結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

和婚ブームで人気再燃中!神前式ってどんな挙式スタイル?

「神前式」と聞くと、「神社で和服を着て・・・」というイメージが浮かぶ人は多いと思います。

でも、神前式の魅力はそれだけじゃありません。

式の成り立ちやマナー、花嫁が気になる衣裳のことまで、

和のテイストたっぷりの神前式について、できるだけ分かり易くお届けします。

難しい漢字が多いけれど、頑張って!

INDEX
神前式ってどんな挙式スタイル?
神前式の3つの魅力
神前式はどこで挙げられる?
挙式後の披露宴・会食はどうした?
当日の式の流れ
衣裳は雅な「和装」…だけじゃない?
神前式で花嫁が選んだ髪型は?
「初穂料」「玉串料」とは?
神前式を挙げる際に気をつけたい点

神前式ってどんな挙式スタイル?

「神前式(しんぜんしき)」は、神社や結婚式場の神殿にて執り行われる日本の伝統的な挙式スタイル。

「三三九度(さんさんくど)」や「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」などの儀式を通じて、ふたりの結婚を神に誓います。

日本の伝統や、日本人らしい“奥ゆかしさ”を感じることのできる挙式スタイルです。

「結婚スタイルマガジントレンド調査2018」によると、挙式を行った人の20.9%が神前式を挙げたようです。(※)

(※)以下、データの引用元は同じ

神前式の歴史

「神前式」って、なんだか漢字のイメージから考えると、長い歴史がありそうに感じますよね。

でも、意外に新しい挙式スタイルなんです。

始まりは、1900(明治33)年、大正天皇が日比谷大神宮で挙げられた結婚式。

このご婚儀が民間に取り入れられて「神前式」となり、少しずつ広まっていきました。

現在のような形でちゃんと普及したのは、なんと「昭和中期」だと言われています。

驚きですね!

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

神前式の3つの魅力

1 ふたりで執り行う伝統的な儀式

神前式は、新郎新婦ふたりで行う儀式が多い挙式スタイル。

先ほど紹介した「三三九度」などの儀式以外にも、「参進の儀(さんしんのぎ)」や「祝詞奏上(のりとそうじょう)」など、特別な儀式が数多くあります。

特別な儀式を一緒に執り行うことで、ふたりの絆もより深まることでしょう。

ちなみに、「参進の儀」とは、神職(しんしょく)らに導かれ、新郎新婦と列席者が列になって入場する儀式のこと。

雅楽(がかく)の音が響く中、結婚式が執り行われる神殿へと向かいます。

厳かな雰囲気に包まれ、
「これから新しい家族とともに人生を歩んでいく」
という気持ちも高まることでしょう。

2 伝統的な衣裳でしとやかな花嫁に

神前式は、「白無垢(しろむく)」や「色打掛(いろうちかけ)」などの和装を着て行います。

日本の伝統的な衣裳に身を包み、神聖な雰囲気で行われる挙式は、いつもとは違った雰囲気を味わえるでしょう。

神前式で着る衣裳については、後ほど詳しくお伝えしますね。

3 両家の結びつきを深められる

神前式で行なわれる儀式には、親族同士のつながりを固めるための「親族盃の儀(しんぞくはいのぎ)」など、親族が参加するものもあります。

ふたりの絆はもちろん、両家の結びつきを大切にしたいカップルにもおすすめです。

神前式はどこで挙げられる?

神前式を挙げる場所といえば?

