結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

縁ある寺院にお願いする挙式スタイル「仏前式」の進行例

音声で聴く!

0:00

0:00

最近、結婚式に「和」のスタイルを取り入れた「和婚」が注目されています。

「和服で結婚式って素敵だな~」

と憧れている女性も多いのでは?

「仏前式」はそんな「和婚」の一つ。

耳慣れないかもしれませんが、素敵な挙式スタイルですよ。

その魅力やマナーを紹介していきますので、ぜひチェックを!

INDEX
仏前式ってどんなもの?
宗派が異なる場合はどうする?
仏前式の進行例
仏前式にかかる費用は?
新郎新婦はどんな衣裳を着るの?
指輪交換はできる?
仏前式で心がけたいマナー

仏前式ってどんなもの?

「仏前式」とは、読んで字のごとく、「仏様の前で」式を挙げるスタイルのこと。

仏教には、

「結婚した二人は、生まれ変わってもまた結ばれる」

という教えがあります。

この教えにもとづいて、二人が出会い・結婚することを仏様や先祖に感謝し、報告するのが「仏前式」です。

「来世でも結ばれる」というところが、ユニーク&ロマンチックで素敵ですね。

続いて、仏前式を行う場所について。

つぎの2つの場所が一般的です。

・新郎または新婦の宗派のお寺

新郎もしくは新婦の先祖代々のお墓がある「菩提寺(ぼだいじ)」で行います。
または縁のある寺院などでも行われます。

・自宅

僧侶を自宅に招き、自宅の仏壇の前で行います。


また、仏前式は、新郎新婦のどちらかがその宗派の信徒であることが前提です。

ただ最近では、信徒でなくても仏前式を挙げられる所もあります。

気になる寺院があったら、事前に相談してみましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

宗派が異なる場合はどうする?

「仏前式を考えているけど、二人の宗派が違う…」

そんな場合はどうすればよいでしょうか?

(答え)
どちらかの宗派に合わせます。

一般的には新郎の宗派に合わせることが多いようですが、厳密な決まりはありません。

宗教の話は繊細なもの。

どちらの宗派に合わせるかは、親族も含めてよく相談してから決めましょう。

仏前式の進行例

では、ここからは
「寺院で仏前式をする場合の進行例」

をご紹介します。

宗派によって違いはありますが、一般的な流れはつぎの通りです。

1 入場

先に両親と親族が、式を挙げるお寺の堂内に入場・着席します。

そのあと、媒酌人(ばいしゃくにん)に導かれ新郎新婦が入場。

最後に、式をとり行う僧侶が入場します。

ちなみに「媒酌人」とは、結婚式当日に新郎新婦のお世話をしてくれる人です。

2 敬白文朗読(けいびゃくもんろうどく)

まず、僧侶が「焼香」をします。

焼香(しょうこう)とは、お香をつまんで香炉で焚くこと。

心と体の穢れを落とす意味があるそうです。

つづいて僧侶が、仏と先祖に二人の結婚を報告するための言葉を読み上げます。

この言葉を「敬白文」といいます。読み方は「けいびゃくもん」。

読めた人はスゴイ!

3 念珠(ねんじゅ)の授与

僧侶から、
 白い房の念珠が新郎へ
 赤い房の念珠が新婦へ

授けられます。

新郎新婦は、念珠を親指以外の4指にかけて合掌しましょう。

4 指輪の交換

結婚指輪の交換をする場合は、ここで行います。

僧侶から指輪を受け取り、

 新郎から新婦へ
 新婦から新郎へ

の順に、お互いの左手薬指に指輪をはめましょう。

5 司婚の儀(しこんのぎ)

僧侶が二人に結婚の誓いを求め、二人はそれぞれ「誓います」と答えます。

さらに「ご本尊」に向かって誓詞(せいし)を読み上げます。

誓詞とは誓いの言葉のことで、新郎新婦の代わりに媒酌人が読み上げる場合もあり。

これを受けて僧侶は、参列者に「結婚の成立」を宣言します。

6 新郎新婦の焼香(しょうこう)

