結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

地球や人にやさしい「エシカルウェディング」ってどんなもの?

音声で聴く!

0:00

0:00

近年、「地球や人にやさしい」をテーマにした「エシカルウェディング」が知られるようになってきました。

しかし、地球や人にやさしい結婚式とは、どのようなものなのでしょうか?

「エシカルウェディング」の特徴や、良いところ、エシカルウェディングの要素を取り入れるための工夫をご紹介します。

INDEX
エシカルウェディングとは
おいしく「エコ」
作る人も着る人も幸せに
地球にもやさしい幸せのおすそ分け
たとえ小さな工夫でも
エシカルウェディングのいいところ

エシカルウェディングとは

さて、「エシカルウェディング」を説明する前に・・・

「エシカル」とは人や環境を大切にすることで、「社会に貢献しよう!」という考え方のこと。

「エシカルウェディング」とは、「地球や人にやさしい」というコンセプトに基づいた結婚式のことを言います。

と説明されても、どのように結婚式にエシカルの要素を取り入れればいいのでしょうか?

それでは、「エシカルウェディング」を取り入れるための一工夫を見ていきましょう!

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

おいしく「エコ」

まずご紹介するのは、ゲストと一緒に楽しむ食事での工夫。

単純ではありますが、食事で使われる材料を、オーガニックの食材にするというもの。

「オーガニック」とは、有機栽培とも言われ、化学肥料や農薬に出来るだけ頼らずに栽培する方法のこと。

化学肥料や農薬を使わない分、育てる手間はかかりますが、環境にはとてもやさしいようです。


また、地元で結婚式を挙げるのであれば、披露宴の料理に地元の食材を使うという工夫も。

地元の食材を使えば、遠くから食材を仕入れるのに比べて、輸送の距離が短くなります。

その分、輸送に使う車などからの二酸化炭素や大気汚染物質が減り、小さなことではありますが、エコに貢献できるというアイデアです。

地元にゆかりのある食材を使った料理は、ゲストにも喜んでもらえそうですね。

作る人も着る人も幸せに

次にご紹介するのは、ウェディングドレスでの工夫です。

ウェディングドレスを「フェアトレード」された素材を使用したものにしてみましょう!

「フェアトレード」とは「公平な貿易」のこと。

開発途上国から商品を「適切な値段で」「継続的に購入する」ことで、開発途上国の人々をサポートしようというものです。

さらに、フェアトレードされた素材は、さきほど説明したオーガニックの素材であることがほとんど。

多くの場合、ドレスを染めるのにも化学物質ではなく、草木からとれる色素を使います。

ドレスはもちろん、一緒に身につけるアクセサリーをフェアトレードの製品にしてもいいですね。


さらには、ドレスのリメイクをする人も。

丈を詰めたり、染め直しを行うことでリメイクしてパーティー用のドレスにしたり、赤ちゃんのおくるみにしたり・・・

結婚式で一度きりしか着ないことの多いウェディングドレスを、もう一度使えるなんてエコで素敵ですね!

地球にもやさしい幸せのおすそ分け

「エシカル」のアイデアとして既にご紹介した、「オーガニック」な食材や「フェアトレード」素材のドレス。

食材やドレス以外にも、「オーガニック」や「フェアトレード」の品物はあります。

それらをゲストにお渡しする引き出物やプチギフトとして取り入れる人も。

具体的には次のようなものがあります。

○オーガニック
・紅茶
・クッキー
・キャンドル
・石けん

○フェアトレード
・コーヒー
・チョコレート
・ランチョンマットなどの織物

他にも、玄関マットや手編みのバスケット、エコバッグなどもあるようです。

デザインも多くの種類があるので、検討してみてはいかがでしょうか?

たとえ小さな工夫でも

結婚式を彩る小道具も工夫することができます。

たとえば、新婦のメイクに使う化粧品をオーガニックのものにすることもエシカルに繋がります。

ブーケをプリザーブドフラワーやドライフラワーで作れば、結婚式のあとも楽しむことができそう。

他にも、招待状や席次表を再生紙で作ったり、会場の飾り付けをフェアトレードの製品で行うのもいいですね。

ささやかなことのように思えますが、これらも立派な「エシカル」です。

エシカルウェディングのいいところ

エシカルウェディングならではのいいところとはどんなところでしょうか?


それは、二人だけでなく、たくさんの人々に幸せが続いていくところ。

ふたりの思いをゲストが知れば、結婚式が終わってから、ゲストも「エシカル」を意識するようになるかも。

さらに、フェアトレードを通じて開発途上国の人々への応援や、環境にやさしいオーガニックなど・・・

新郎新婦やゲストはもちろんのこと、結婚式を通じて世界中の人と幸せの輪が繋がるんですね!

まとめ

地球や人にやさしい「エシカルウェディング」。

少し難しく感じたかもしれませんが、ドレスから食事、飾り付けなど工夫の方法はさまざま。

大事なことは工夫の大小ではなく、地球への、人への気遣いだと言えそうです。

いろいろな工夫の中から、無理することなく、できそうなものを取り入れることが大切なのではないでしょうか。

  • LINEで送る

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る