結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

和婚の新しいカタチ、「茶婚式」ってどんなもの?

音声で聴く!

0:00

0:00

近年、和風スタイルの結婚式の人気が上昇しつつあります。

「和婚」にも種類はありますが・・・

今回お届けするのは、日本の伝統文化である茶道を取り入れた「茶婚式」について。

茶道をどのように結婚式に取り入れたのでしょうか。

茶婚式の特徴や、どんなことをするのか、費用についても解説します!

INDEX
茶婚式とは
どこで茶婚式が挙げられる?
茶婚式の流れ
茶婚式のいいところ
茶婚式にかかる費用

茶婚式とは

茶婚式は、「ちゃこんしき」と読み、茶道の精神や作法にのっとって行う結婚式です。


茶道の精神や作法と聞くと、難しそうに感じるかもしれませんが・・・

よく挙げられる「一期一会(いちごいちえ)」と「和敬清寂(わけいせいじゃく)」は知っておいてもいいと思いますよ。

「一期一会」とは、人との出会いを一生に一度の機会だと捉え、相手に誠意を尽くすこと。

「和敬清寂」とは、主人も客人もお互いに敬意を示し、雰囲気をよくすること。

茶道の作法にのっとり、正座で行われることが多いですが、椅子に座って行うスタイルもあるようです。

正座が苦手な人や、お年寄りがいる場合は、椅子を用意してもらえる会場を選ぶと良さそうですね。


また、宗教の要素がないのも特徴のひとつ。

特定の宗教観に左右されることがない点は、式の参列者に結婚を誓う「人前式」と同じですね。

一方で、茶道の精神を取り入れ、作法にのっとることで、神社で行う「神前式」のような和の格式が保たれています。

人前式と神前式のいいとこどりをしたと考えてもいいかもしれません。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

どこで茶婚式が挙げられる?

次に、茶婚式を挙げられる「場所」について。


やはり茶道を取り入れているため、茶室が併設されている日本庭園や料亭、ホテルで挙げられることが多いようです。

また近年、和婚が注目されていることもあってか、結婚式場でも茶婚式に対応するところが増えてきています。

もちろん、どこの会場でもできるというわけではないので、気になったらまずは事前に調べましょう。

茶婚式の流れ

それでは、茶婚式はどのように進めていくのでしょうか。

人数や会場によって多少変化するものの、ここではよくある例の1つとして、

「茶室で行われる、参加人数15人ほどの茶婚式」の流れをご紹介します。


1 参列者・新郎新婦着席
まずは両家の親族と、お茶を点ててくれる茶人、式を進める司会者が着席し、続いて新郎新婦が着席します。

2 濃茶点前(こいちゃてまえ)
茶人が、お茶を点てます。

他の挙式スタイルでは見ることのない、茶婚式ならではの光景と言えますね。


3 夫婦で契りを交わす
茶人が点てたお茶を夫婦で飲み交わします。

このとき飲むお茶は、「濃茶(こいちゃ)」という種類のもの。

濃茶には抹茶のなかでも特に上質なものが贅沢に使われます。お椀も模様の少ない、格式高いものが使われるのが一般的。

お茶を飲み交わしたあとは、新郎新婦が互いに誓いの言葉を、親族一同の前で読み上げます。


4 両家交流
新郎新婦も含めた全員で、茶人が点てたお茶と、お茶菓子を食べながら交流を楽しみます。
さながらお茶会のようですね!

両家交流の時は「薄茶」と呼ばれる、濃茶より少し薄めのお茶が振る舞われることが多いそうです。


5 指輪の交換
新郎新婦がそれぞれ指輪を交換します。いよいよ式もクライマックスです。

6 新郎新婦 両家両親一礼、退席
以上で終わりです。
神前式と進行の順番はよく似ていますが、茶婚式はよりシンプルになっています。

ただ、式場やホテル、プランナーによって順番が前後したり、もしくは省略されたりすることもあるようです。

茶婚式のいいところ

茶婚式ならではのいいところは、どんなところでしょうか?

茶婚式は、茶室という小さな空間で行われることが多いため、両家の距離が縮まりやすく一体感が生まれやすくなっています。

また、厳かな中でも、茶菓子を食べたり、お茶を出席者全員で味わったりすることで、仲が深まりやすいという特徴も。


式場によっては、格式ある茶室や椀を使えることもあるようです。

日常では触れられない日本文化に触れられるのも魅力の1つと言えそうですね。


式の進行も比較的シンプルなため、新郎新婦も出席者も、気楽に参加しやすいはず。

また、和婚スタイルで代表的な「神前式」ではお神酒(おみき)を飲みますが・・・

茶婚式はお茶なので、お酒が苦手な人にも優しい式だと言えますね。

茶婚式にかかる費用

最後に気になる費用です。


「茶室を借りたり、茶人に来てもらったりしないといけないから高そう・・・」

と思っている人が多いのではないでしょうか?

実は、茶婚式の費用は15万円くらいが平均の相場。

この15万円に、茶室を借りる場合の使用料や挙式進行料も含まれていることが多いようです。

キリスト教式や神前式、人前式など、他の挙式スタイルより、費用を抑えられそうですね。

ただし、和装で行うのが基本なので、着物のレンタル・着付けや髪のセットにもお金がかかるという点には気をつけましょう。

※「結婚スタイルマガジントレンド調査2018
結婚に関するWEBアンケート調査
調査対象:入籍3年以内の男女
調査時期:20187
対象人数:男性500人 女性500

まとめ

日本の伝統である茶道を取り入れた茶婚式。

茶道と聞くと敷居が高いと感じたかもしれませんが、意外と気軽に行えそうな内容だったのではないでしょうか?

神前式のような和の格式を保ちつつ、お茶を飲み交わすことで温かみを感じられるのは、茶婚式ならではの特徴かもしれません。

興味が湧いたというあなた、ぜひ茶婚式を検討してみてはいかがでしょうか。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る