まず思いつくのは、「神社」ですよね。

画像提供:住吉大社

神社の厳かな雰囲気に魅入られ、神前式を選ぶ人も多いようです。

また、
「地元の縁のある神社で式を挙げたかったから」
という声も。

初詣をはじめ、お宮参りや七五三など、神社は日本人にとって身近な存在。

人生のさまざまな思い出を同じ場所で重ねられるのは、神社ならではの魅力ですね。

全国的に有名な神社はもちろん、インターネットなどで調べれば、お近くの神社でも挙げられるところが見つかると思います。

神前式が挙げられる【東京】の神社はこちら

神前式が挙げられる【大阪】の神社はこちら

神前式が挙げられる【京都】の神社はこちら

ただ、神社ではお祭りの時期になると、挙式ができなくなることも。

また、人数に制限があったり、友人の参列はNGという神社もあるため、そこは事前に調べておきましょう。

神社以外で神前式をするなら、「結婚式場やホテルの中に造られた神殿」という選択肢もあります。

画像提供:京都 東急ホテル

こちらを選ぶなら、神社と違って時期を気にする必要はなくなります。

結婚式場やホテルに併設されているので、挙式が済んでから披露宴会場までスムーズに移動が可能。

また、建物の中なので、天候を気にする必要もありません。

神前式ができる【東京】の結婚式場・ホテルはこちら

神前式ができる【大阪】の結婚式場・ホテルはこちら

神前式ができる【京都】の結婚式場・ホテルはこちら

ちなみに、神前式を挙げるときに、神社と結婚式場やホテル内の神殿とではどちらが費用がかかるのかと言うと・・・

挙式料金はほとんど変わりません。

ただ、衣裳や着付け、カメラマンなどその他挙式にかかる費用は会場によって異なるので注意しましょう。

他には、敷地内の庭園で神前式が行える会場も。

画像提供:響 風庭 赤坂

神社や神殿とはまた違った雰囲気で、伝統を感じつつも開放感のある挙式が行えます。

美しい庭園をバックに撮るウェディングフォトは、白無垢や色打掛がよく映え、素敵な仕上がりになることでしょう。

神前式ができる【東京】の料亭・レストランはこちら

神前式ができる【大阪】の料亭・レストランはこちら

神前式ができる【京都】の料亭・レストランはこちら

挙式後の披露宴・会食はどうした?

「親族で話す機会がほしい」
「挙式に来てくれたゲストに、感謝の気持ちを伝えたい」

ということから、神前式の後に、参列してくれた親族や友人との披露宴や会食を行うカップルも。

結婚式場やホテルで神前式を行うなら、同じ敷地内の会場で披露宴・会食をすることができます。

では、神社で挙式した場合、どのような場所で披露宴・会食を行うのかと言うと・・・

・神社の敷地内に併設されている会場
・神社の敷地外で、神社が提携している会場
・神社の敷地外で、かつ神社の提携外の会場

などが挙げられます。

「神社だと、披露宴会場までの移動が大変そう・・・」

と思いがちですが、神社でも同じ敷地内に披露宴・会食会場が併設されているところは多くあるよう。

画像提供:フォレストテラス明治神宮

神社に併設されていない場合であっても、徒歩圏内に披露宴・会食会場があることも。

また、神社と提携している会場なら、神社からの距離が離れていてもゲストの送迎サポートをしてくれる場合があります。

神社での挙式後に披露宴・会食をしたいと考えている人は、そちらも踏まえて探してみてはいかがでしょう。

当日の式の流れ

さて、つぎは神前式当日の流れについてです。

神前式では、まず神社の入り口に置いてある水で、手を洗います。
「お清め」の儀式ですね。

それから神殿へ入場して、いよいよ式のスタート。

神前式には、和の趣が詰まった素敵な儀式がたくさんあります。

たとえば、お神酒を飲んで夫婦の契りを交わす「三献の儀(さんこんのぎ)」。

神様の前で誓いのことばを述べる「誓詞奉読(せいしほうどく)」に、「巫女の舞」など。

すべての儀式が終わったら、最後に祝辞をいただいて、退場となります。

式の流れについて詳しく知りたい人は、下の関連記事をチェックしてみてください。

神前式の流れとは?儀式や用語をわかりやすく解説!

むずかしそうな儀式や用語についても、イラストつきでサクサクわかりますよ。

衣裳は雅な「和装」…だけじゃない?

神前式で新婦が着る衣装の代表は、「白無垢(しろむく)」と「色打掛(いろうちかけ)」。

純白の「白無垢」は、花嫁の清らかな雰囲気をより引き立ててくれるので、厳かな神前式にはぴったりです。

一方の「色打掛」は、打って変わって色鮮やか!
バリエーションも豊富なので、自分好みの色や柄を選べます。

最近では、ウェディングドレスや私服で神前式を挙げる花嫁も。

実は、和の儀式だからといって「和装でないといけない」という決まりはないようです。

「あえて神社でドレスもありかも」
という人は、神社によってルールがあると思いますので、担当者に相談してみると良いですよ。

一方で、
新郎の和装は、「紋付羽織袴(もんつきはおりばかま)」が一般的。
色は黒がスタンダードです。

神前式で花嫁が選んだ髪型は?

