結婚準備のためのWebマガジン「結婚スタイルマガジン」

結婚式と披露宴の違いって?何のためにするの?

  • LINEで送る

「結婚式と披露宴ってなにが違うの?」
と聞かれて、ハッキリ答えられますか?

うーん・・・と答えに迷ってしまう人、意外と多いのではないでしょうか?

結婚式と披露宴は一緒にやることが多いのでセットで考えられがちですが、このふたつって実は別物なんです。

結婚式と披露宴の違いについてご説明します!

INDEX
結婚式と披露宴の違いは?
結婚式=挙式+披露宴?
結婚式をする意味とは
披露宴をする意味とは
結婚式はスタイルが分かれる
披露宴ってどんなもの?

結婚式と披露宴の違いは?

結婚式とは、「神さまや参列者の前でふたりが結婚を誓う儀式」のこと。

指輪交換や誓いのキスなど、ふたりがお互いに夫婦として生きていくことを誓う儀式が行われます。

一方、披露宴とは「結婚したことを知人にお披露目するためのパーティー」のこと。

参加してくれたゲストと料理を食べたり、お酒を飲んだりしてお祝いの宴を楽しみます。

ウェディングケーキ入刀や友人による余興など、場を盛り上げるための演出を取り入れる人も多いですよ。

一言でまとめると、

「結婚式は儀式」「披露宴はパーティー」

と考えれば、違いが分かりやすいのではないでしょうか。

結婚式=挙式+披露宴?

日本では結婚式をした後、そのまま披露宴をすることが多いので、

「結婚式=挙式+披露宴」

だと思っている人もいるようです。

でも、挙式と披露宴はセットでなくてもOK。

つまり、「挙式だけ」や「披露宴だけ」もアリなのです。


両方する場合でも、たとえば披露宴というほど大がかりでない「身内だけのささやかな食事会」にするなど、スタイルはさまざま。

ふたりにピッタリなスタイルを選んでくださいね。

「と言われても・・・結婚式や披露宴を『するか・しないか』って、何を基準に決めればいいの?」

そんな人のために、続いて「結婚式や披露宴を行う意味」をご紹介します。

結婚式をする意味とは

結婚式を挙げる3つの意味を見ていきましょう。

1 人生のけじめをつける

結婚式は、二人が「これからの人生を共に歩んでいく」という大きな決意をする場。

「たくさんの人が見守る前で永遠の愛を誓うことは、『人生のけじめ』につながる」

そんな声はよく聞かれます。

2 親孝行のため

世の親御さんたちは、「わが子の晴れ姿を見てみたい」と願っているもの。

「ウェディングドレスを着た娘と一緒に、バージンロードを歩くのが夢だった」

というお父さんも多いようです。

また、

「親戚に自分の子供の幸せそうな姿をしっかりお披露目したい」

と思う人も。

「結婚式は挙げない」と考えている人も、一度ご両親に気持ちを聞いてみてはいかがでしょうか?

3 幸せを実感できる

結婚式には、たくさんのゲストがふたりをお祝いするために駆けつけてくれます。

幼い頃から親しんでくれた親戚、
学生の頃から仲良くしてきた友人、
会社でお世話になっている上司・・・

こんなに多くの人が一度に集まるのは、結婚式の日だけではないでしょうか。

いろんな人から祝福されることで、

「ああ、幸せだなぁ。結婚式を挙げてよかった!」

と思う人は多いみたいですよ。


では次に、披露宴をする意味を見ていきましょう。

披露宴をする意味とは

披露宴を行う2つの意味がこちら。

1 お互いのパートナーを披露する

披露宴では、今までお世話になった人や、これからお世話になる人に、直接パートナーを紹介できます。

「おかげさまで新しい家族を作ることになりました。

この人と一緒に、皆さまとこれまで以上のお付き合いをさせていただければと存じます」

そんな気持ちを込めて、「夫婦としてのふたり」のスタートをみんなに見守ってもらう場。

それが披露宴なのです。

2 お世話になった人をおもてなしする

披露宴は、二人がこれまでお世話になった人をもてなすための宴でもあります。

結婚が決まって、これまでの人生を振り返り、

「自分を支えてくれた人たちに改めて『ありがとう』を伝えたい」

と思う人は多いようです。

披露宴で用意する豪華な料理やお酒は、そんな感謝の気持ちを形にしたもの。

「ゲストにおもてなしの気持ちを伝えたい!」
という人は、多少準備に手間がかかっても披露宴をした方が良いかもしれませんね。

最後に、結婚式と披露宴それぞれをもう少し詳しく見ていきましょう!

