タヒチ、ヨーロッパなどを選ぶカップルが多数。

ビーチを歩く新郎新婦

海外ウェディングの場合は、日本に帰った後に改めて友人や同僚などにお披露目するためのパーティーを行うカップルもいるようです。

リゾートウェディングについては、こちらの記事で詳しく取り上げています。

沖縄、グアム、ハワイで結婚式!リゾートウェディングの魅力やデメリットって?

ナイトウェディング

ナイトウェディングとは、夕方ごろから夜にかけて行う結婚式のこと。

キャンドルを使ったライトアップや花火など、ロマンチックで大人っぽい結婚式ができますよ。

夕方のビーチに設けられた結婚式の会場

こちらの記事では、ナイトウェディングの注意点やドレスの選びかたなどを紹介しています。

ナイトウェディングとは?魅力やおすすめ演出、気になる相場や注意点まで徹底解説!

フォトウェディング

フォトウェディングは、結婚式を挙げないカップルが、入籍記念に写真を撮影するもので、「写真だけの結婚式」とも呼ばれています。

結婚式をしなくても、婚礼衣装を着て素敵な写真を撮ることができます。準備の手間も少ないので、忙しい二人にもぴったり。

フォトウェディングとは?費用からメリット、人気スポットやスタジオの探し方まで紹介!

カメラとフォトウェディングの写真

結婚スタイルマガジンではフォトウェディングができる撮影スタジオを紹介しているので気になる人はぜひ覗いてみてください。

結婚スタイルマガジン - フォトスタジオを探す

実際にフォトウェディングをした先輩カップルの写真もたくさん掲載されているので参考になりますよ。

少人数ウェディング

ゲスト数が30名くらいまでの結婚式を少人数ウェディングといいます。

大切な人たちとアットホームな時間を楽しめるのが魅力。

少人数ウェディングのうち、特に家族や親友など親しい人のみを招く結婚式は、「ファミリーウェディング」とも呼ばれます。

少人数ウェディングの様子

費用や演出など、少人数ウェディングのことをもっと詳しく知りたい人はこちらをチェック!

結婚スタイルマガジン - 少人数OKの式場探し

少人数ウェディングにおすすめの会場やレストランの紹介もしています。

少人数でも最大20万円分の「ご祝儀」がもらえるお得な特典もあるので、気になる人はぜひ覗いてみてください。

2部制ウェディング

2部制ウェディングでは、ゲストを2組に分けて、披露宴を2回行います。

1回目は、家族や会社の上司を中心としたフォーマルな披露宴。

2回目は友人を中心としたカジュアルな披露宴をすることが多いようです。

会費制ウェディング

お金を払うゲスト

ゲストに、ご祝儀のかわりに定額の「会費」を払ってもらうスタイルの結婚式です。

多くのゲストを気軽に招待できることや、自由度の高いことから注目されてきています。

北海道や青森ではポピュラーな形式だそうですよ。

詳細はこちらの記事をどうぞ。

「会費制結婚式」とは?メリット・デメリットを徹底調査!会費の相場や費用、引き出物についても解説

マタニティウェディング

マタニティウェディングは、妊娠中、もしくは出産後に子供と一緒に結婚式を挙げることを言います。

妊娠中の新婦

特に妊娠中の場合、体調面やドレス選びにも注意が必要です。
マタニティウェディングにしっかり対応できる会場を選べば、スタッフがしっかりサポートしてくれますよ。

授かり婚にやさしい結婚式場の選び方とは?意識したい5つのポイントを紹介

エシカルウェディング

エシカルウェディングは、自然環境や人々の暮らしに配慮したアイテムを使った結婚式です。
エコロジカルなスタイルとして、近年注目を集めています。

たくさんの食材や衣料にお金をかけることになる結婚式だからこそ、こうした姿勢は大事にしたいですね。

地球や人にやさしい「エシカルウェディング」ってどんなもの?

ちょっと個性的なスタイル2選

結婚式には、他にもいろいろなものがあります。

ダーズンローズウェディング

新郎から新婦へ、愛の証として12本のバラのブーケを贈り、ゲストの前であらためて愛の告白をします。

新婦は「はい」の返事に、一輪のバラを抜いて新郎の胸に挿し返すセレモニーです。


夕日が見える場所で、一輪のバラを差し出す新婦

なんともロマンチックですね!

人前式の演出としても、近年人気を集めています。

ゴスペルウェディング

ゴスペルとは、キリスト教プロテスタント系の宗教音楽のことです。

プロのゴスペル歌手を挙式に呼び、歌ってもらうのが「ゴスペルウェディング」。各地の式場で取り入れられています。

迫力ある歌声に包まれた、感動的なセレモニーになるでしょう。

ゴスペル隊

こんな場所での結婚式も!?

最後に、意外な「場所」で挙げられる結婚式スタイルを3つお届けします。

アトリウム・ウェディング

アトリウム・ウェディングは、ホテルのエントランスやアトリウムを舞台にした結婚式です。

ホテルのアトリウムチャペル

多くの人々が行きかうエントランスやアトリウムでの挙式は、特別感たっぷり。

通りすがりの人も新郎新婦を祝福してくれますよ!

スタジアム・ウェディング

最近では、結婚式ができる野球場やサッカー場も登場しています。

スポーツ好きのカップルにはたまりませんね。

スタジアムの芝生で踊る新婦

クルーズ・ウェディング

結婚式の舞台はなんと、クルーズ船のオープンデッキ!

クルーズ船

挙式スタイルは、「人前式」を選ぶカップルがほとんど。船長立ち合いのもと、列席者の前で結婚を誓います。
さわやかな風を受けながら水の上を進む・・・解放感いっぱいの結婚式になりそうですね。

個性的な結婚式はほかにもたくさん!こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

もはや何でもアリな「オリジナル結婚式」がアツい!その実態とは!

※「結婚スタイルマガジン」トレンド調査2018
結婚に関するWEBアンケート調査
調査対象:入籍3年以内の男女
調査時期:2018年7月
対象人数:1000人

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイトだって知ってた?

最大20万円分ご祝儀もらえる!

まとめ

いろいろな切り口から、結婚式のテーマやスタイルをご紹介しました。

結婚式には、様々なテーマやスタイルがあるんですね。

結婚式準備を進める時には、二人で話し合って、ぴったりのスタイルを見つけてくださいね!

SNSでシェア

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る