結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

親族中心で過ごす「食事会スタイル」結婚式のつくり方

音声で聴く!

0:00

0:00

最近人気の「食事会スタイル」の結婚式。

「参加するのは家族や親戚のみだけど、招待状は必要?」

「プログラムや演出はどうすればいいの?」

そんな疑問にお応えして、「食事会結婚式」のつくり方のポイントをお届けします!

INDEX
「食事会スタイル」の結婚式とは
招待状は必要?
服装はどうすればいい?
費用は?ご祝儀は受け取る?
引き出物はどうする?
おすすめプログラム&演出3選

「食事会スタイル」の結婚式とは

「食事会スタイル」の結婚式とは、親族などの近しい人が集まって、レストランや料亭などで食事を楽しみながら結婚をお祝いする式のこと。

「食事会結婚式」、「食事会ウェディング」とも呼ばれています。

挙式をするかしないかについては特に決まりがなく、

・挙式+食事会
・食事会のみ

の両方のパターンがあります。

最近は食事会の前に教会や神社など、別の場所で式を挙げるプランが人気のようです。

ホテルなど、会場内に挙式会場とレストランがあるような結婚式場を選んで、挙式と食事会を同じ場所で行うケースもあります。

一般的な披露宴と比べると、演出や会場の装飾は控えめにする人が多いよう。

食事会スタイルを選ぶ理由としては、

「新郎新婦ふたりで高砂(たかさご)に座って、たくさんのゲストに注目されるのが恥ずかしい」

「これからお世話になる親戚とゆっくり話したい」

などがあります。

一方で、司会者を立てたり演出をたくさん入れたりして、披露宴とほとんど変わらないような食事会を行うカップルも。

決まった型がないので、自由度が高いのが特徴なんですね。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

招待状は必要?

「ゲストは全員親戚だし、人数も少ないから招待状はいらない?」

と思った人もいるかもしれませんが・・・

できれば招待状は用意したほうがベター。

・ゲストが日時、場所を確認できるように
・きちんとした印象を持たせるため

の2つが主な理由です。

場所については、会場までの地図を同封すると親切ですね。

ゲストの服装についても「平服」か「正装」か、一言添えておきましょう。

送り先は、親族であれば世帯ごとでOKです。

服装はどうすればいい?

食事会結婚式での新郎新婦の服装は、新郎がスーツ、新婦は振袖かワンピースが多いようです。

「挙式の有無」や「食事会の会場の雰囲気」にもよりますが、挙式を行ってドレスや白無垢を着る場合でも、食事会では着替えることが多いよう。

特に式場と食事会の会場が離れている場合は、移動もあるため着替えるほうが自然かもしれませんね。

また、特に決まりのない食事会結婚式では、ゲストも何を着ればいいか迷いがち。

「新郎新婦の衣裳にあわせてゲストも正装」
「新郎新婦は正装でもゲストは平服でOK」

など、事前にゲストに伝えてあげましょう。

両家の服装の格を合わせるとスマートですよ。

費用は?ご祝儀は受け取る?

食事会の費用は、通常の披露宴よりは低めの傾向はあるものの、「会場」や「人数」によってかなり幅があります。

目安としては、数名~30名程度で20~200万円ぐらいになることが多いようです。

やりたい演出などによっても金額は変わってきますので、会場に問い合わせてみると良いですね。


また、食事会スタイルの結婚式であっても、ご祝儀は一般的な披露宴と同じように受け取ることが多いよう。

親族中心になることの多い食事会結婚式ですが、親族ゲストのご祝儀の相場は一般的に高め。

「準備したおもてなしに対してご祝儀をいただきすぎてしまった!」

と後から恐縮しないように、ご祝儀に見合うような料理にしたり、引き出物を用意したりするといいかもしれませんね。

では、この引き出物について、続けて見ていきましょう。

引き出物はどうする?

披露宴では引き出物を用意するのが一般的ですが、食事会でも引き出物は渡すものなのでしょうか?

親族中心の食事会をしたカップルの中には、「引き出物を準備した」人と「引き出物はなしで、別途お祝いのお返しを贈った」人の両方がいるよう。

先ほども触れたように、食事会スタイルであってもゲストからご祝儀を受け取ることが多いです。

食事会の内容にもよりますが、

「ご祝儀も頂くのに食事だけのおもてなしでは申し訳ないかも・・・」

と迷うなら、引き出物を用意すると良いかもしれませんね。

人数が少ない食事会結婚式ならではのおもてなしとして、ゲスト毎に引き出物を選ぶのもGOOD。

心のこもった引き出物はゲストにも喜ばれそうですね!

おすすめプログラム&演出3選

プログラムはあったほうがいい?

親族中心の食事会結婚式は、演出も少ないことが多いため、一般的な披露宴のような細かいプログラムは必須ではありません。

ただ、大まかにでもプログラムを用意しておくと、会の流れにメリハリがつきます。

プログラムの一例を見てみましょう。

○プログラム例

時間は食事会のみで2~3時間ほどが目安です。

両家の家族の意見もふまえて、演出を増やしたり順番を変えたり自由にアレンジしてみてくださいね。

おすすめの演出3選

特に演出を入れずに、和やかに歓談しながら過ごすのもアリですが、やや盛り上がりに欠けることもあるかもしれません。

そんなときにオススメの演出を3つご紹介します。

○ケーキカット
ケーキカットは結婚式の定番の演出なので、簡単にウェディングムードを出すことができます。

ケーキカットをした後に二人でケーキを食べさせ合う「ファーストバイト」をするのもGOOD。

会場がレストランなら、オリジナルのウェディングケーキを用意してみんなで美味しいケーキをいただくのも楽しそうですね。


○アルバム・プロフィールムービー
二人やゲストの写真で作ったアルバムをテーブルに置いたり、スライドショーのような形にまとめてムービーで流したりします。

二人の幼い頃の写真をのせればゲストもほっこり和むはず。

子どもから大人になるまでをまとめて、お互いの成長の様子を知ってもらうのもいいですね。

ゲストと一緒に撮った写真もおすすめ。
「あのときは○○だったね~」と懐かしい思い出話で盛り上がるかもしれません。


○ゲスト全員からメッセージ
両家の親族紹介をかねて、出席者全員から一言ずつメッセージをもらうという演出です。

ゲストが大勢いる披露宴だと時間的にもなかなか難しいですが、親族メインの食事会結婚式ならそれも可能。

一人一人自己紹介をしてもらうことでゲストの人となりが分かり、その後話しやすい雰囲気になりますよ。

まとめ

食事会結婚式についてご紹介しました。

親族中心の食事会スタイルの結婚式は、一般的な披露宴と比べると演出や会場の装飾は控えめ。
ゲストと食事を楽しみながら親睦を深めます。

プログラム例や演出アイデアを参考に、素敵な食事会結婚式を考えてみてくださいね。

  • LINEで送る

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る