結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

「二人だけの結婚式」ってどんなことするの?費用やメリットは?

結婚式は必ずゲストがいないといけないものではありません。

「二人だけ」の結婚式も可能なんです!

では、「二人だけの結婚式」では具体的にどんなことをするのでしょうか?

普通の結婚式との違いは?

「二人だけの結婚式」のメリット・デメリット、気になる費用について解説します。

INDEX
「二人だけの結婚式」ってどんな式?
「二人だけの結婚式」のメリットは?
「二人だけの結婚式」のデメリットは?
人気のスタイルと費用

「二人だけの結婚式」ってどんな式?

「二人だけの結婚式」とはその名のとおり、

「家族や親戚、友人ゲストなどを呼ばずに新郎新婦だけで挙げる結婚式」

のこと。

ゲストがいないので披露宴もなく、挙式のみ行うケースが多いようです。

では、二人だけで挙式する場合、ゲストがいる通常の式と比べてなにか違いはあるのでしょうか?


たとえば一般的な教会式(キリスト教式)の場合。
式の進行はだいたい次のような感じです。

二人だけの結婚式でも、挙式の流れは、基本的に通常の挙式と同じです。

ただ、ひとつ大きく違うのが「入場」のシーン。

通常の挙式の場合、父親が新婦と腕を組んでバージンロードを歩くのが一般的ですが、二人きりの場合はそれはできませんよね。

ですので、新郎新婦二人で一緒に入場したり、通常の式のように新郎は祭壇などの前で待ち、新婦が一人で入場したりすることになります。

ほかには、「お互いに宛てた手紙を読み上げる」といった演出を取り入れるなど、挙式の流れを自由にアレンジする場合もあるようです。


では、「二人だけの結婚式」を挙げるメリットは、どんなものがあるのでしょうか。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

「二人だけの結婚式」のメリットは?

1 結婚式の場所や日取りを決めやすい

メリットのひとつめは、なんと言っても場所と日程が決めやすいこと。

通常の結婚式では、招待するゲストの人数や住んでいるエリアなどから、会場の広さやアクセスを考えて会場探しをしなければいけませんよね。

それが二人だけなら、海外など多少離れたところでも好きな場所を選びやすくなります。

日程についても、ゲストを呼ぶ式ではなるべく多くの人に参加してもらえるよう休日を選ぶことが多いですが、二人だけなら都合がつけば平日でもOK。


「予約が取りにくい人気の会場も平日なら予約が取れた!」なんてこともあるかもしれませんね。

2 結婚式の準備がラク

「二人だけの結婚式」の場合、一般的に披露宴を行わないため、招待状や席次表を作ったり、引き出物を手配したりという準備がありません。

準備期間もゲストが多い結婚式では半年ほどかかることもありますが、二人だけの式ではだいたい3ヶ月以内と短めです。

「仕事が忙しくて結婚式の準備にあまり時間をかけられない」

「なるべく早く式を挙げたい」

というカップルにとっては嬉しいメリットですね。

「二人だけの結婚式」の結婚準備スケジュールについて詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

最短1週間!?「二人だけの結婚式」の結婚準備スケジュール!

3 人目を気にせず結婚式を楽しめる

「親や友人の前で誓いのキスをするのは恥ずかしい・・・」

「みんなの注目を浴びるのは苦手。新郎のスピーチや花嫁の手紙なんて絶対無理!」

という人も中にはいるようです。

そんなカップルも、二人だけなら人目を気にせず結婚式を楽しめそうです。

せっかくなら、二人だけの世界に浸って、ロマンティックな写真を撮ってもらうなどの演出を取り入れるのもアリですね。

4 費用を抑えることができる

二人だけの結婚式は、披露宴を行わず、挙式だけのことがほとんど。

そのため、基本的に費用が発生するのは「挙式料」や「衣裳代」、「ヘアメイク代」、「写真・DVD代」などの挙式にかかる部分のみ。

シンプルな挙式プランだと20万円ほどで挙げられるものもあるので、

「式は挙げたいけど費用をなるべく抑えたい」

というカップルにもおすすめです。

次は、デメリットについても見ておきましょう。

「二人だけの結婚式」のデメリットは?

