結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

増えている「少人数結婚式」ってどんなもの?メリットやデメリットは?

年々挙げる人が増えている「少人数結婚式」。

少人数結婚式は、人数が多い一般的な結婚式とどんな違いがあるのでしょうか。

メリット・デメリットを中心に、少人数結婚式を挙げる際に工夫したいポイントをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

INDEX
少人数結婚式とは
少人数結婚式ならではのメリット
デメリット&工夫のコツは?

少人数結婚式とは

「少人数結婚式」とは、数名~30名ぐらいの人数で挙げる結婚式・披露宴のことです。

ゲストは家族や親戚、親しい友人など、新郎新婦と近い間柄の人を招待することが多いよう。

「少人数ウェディング」や「ファミリーウェディング」と呼ばれることもあります。

少人数結婚式では、

・一般的な「挙式+披露宴」スタイル

のほか、

・披露宴の代わりにレストランなどで食事会をおこなう「挙式+食事会」スタイル

も人気です。

では、少人数結婚式にはどんなメリットがあるのでしょうか?

さっそく見ていきましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

少人数結婚式ならではのメリット

1 ゲストへのおもてなしがしやすい

先ほどご紹介したように、少人数結婚式ではゲストの人数は30名くらいまでと少なめ。

さらに家族や親しい友人など、新郎新婦と近い関係にあるゲストが中心です。

そのため、ゲストの雰囲気や好みに合わせたおもてなしを考えやすいのがメリットと言えそうです。

例えば、

「年齢が高めのゲストには、お箸で食べられる和食中心のほうがいいかな」

「お酒好きの親戚が多いから、ビールやワインだけじゃなく、日本酒も何種類か用意しよう」

など、個別に料理を準備したり、ドリンクにさりげなく気を配るのもGOOD。

ゲストそれぞれに引き出物を選んで手渡ししたりするのもいいですね。

また、一般的な結婚式よりもプログラムや演出を少なくすることが多いため、ゲストと接する時間を多く持てるのも少人数の結婚式ならでは。

・新郎新婦とゲストが同じテーブルに座り、一緒に食事や会話を楽しむ

・新郎新婦がゲストのテーブルにお酌して回ったり、ゲスト一人ひとりと写真を撮ったりする

など、せっかくの時間の余裕を活かしてみんなと触れ合うのもオススメです。

2 アットホームな雰囲気で挙げられる

通常の結婚式では、大勢のゲストを前に緊張してしまう新郎新婦もいるようです。

しかし、そんな新郎新婦でも、気心が知れた家族や友人が中心の少人数結婚式ならリラックスして臨めそう。

・新郎が緊張してあいさつの内容を間違えてしまっても、ゲストから笑いが起きて和やかな雰囲気になった

・ゲストから一言メッセージをもらうシーンでは、新郎新婦も思わずゲストと一緒に泣いてしまった

など、温かいムードになりやすいのも少人数結婚式ならではですね。

披露宴の初めに新郎新婦や司会者からゲストを紹介する時間を設けると、ゲスト同士もより打ち解けやすくなりますよ。

3 準備が比較的ラク

「結婚式の準備はなんだか大変そう」というイメージを持っている人も多いかもしれません。

でも少人数結婚式の場合、招待状や料理、引き出物など、ゲストのために手配しなければならないものは一般的な結婚式よりも少なめ。

ですので、それぞれ内容を決めたり注文したりするのが比較的ラクになります。

ゲストの席次も人数が少なく決めやすいのもポイントですね。

さらに、招待状などのペーパーアイテムを手作りする場合でも、準備するボリュームが少ない分、準備にかかる期間も短くてすみます。

ゲスト数が多い結婚式では、準備に半年~1年ほどかかることも多いもの。

それが少人数結婚式の場合、式場や人数にもよりますが、だいたい2~3ヶ月程度の準備期間で挙げられるようです。

「なるべく早く式を挙げたい!」

「結婚式準備の負担を軽くしたい」

という人にはありがたいメリットですね。

デメリット&工夫のコツは?

色々なメリットがある少人数結婚式ですが、デメリットもあります。

対策とあわせてしっかりチェックしておきましょう。

1 会場が限られることも!?

結婚式場の中には100人ほど入るような広い会場しかなかったり、「○○名以上で利用可」など人数に条件があったりするところもあります。

式場内に広さが違う会場が複数ある場合、会場毎に目安の人数が決まっていることも多いです。

ゲスト数に対して会場が広すぎると、どこか寂しい雰囲気になってしまうもの。

少人数でも対応可能な式場や、貸切できるレストランを選ぶなど、人数に合った会場を選ぶようにしましょう。

2 盛り上がりに欠けるかも?

ゲストと食事や会話を楽しむことをメインにするスタイルも良いですが、食事と歓談だけでは盛り上がらなかったり間が持たなかったりすることも・・・。

そんな心配がある場合は、

・ケーキカットなど定番の演出を入れる

・スクリーンが使える会場を選び、映像の演出を用意する

・歌や楽器の演奏といった余興をゲストやプロにお願いする

などの準備をしておくとGOOD!

 

司会を立てて、適宜ゲストに話を振ってもらうなど上手に場を盛り上げてくれるようお願いするのもひとつの手です。

3 費用の自己負担が多くなることも?

少人数結婚式は通常の式と比べて、料理や引出物などゲストにかかる費用は比較的少なめです。

でも、結婚式には「会場費」や「衣裳代」、「装花代」など、ゲストの人数に関係なくかかる一定の費用があります。

ゲストの人数が少ないからと言って、単純にすべての費用が抑えられるわけではないんですね。

また、ゲスト数が少ない分、いただくご祝儀の総額も少なめに。

一般的に結婚式では、結婚式・披露宴にかかる総額から、ご祝儀の総額を引いたものが新郎新婦の自己負担額になります。

式場に支払う結婚式全体の費用は抑えられたとしても、ご祝儀の総額や、演出の内容によっては、新郎新婦の自己負担額が多くなってしまうことも・・・。

少人数結婚式に対応したプランを提供している式場もあるので、事前にしっかり見積もりやシミュレーションをして、予算を考えておきましょう。

まとめ

少人数結婚式とは、家族や親族、親しい友人など新郎新婦と近しいゲストを招いて行うスタイルです。

人数が少ないため「ゲストへのおもてなしがしやすい」、「準備がラク」、「アットホームな雰囲気になりやすい」などのメリットがありましたね。

一方「会場探し」や「式や披露宴の盛り上がり」、「費用面」では気になることも・・・。

お伝えした対策も参考にして、素敵な少人数結婚式になるよう検討してみてくださいね。

  • LINEで送る

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る