新郎→新婦の順に1回ずつ焼香し、合掌します。

参列者も同じように合掌。

7 式杯

「式杯」は、神前式における「三婚の儀」(三三九度)にあたるもの。

新郎新婦がお神酒(おみき)を飲み交わし、夫婦の契りを結ぶ儀式です。

具体的には、小・中・大の3つの杯を使って、次の順番で進めます。

①「小杯」で新婦→新郎→新婦の順に

②「中杯」で新郎→新婦→新郎の順に

③「大杯」で新婦→新郎→新婦の順に

飲むときは、
一回目、二回目は口をつけるだけ、
三回目で飲み干します。

8 親族固めの杯

参列者全員で起立した後、配られた杯を三回に分けて飲み干し、合掌します。

9 法話

僧侶が、結婚を祝してお祝いの言葉と法話を述べてくれます。

法話とは、仏教の教えを伝えるありがたいお話のこと。

全身に染みわたらせるように、心して耳を傾けましょう。

10 退場

最後に、一同起立して合掌・礼拝します。

退場は、
僧侶→新郎新婦→媒酌人→両親→親族
の順に。


以上、仏前式の流れでした。
いかがでしたか?

念珠の授与があったりお焼香をしたりと、仏前式ならではの儀式で厳かな気持ちになれそうですね。

お次は気になる費用についてです。

仏前式にかかる費用は?

寺院によって異なりますが、だいたい10~25万円くらいが相場。

ただ、この費用の中には、衣裳や着付け代、写真代などは含まれていません。

それらはまた別に手配することになりますが、一般的には教会式や神前式に比べてお安く済むことが多いようです。

新郎新婦はどんな衣裳を着るの?

仏前式では、新郎新婦ともに和装が定番のスタイルです。

新郎は「紋付羽織袴」(もんつきはおりばかま)、新婦は「白無垢」(しろむく)を選ぶカップルが多いよう。

こんな感じです。

雰囲気ありますね~。

とはいえ、必ず和装と決まっているわけではなく、なかにはウェディングドレスなどの洋装を選ぶカップルもいます。

ただ、和装にしろ洋装にしろ、ホテルや専門式場とは違って衣裳のレンタルはできないところが多いです。

衣裳については事前に確認して、レンタルできなければ自分たちで別に手配する必要がありますね。

指輪交換はできる?

進行例でも説明しましたが、仏前式でも指輪の交換はできます。

念珠の授与のかわりに指輪の交換をするカップルもいれば、念珠・指輪の両方を準備するカップルも。

仏前式で心がけたいマナー

最後に、仏前式で心がけたいマナーを3つご紹介します。

参列者は親族のみ

仏前式は、親族のみの参列が基本です。
友人や同僚は参列できないので注意しましょう。

数珠を忘れないように!

仏前式には、数珠が欠かせません。
参列者への招待状には「数珠を持参してください」と書いておきましょう。

参列者の服装については、教会式や神前式と同じく礼服やパーティードレスで構いません。

ただし、露出が多い服装は避けてもらうようにしましょう。

仏前式は正座が基本姿勢

仏前式では、式のあいだは座布団の上に正座します。

大きな寺院などでは椅子が用意されているところもあるようですが、基本的には正座です。

「足がしびれてしまうかも」と心配な人もいるかもしれませんが、式の所要時間は30分ほど。

もし足腰が悪い参列者がいるなら、事前に座椅子を準備してもらえるか寺院に確認を。

もしくは参列者本人に持ってきてもらいましょう。

まとめ

仏前式は、仏様や先祖に二人の結婚を報告する挙式スタイル。

厳かで落ち着いた雰囲気の挙式がしたい二人にはぴったりです。

仏前式を挙げるには、前提として、二人のどちらかがその宗派の信徒である必要があります。

ただ、最近では宗派や宗教に関わらず、仏前式ができる寺院もあるようです。

「仏前式、気になるけど信徒じゃないからなあ」という人も、まずは相談をしてみましょう。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る