結婚準備のためのWebマガジン「結婚スタイルマガジン」

【神前式】玉串奉奠(たまぐしほうてん)の作法をイラストで丁寧に解説!

  • LINEで送る

神前式で行う儀式の一つである、
「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」。

漢字が難しいですね。

いったいどんな儀式なのでしょう?
どんな手順で進めるの?

イラストで分かりやすく解説します。

コレさえ読めば玉串奉奠のお作法はバッチリ!

INDEX
玉串奉奠ってなに?
完全図説!~玉串奉奠の流れ~
神前式ならではのお作法って?

玉串奉奠ってなに?

作法の前に、玉串奉奠(たまぐしほうてん)の意味についてカンタンにご説明します。

まず、「玉串」とは何でしょう?

玉串とは、神さまが宿るとされる榊(さかき)という木の枝に、紙垂(しで)や麻を結びつけたものです。

では、「奉奠」は?

辞書を引いてみると、「つつしんで供える」という意味だそうです。

つまり「玉串奉奠」とは、「玉串を神様にお供えする」儀式のことなんですね。

玉串奉奠は、「神道」の儀式であることも特徴です。

たとえば、神道の決まりにのっとった通夜やご葬儀では、「ご焼香」のかわりに玉串奉奠が行われます。

他にも、お宮参りや七五三、安産祈願、地鎮祭(じちんさい)など、
神道のいろいろな儀式において、玉串奉奠は欠かせない存在です。

「神前式」も神道にもとづいた式なので、式のなかで玉串奉奠が行われます。

「式全体で見ると、玉串奉奠ってどのタイミングでするの?」
と気になった人。

神前式全体の流れについては、こちらの記事で説明しています。ぜひチェックしてみてください。

和婚ブームで人気再燃中!今どきの神前式とは?


つづいて、玉串奉奠の具体的な手順をくわしく見ていきましょう。

スペシャルコンテンツ
理想の指輪に出会える6つのコレクション

完全図説!~玉串奉奠の流れ~

神前式における一般的な玉串奉奠の手順は、つぎの通りです。

1 神職から玉串が渡される

神職が二人のもとへ玉串を運んできます。

新郎→新婦の順に差し出されるので、二人は受け取る前に、軽くお辞儀をしてください。

2 玉串を受けとる

受けとり方には作法があります。

まず右手で、玉串の根元を上から持ちます。

つぎに、左手を葉先の下に添えます。

二人から見ると、下のような形で受けとることになりますね。

3 姿勢を正して、神前へ

玉串を胸の高さに持ち、姿勢を整えます。
葉先がやや高くなるように持ちましょう。

そのまま二人いっしょにご神前へ進んで、 玉串を置く「玉串案」という台の一歩手前で止まります。

4 神前へお辞儀


5 神様への「祈念」

お辞儀が終わったら、玉串を右へ回して、手前に根元を持ってきます。

このように、神前へ向かって玉串を立てた状態で、目を閉じて祈りを込めてください。

「幸せな家庭が築けますように」
「2人を出会わせてくれたことに感謝します」

神聖な気持ちで胸が満たされそうですね。
こういった神様へのお祈りを「祈念」といいます。

6 玉串を神前にそなえる

ふたりの「祈念」がこもった玉串を神様へ捧げます。

捧げ方には細かい作法があるので、これからご説明しますね。

①玉串を回して、根元を神前へ向ける

玉串は根元が「受けとる側」なので、捧げるときには神様の方へ根元を向けておく必要があります。

まず、右手を根元から離して、玉串の真ん中あたりを下から持ちます。

このとき、右手が左手より上にこないように気をつけてください。

つづいて、左手を葉先から離し、根元を下から支えます。

玉串を時計回りに回し、根元をご神前へ向けましょう。

②神前に玉串を置く

根元がご神前を向いたら、左足から一歩前へ進んで、そのあと右足もそろえて姿勢を正します。

ご神前の玉串案(台)に玉串を置きます。

今度は右足から一歩下がります。
つづいて左足をそろえて、姿勢を正しましょう。

ふう。

細かくてちょっと疲れたかもしれませんが、これで無事、神様に玉串をお供えできました!

7 神様へ「二礼二拍一礼」

最後に、あらためて神前へ向かってお礼をしましょう。

二人だけでなく、参列者全員でタイミングを合わせてするので、注意してくださいね。

お礼は、「二礼二拍一礼」という、神社へ参拝するときの正しい作法にしたがって行います。

流れはつぎの通りです。

①二礼:2回お辞儀をします。

②二拍:顔を上げて2回、拍手をします。

③一礼:お辞儀を1回します。

一礼が終わったら、最後にもう一度礼をして、右足から退きます。

最後の礼は深揖(しんゆう)といって、動作が終わった時の区切りとなる礼なのだそうです。


以上、玉串奉奠の流れをお届けしました。

神前式ならではのお作法って?

いろんなお祝い事・弔事で行われる玉串奉奠ですが、「神前式ならではの決まり」がいくつかあるようです。

見ていきましょう。

新郎新婦の後に、媒酌人、親族の順で行う

神前式で玉串奉奠をするのは、じつは新郎新婦だけではないんです。

媒酌人(ばいしゃくにん)と親族代表の人にも行ってもらいます。

順番は、
「新郎新婦→媒酌人→親族」
と決まっています。

最後の「二拍」は音を立てる

玉串奉奠をしめくくる「二礼二拍一礼」。

このうちの「二拍」、つまり二回の拍手は、葬儀など、お悔やみの場では音を立てないのがマナーです。

一方、神前式のようなお祝いの場では、「パン、パン」と音を立てて拍手をします。

ちなみに、神社によっては拍手の回数が違うこともあります。
挙式の前に、神社の担当者へあらかじめ確認しておくとよいですね。

まとめ

いかがでしたか?

玉串を回したり、手の左・右にも順番があったり・・・
なかなか作法が細かい「玉串奉奠」。

全部覚えられるか不安という人もいるかもしれませんが、事前にリハーサルもあるので心配することはありません。


玉串にどんな思いをのせるか、ふたりでじっくり考えてみてくださいね。

  • LINEで送る

NIWAKA BRIDAL COLLECTION