結婚準備のためのWebマガジン「結婚スタイルマガジン」

神前式の流れとは?儀式や用語をわかりやすく解説!

音声で聴く!

0:00

0:00

  • LINEで送る

神前式には、「和婚」ならではのいろいろな儀式があります。

「三献の儀(さんこんのぎ)」や
「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」など、

いったいどんなことをするのか、気になりませんか?

ここでは、神前式の当日の流れをご紹介。

聞いたことのないような儀式も、イラストをまじえて分かりやすく解説していきます!

INDEX
当日の式の流れ(前半)
当日の式の流れ(後半)

当日の式の流れ(前半)

それではさっそく、
「神社で挙げる神前式の一般的な流れ」
を見ていきましょう。

1 手水の儀(ちょうずのぎ)

みなさんも神社へお参りに行ったとき、入り口に溜めてある水で手を洗ったことがあるかもしれません。

神前式でも、式の舞台となる神殿に入る前に、参加者全員の身をお水で清めます。

それが「手水の儀」です。

「手水の儀」は、次のような流れで進めていきます。

①まず右手でひしゃくに水を汲み、左手を清める。
②つづいて、右手、口も水ですすぐ。
③最後に、用意されている懐紙(かいし)という和紙で、口元や手の水気をふき取る。

2 参進の儀(さんしんのぎ)

「参進の儀」とは、一言でいうと「出席者入場」です。

・神職(しんしょく)
・巫女(みこ)
・雅楽演奏者(ががくえんそうしゃ)

がこの段階から登場します。

彼らに導かれ、新郎新婦と列席者が列になって進み、神殿へ上がります。

3 斎主挨拶(さいしゅあいさつ)

式の進行をつとめる神職のことを、「斎主(さいしゅ)」といいます。

この「斎主」からの最初の挨拶のあと、神前へ向かって全員で一礼を。

これから式を見守ってくれる神様へ、「お願いします」というわけですね。

4 修祓の儀(しゅばつのぎ)

簡単に言うと「おはらい」の儀式。

「修祓(しゅばつ)」とは、心身を清めるための「お祓い(はらい)」という意味。

斎主が祓詞(はらいことば)を述べ、身の穢れ(けがれ)をはらい清めてくれます。

うーん。漢字が難しい!

5 祝詞奏上(のりとそうじょう)

簡単にいうと「お祝いの言葉」を読み上げる儀式。

斎主が「祝詞(のりと)」つまり「お祝いのことば」を神に向かって読み上げます。

6 三献の儀(さんこんのぎ)

いわゆる「サカズキ(杯)を交わす」儀式。

新郎新婦が、小型・中型・大型のサカズキを、この順番で交わします。

お神酒(おみき)を飲み交わしたら、
夫婦の契り(ちぎり)が結ばれます。

契り(ちぎり)は、約束の意味ですね。


サカズキ(杯)を交わす順番は次のとおりです。

①「小杯」で新郎→新婦→新郎の順に

②「中杯」で新婦→新郎→新婦の順に

③「大杯」で新郎→新婦→新郎の順に

三種類の杯でそれぞれ「三回ずつ」
合計「九回」飲む。

だから「三三九度」と呼ばれるんですね。

さて、ここまでが式の流れ(前半)でした。
つづいて、後半を見ていきましょう。

スペシャルコンテンツ
理想の指輪に出会える6つのコレクション

当日の式の流れ(後半)

7 誓詞奉読(せいしほうどく)

新郎新婦が夫婦としての誓いの言葉を読み上げる儀式です。

新郎新婦、二人そろって神前へ一礼。

それから、新郎が「誓い」の「詞(ことば)」を神へ向かって読み上げます。

新婦は新郎に続いて、自分の名前だけを添えるのが一般的。

8 指輪交換

新郎から新婦へ、新婦から新郎へ、おたがいの左手薬指に結婚指輪をはめます。

9 玉串奉奠(たまぐしほうてん)

「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」は、「玉串(たまぐし)」を神前にお供えして、「神と二人のつながり」を固めるための儀式です。

「玉串」とは、榊(さかき)という木の小枝に紙垂(しで)を付けたもの。

神と人をつなぐ役目を果たします。

玉串(たまぐし)を神前におそなえする時にはルールがあるので、しっかりマスターする必要があります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
【神前式】玉串奉奠(たまぐしほうてん)の作法をイラストで丁寧に解説!

10 巫女の舞

巫女が「両家の繁栄」を祈った舞を披露してくれます。

11 親族盃の儀(しんぞくはいのぎ)

列席者全員もしくは代表者が、盃でお神酒を飲み、「親族同士のつながり」を固めます。

ここでは、新郎新婦の親族がサカズキ(杯)のお神酒を3口で飲み干します。

12 斎主祝辞

斎主から、二人と両家への祝辞が述べられます。

13 退場

斎主→新郎新婦→仲人→親族の順に退場します。

以上、一般的な神前式の流れでした。
どうでしたか?

「難しい漢字が多いなあ。覚えられる気がしない…」
と思った人。

大丈夫です!
神前式では、斎主や巫女、それから当日の新婦のお世話係である「介添え」がしっかりサポートしてくれます。

細かく全部覚える必要はないので、大まかな進行だけ、頭に入れておけばOKです。

「神前式、素敵だなあ。もっといろんな場面を見てみたい!」

という人は、下のURLもチェックしてみてください。

『結婚スタイルマガジン』”世界一Happyな結婚式を挙げよう”

こちらも写真やイラストがいっぱいで、楽しく読めますよ!

まとめ

厳かな雰囲気に包まれて行われる神前式。日本の伝統を肌で感じたいというカップルにはぴったりですね。

難しい名前の儀式を一つ一つ覚える必要はありませんが、しっかり勉強していくのももちろんGOOD。

『三献の儀』は夫婦の契り、『誓詞奉読』は神様への誓い…

という風に、自分たちの中で意味を確かめながら式を進めていけば、神様も二人の絆をもっと強く結んでくれそうです。

「神前式について、もっといろいろ知りたい!」
という人は、下の記事もチェックしてみてください。

和婚ブームで人気再燃中!今どきの神前式とは?

  • LINEで送る

NIWAKA BRIDAL COLLECTION