結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

和婚ブームで人気再燃中!今どきの神前式とは?

音声で聴く!

0:00

0:00

「神前式」と聞くと、「神社で和服を着て・・・」というイメージが浮かぶ人は多いと思います。

でも、神前式の魅力はそれだけじゃありません。

式の成り立ちやマナー、花嫁が気になる衣裳のことまで、

和のテイストたっぷりの神前式について、できるだけ分かり易くお届けします。

難しい漢字が多いけれど、頑張って!

INDEX
神前式の歴史
どこで挙げられる?
当日の式の流れ
衣裳は雅な「和装」…だけじゃない?
「初穂料」「玉串料」とは?
神前式を挙げる際に気をつけたい点

神前式の歴史

「神前式」って、なんだか漢字のイメージから考えると、長い歴史がありそうに感じますよね。

でも、意外に新しい挙式スタイルなんです。

始まりは、1900(明治33)年、大正天皇が日比谷大神宮で挙げられた結婚式。

このご婚儀が民間に取り入れられて「神前式」となり、少しずつ広まっていきました。

現在のような形でちゃんと普及したのは、なんと「昭和中期」だと言われています。

驚きですね!

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

どこで挙げられる?

神前式を挙げる場所といえば?

まず思いつくのは、「神社」ですよね。

全国的に有名な神社はもちろん、インターネットなどで調べれば、お近くの神社でも挙げられるところが見つかると思います。

ただ、神社ではお祭りの時期になると、挙式ができなくなることも。

そこは事前に調べておきましょう。

神社以外で神前式をするなら、「結婚式場やホテルの中に造られた神殿」という選択肢もあります。

こちらを選ぶなら、神社と違って時期を気にする必要はなくなります。

当日の式の流れ

さて、つぎは神前式当日の流れについてです。

神前式では、まず神社の入り口に置いてある水で、手を洗います。
「お清め」の儀式ですね。

それから神殿へ入場して、いよいよ式のスタート。

神前式には、和の趣が詰まった素敵な儀式がたくさんあります。

たとえば、お神酒を飲んで夫婦の契りを交わす「三献の儀(さんこんのぎ)」。

神様の前で誓いのことばを述べる「誓詞奉読(せいしほうどく)」に、「巫女の舞」など。

すべての儀式が終わったら、最後に祝辞をいただいて、退場となります。

式の流れについて詳しく知りたい人は、下の関連記事をチェックしてみてください。

神前式の流れとは?儀式や用語をわかりやすく解説!

むずかしそうな儀式や用語についても、イラストつきでサクサクわかりますよ。

衣裳は雅な「和装」…だけじゃない?

神前式で新婦が着る衣装の代表は、
「白無垢(しろむく)」と「色打掛(いろうちかけ)」。

純白の「白無垢」は、花嫁の清らかな雰囲気をより引き立ててくれるので、厳かな神前式にはぴったりです。

一方の「色打掛」は、打って変わって色鮮やか!
バリエーションも豊富なので、自分好みの色や柄を選べます。

最近では、ウェディングドレスや私服で神前式を挙げる花嫁も。

実は、和の儀式だからといって「和装でないといけない」という決まりはないようです。

「あえて神社でドレスもありかも」
という人は、神社によってルールがあると思いますので、担当者に相談してみると良いですよ。

一方で、
新郎の和装は、「紋付羽織袴(もんつきはおりばかま)」が一般的。
色は黒がスタンダードです。

「初穂料」「玉串料」とは?


神社には挙式料金として、
「初穂料(はつほりょう)」
「玉串料(たまぐしりょう)」
どちらかを納めます。

「初穂(はつほ)」とは、神仏への捧げ物となる稲や穀物などの農作物のこと。

「玉串(たまぐし)」とは、神と人をつないでくれる神具です。

「初穂料」や「玉串料」とは、要するに「結婚を見届けてくれる神様への捧げもの」として払うお金のことなんですね。

これらのお金はきちんと「のし袋」に入れて、表に「初穂料」「玉串料」と書いてお渡ししましょう。

神前式を挙げる際に気をつけたい点

最後に、神前式を挙げる際に気をつけておきたい点を2つご紹介します。

写真撮影はNG!

基本的には社殿内での撮影はNG。

「神社の契約カメラマンに限り撮影可」というケースがほとんどです。

列席者には、撮影ができないことを事前に伝えておきましょう。

土足厳禁のときは連絡を!

多くの神殿は「土足厳禁」。

靴を脱いでから上がらないといけません。

列席者には、前もって「脱ぎやすい靴を履いてきてください」と連絡をしておきましょう。

まとめ

厳かな雰囲気に包まれて行われる神前式。日本の伝統を肌で感じたいというカップルにはぴったりですね。

難しい名前の儀式を一つ一つ覚える必要はありませんが、しっかり勉強していくのももちろんGOOD。

『三献の儀』は夫婦の契り、『誓詞奉読』は神様への誓い…

という風に、自分たちの中で意味を確かめながら式を進めていけば、神様も二人の絆をもっと強く結んでくれそうです。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る