日本の花嫁の伝統的な髪型とされているのが「文金高島田(ぶんきんたかしまだ)」というヘアスタイル。

画像提供:住吉大社

現代では地毛だけで結う人は少なく、「全かつら」や地毛を活かす「半かつら」などを使うようです。

文金高島田の上からかぶる白い袋状の布は「綿帽子(わたぼうし)」と言って、白無垢のときだけ合わせます。

画像提供:住吉大社

その他、文金高島田に合わせる装飾品には、「角隠し(つのかくし)」や「簪(かんざし)・笄(こうがい)」があります。

最近では、自分の髪だけで結い上げる「新日本髪」と呼ばれるヘアスタイルや、和装に洋髪スタイルを取り入れる花嫁も多いようです。

花嫁の和装衣裳の種類や髪型については、こちらの記事で詳しく説明しています。

【和装婚】花嫁衣裳の種類の基礎知識

「初穂料」「玉串料」とは?

神社には挙式料金として、
「初穂料(はつほりょう)」
「玉串料(たまぐしりょう)」
どちらかを納めます。

「初穂(はつほ)」とは、神仏への捧げ物となる稲や穀物などの農作物のこと。

「玉串(たまぐし)」とは、神と人をつないでくれる神具です。

「初穂料」や「玉串料」とは、要するに「結婚を見届けてくれる神様への捧げもの」として払うお金のことなんですね。

これらのお金はきちんと「のし袋」に入れて、表に「初穂料」「玉串料」と書いてお渡ししましょう。

神前式を挙げる場合、「初穂料」「玉串料」に、衣裳や着付け、カメラマンにかかる費用が追加されます。

また、雅楽などの演奏や「巫女の舞」などはオプションになっているところもあるので、希望するなら事前に確認しておきましょう。

ホテルや結婚式場内にある神殿の場合、これらの料金は教会式と同じように「挙式料」として見積りに加算されるケースが多いようです。

神前式を挙げた人にかかった費用を尋ねたところ、平均【26.6万円】という結果でした。

挙式スタイルによって費用がどれくらい変わるのか気になる人は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

結婚式費用、どのくらいかかるもの?相場を教えて!

神前式を挙げる際に気をつけたい点

最後に、神前式を挙げる際に気をつけておきたい点を4つご紹介します。

両家で信仰している宗教を確認しておこう

近年はあまり宗教にこだわらない人が多くなってきましたが、もしかしたら相手の家族がキリスト教徒だったりするかもしれません。

神前式に限った話ではありませんが、挙式スタイルを選ぶ際は、両家が信仰している宗教はあるのか、事前に確認しておきましょう。

「親族だけ参列可」の会場も

神前式は本来、「家と家の繋がりを結ぶ儀式」とされていました。

また、神前式の舞台となる神社の神殿は、教会などに比べるとあまりスペースが広くありません。

そのため、「列席者は親族のみ」となっているところが多いようです。

親族が多い場合や、親族以外の人も招待しようと考えているなら、収容可能人数を事前に確認しておくと良いですね。

写真撮影はNG!

基本的には社殿内での撮影はNG。

「神社の契約カメラマンに限り撮影可」というケースがほとんどです。

列席者には、撮影ができないことを事前に伝えておきましょう。

土足厳禁のときは連絡を!

多くの神殿は「土足厳禁」。

靴を脱いでから上がらないといけません。

列席者には、前もって「脱ぎやすい靴を履いてきてください」と連絡をしておきましょう。

神前式に参列するときのゲストの服装については、こちらの記事をチェックしてみてください。

神前式に呼ばれた場合のOKな服装は?ワンピースで参列するのは失礼?

※「結婚スタイルマガジントレンド調査2018」
結婚に関するWEBアンケート調査
調査対象:入籍3年以内の男女で、挙式と披露宴を行った人
調査時期:2018年7月
対象人数:男性500人 女性500人

まとめ

厳かな雰囲気に包まれて行われる神前式。日本の伝統を肌で感じたいというカップルにはぴったりですね。

難しい名前の儀式を一つ一つ覚える必要はありませんが、しっかり勉強していくのももちろんGOOD。

『三献の儀』は夫婦の契り、『誓詞奉読』は神様への誓い…

という風に、自分たちの中で意味を確かめながら式を進めていけば、神様も二人の絆をもっと強く結んでくれそうです。

  • LINEで送る

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る