結婚式はスタイルが分かれる

結婚式とはふたりが愛を誓う儀式のことで、「挙式」とも言われます。

結婚式はいくつかのスタイルに分かれていて、代表的なのは

・教会式(キリスト教式)
・神前式
・仏前式
・人前式

など。

それぞれどんなスタイルなのか、見てみましょう。

(1)教会式(キリスト教式)

キリスト教の神に結婚を誓う儀式のこと。

教会の祭壇の前で、ふたりが神父さまに誓いの言葉を言ったあと、参列者に見守られながらキスを交わす・・・

ドラマや映画にそんなシーンがよく出てきますが、あれって実は教会式のものなんです。

その名の通り教会で挙げるのが一般的ですが、最近はホテルや専門式場に付いているチャペルで挙げる人もいます。

また、キリスト教は大きくカトリックとプロテスタント2つの宗派に分かれていて、宗派によって結婚式にも違いが。

その違いについてはこちらで紹介しています。
気になる人は読んでみてくださいね。

教会式のマナーって?カトリックとプロテスタントの違いは?

(2)神前式

神前式は日本伝統の結婚式。

ドレスではなく着物を着て、神さまにふたりの結婚を誓います。

場所は神社が多いですが、人によってはホテルや結婚式場に付いている神殿で挙げることも。

ふたりがお神酒を飲み交わして夫婦の契りを結ぶ「三三九度」(さんさんくど)など、「和婚」ならではの厳かな儀式も人気です。

神前式の詳しい記事はこちら。

和婚ブームで人気再燃中!今どきの神前式とは?

(3)仏前式

仏さまの前で夫婦の結婚を誓うスタイルです。

「ふたりの結婚は生まれる前からの因縁」という仏教の教えにもとづいて、その縁を仏に感謝します。

神前式と同じく、ふたりで杯を交わして夫婦の契りを結びます。

詳しくはこちらの記事で。

縁ある寺院にお願いする挙式スタイル「仏前式」の進行例

(4)人前式

ここまででご紹介した教会式・神前式・仏前式は、「神さまや仏さまに愛を誓う」スタイルでしたね。

それに対して人前式は、「その場にいる参列者を証人として愛を誓う」というもの。

宗教と関係がないので、神父さんはいませんし、儀式の内容やルールも決まっていません。

式の流れを自由に決められるので、ふたりのアイデアが詰まったオリジナルの結婚式を挙げられます!

詳しくはこちらをどうぞ。

カジュアルで自由な演出が人気の人前式の進行・段取りとは?

以上、結婚式についてお届けしました。

次は、披露宴について見ていきましょう!

披露宴ってどんなもの?

披露宴は、結婚したことを知人にお披露目するためのパーティー、いわゆる「宴(うたげ)」です。

出席してくれた親族、友人、職場の人などと食事やお酒を楽しみます。

ゲストによるスピーチ・余興や、花嫁から両親への手紙の朗読など、ムードを高める演出を取り入れる人も多いです。

時間はだいたい2時間半~3時間ほど。

また、披露宴ではゲストからお祝い金として「ご祝儀」を頂くのが一般的。

北海道などでは、ご祝儀はいただかず、ふたりで設定した会費を払ってもらう「会費制」の披露宴もあります。

披露宴の具体的な流れを知りたい人は、こちらを読んでみてください。

結婚式のクライマックス、披露宴の流れを確認しよう!

まとめ

結婚式とは、「神さまや参列者の前で結婚を誓う儀式」

披露宴とは、「結婚をお披露目するパーティー」

のことを言います。

セットだと思われがちな結婚式と披露宴ですが、必ずしも両方しないといけないわけではありません。

結婚式や披露宴をする意味を考えた上で、自分たちはどうしたいのか、両親の意見も聞きながら話しあってみてくださいね。

  • LINEで送る

NIWAKA BRIDAL COLLECTION