1 やっぱり寂しい!?

人目を気にせず式を楽しめる反面、二人だけの結婚式はやはり盛り上がりに欠けることも。

ただ、二人だけの厳かな雰囲気の中で行うので、「神聖な誓いの儀式」という実感があって、かえって良かったというカップルもいるようですよ。

式場によっては、スタッフが拍手やフラワーシャワーで盛り上げてくれるところもあるようです。

2 親や周囲の理解を得られにくい?

結婚式で子供の晴れ姿を見たいと思っている親は多いもの。

「披露宴という形で親戚や周りの人にお披露目をしてほしい」と親が考えているケースもあります。

そんなときに「二人だけで式を挙げたい!」と言うと、なかなか賛成してもらえなかったり、喧嘩になってしまったりすることも・・・。

親や周囲の人に対しては、なぜ二人だけで結婚式を挙げたいのか納得してもらえるように説明した方が良いかもしれません。

もしくは、結婚式とは別にお披露目会や食事会を開くという手も。

周囲にも理解してもらえるように、事前にしっかり話しあっておきましょう。

人気のスタイルと費用

では最後に、「二人だけの結婚式」で人気のスタイルを、それぞれの費用もあわせて3つご紹介します。

1 国内のリゾート地で

人気なのは、沖縄や北海道、軽井沢など、国内のリゾート地にあるチャペルで結婚式を挙げるスタイル。

リゾートならではの開放感で、リラックスして式に臨めそうですよね。

リゾート地なら、結婚した後も旅行で訪れやすいのも人気の理由のひとつです。

費用は、場所やシーズンなどによりかなり幅がありますが・・・

挙式料でいうと10~20万円ぐらいが目安。

ここに「衣裳代」や「写真代」、「旅費」などが加わるイメージです。

2 海外で

新婚旅行をかねて、二人だけの海外挙式を選ぶカップルも。

ハワイやバリ島などのビーチリゾートや、ヨーロッパの教会での結婚式も人気です。

海外ならではの景色の中で、ドレス姿で写真を撮れば、フォトジェニックな一枚を残せそうですね。

海外挙式の場合でも、挙式料は数万円~25万円程度のところが多いよう。

ただ、「衣裳代」、「写真代などのオプション代」、「渡航費用」に加え、「現地での滞在費」も含めると、全体の相場は100~250万円ぐらいになるようです。

もちろんエリアや滞在日数、オプションによって費用は変わってきます。

気になる人はウェディングサロンや旅行代理店に聞いてみてくださいね。

3 地元の神社で和婚もアリ

「遠出するのはちょっと・・・」という場合は、近くの神社などで挙式する「和婚」スタイルはいかがでしょうか。

挙式を行う神社の拝殿はそれほど広くないことが多いため、二人だけの挙式にぴったり。

お神酒(みき)を二人で交互に飲む「三献の儀(さんこんのぎ)」など、本格的な和の儀式を体験できるのも、このスタイルならではです。

費用は「挙式料」、「衣裳代」、「写真代」などがまとまったプランで20万円前後のところが多いようです。

まとめ

「二人だけの結婚式」はその名のとおり、新郎新婦の二人だけで挙げる結婚式のこと。

「結婚式の準備にかかる負担が少ない」などのメリットがある一方、「周囲の理解が得られにくい」などのデメリットもありました。

国内外のチャペルなどで挙げるプランが人気のようです。

費用も、式を挙げる場所や時期によって幅がありますが、ゲストにかかる費用がない分、通常の結婚式と比べると相場はかなり低め。

家族などともよく相談して、素敵な二人だけの結婚式を挙げてくださいね。

  • LINEで送る

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る