結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

忘れてた!結婚式準備で“意外と”見落としがちなこと10選

音声で聴く!

0:00

0:00

やることがいっぱいの結婚式準備!

順調に進めているつもりでも、「アレを忘れていた!」なんてことも。

今回は、結婚式準備中、意外と忘れがちなこと10選をご紹介します。

INDEX
1 招待状の準備
2 遠方からのゲストの宿泊手配
3 妊婦さん・子供ゲストへの配慮
4 BGMの用意
5 結婚式で使う物の手配
6 撮影についての依頼
7 手のお手入れ
8 お礼、お車代
9 立ち振る舞いの練習
10 二次会の用意

1 招待状の準備

結婚式の準備をがんばっても、肝心の招待状がゲストに届かなければ始まりません!

ギリギリにならないように、余裕をもって準備しましょう。

そのとき忘れがちなのが、返信はがきにも切手を貼るということ。

貼り忘れてしまうと、ゲストに返信費用を負担させてしまうことになるので、よく確認しましょう。

披露宴のスピーチなど役割を頼む人への依頼や、食べ物のアレルギーを確認するための書面も、入れ忘れていないかチェックして。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

2 遠方からのゲストの宿泊手配

遠方から出席してくれるゲストがいる場合、前日や当日に宿泊の手配が必要なことも。

うっかりしていてギリギリに宿泊予約をしようとしたけれど、どこのホテルも満室・・・なんて事態は避けたいですよね。

遠方からのゲストには早めに宿泊が必要かどうか確認して、忘れずに予約をしましょう。

3 妊婦さん・子供ゲストへの配慮

妊婦ゲストには、次のような配慮が必要です。

・アルコールは注がない
・体が冷えないよう、ひざ掛けなどを用意
・横になって休めるスペースを確保
・お手洗いに立ちやすい席を選ぶ

忘れずにプランナーに伝えて、配慮をしてもらいましょう。


また、子供連れのゲストがいる場合は、プランナーさんの方から子供料理の提案などをしてくれるかと思います。

披露宴で子供たちにお菓子などのプレゼントを配りたい場合は、自分たちで手配が必要。

うっかり忘れないよう、引き出物やプチギフトを選ぶ際に、一緒に用意しておくといいですよ。

小さな赤ちゃんを連れてくるゲストがいる場合は、おむつを替えるスペースや授乳室があるか確認しておくと親切です。

4 BGMの用意

披露宴で使うBGM。

すべて会場任せにするならいいのですが、例えば

「入場のときは絶対この曲がいい!」

など、こだわって持ち込む予定の人は、指定された日までに曲の入ったCDなどを用意する必要があります。

披露宴の雰囲気を左右する大切なBGM、決めるのに意外と時間がかかるので、早めに準備しましょう。

5 結婚式で使う物の手配

〇受付まわり

ゲストが名前や住所を記入する「芳名帳(ほうめいちょう)」、招待客リスト、筆記用具は必需品!

芳名帳は会場側が用意してくれることもありますが、そうでない時は忘れないようにしましょう。

招待客リストは、混乱なく受付をするために大切なものです。
受付をしてくれる人のためにも、早めにリストアップしておきましょう。


〇衣裳小物の準備

衣裳も決まって一安心・・・
そこで忘れがちなのが、「衣裳小物」です。

和装の花嫁の場合は足袋(たび)や腰ひもなど、ドレスならブライダル用の下着やストッキングなど、自分で用意する小物は意外とあるもの。

新郎も、白の靴下や胸が広めに開いた肌着など、何かと持ち込むものがあります。

プランナーさんに指定された衣裳小物は、忘れずに準備してまとめておきましょう。


〇会場飾り・小物の手配

ウェルカムベア、ウェルカムボードなど・・・

ゲストをお迎えするウェルカムスペースや会場をステキに飾る小物たちは、自分たちで手配する人も多いよう。

会場装花やテーブルクロスなど、プランナーさんと一緒に決めていくものに追われて、自分たちで手配するものは案外後回しになりがち!

忙しくても、早めに手配しておきましょう。

6 撮影についての依頼

キレイな花嫁姿・・・
余すことなく動画や写真に収めておきたいですよね!

プロのカメラマンに頼んだから大丈夫!と安心していても、後になって

「あのシーンの写真がない!」
「後ろ姿も撮ってほしかったのに・・・」
なんて不満が残ることも。

撮影を頼むときは、「こんなアングルで撮ってほしい!」という希望を前もって考え、伝えておくのを忘れないようにしましょう。

友達に撮影を頼むときも同じです。
友達にカメラマン役をお願いするなら、撮り損ねないように何人かに頼んでも良いかもしれませんね。

7 手のお手入れ

フェイシャルエステには力を入れても、手のケアは忘れがち!

結婚式には指輪交換など、意外と手が注目されるシーンもあるものです。

それを考えると、指先や手も美しい肌で当日を迎えたいですよね。

サロンでの爪や手のケアはもちろん、普段の保湿だけでも肌の調子は変わるもの。

せっかく結婚式という晴れ舞台に臨むのですから、ぜひ手先までお手入れをしておきましょう。

8 お礼、お車代

遠方からのゲストへの「お車代」や、受付・スピーチなどをしてくれた人に渡す「お礼」。

前もって用意し忘れると、当日かなり慌てることに!

新札が必要なので、多めに両替して、忘れずに用意しておきたいですね。

お礼について知りたい人はこちらを読んでみてください。

結婚式のお礼って誰に何をすれば良いの?結婚式お礼の完全ガイド!

9 立ち振る舞いの練習

衣裳も決まって、これで花嫁姿はカンペキ!

と思っていたら、慣れないドレスとヒールで歩き方がぎこちなくて、後で写真を見たら猫背が目立つ・・・

なんてことになったらガッカリですよね。

高いヒールでの歩き方、立ち振る舞いの練習は、美しい花嫁姿を叶えるために大切ですが忘れがち。

普段からヒールに慣れている人はともかく、そうでない人は、実際に鏡の前で歩いてみたり、高いヒールの靴を履いてキレイに歩く練習をしましょう。

10 二次会の用意

結婚式の準備も整い、一安心・・・。

ちょっと待ってください!

二次会の準備はしましたか?

幹事さんがすべてやってくれる場合はいいのですが、会場の予約や景品の手配など、自分たちでする場合は忘れないようにしましょう。

二次会用の衣装や靴、ストッキング、アクセサリー、メイク道具もぬかりなく用意しておいてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?
意外と忘れがちな結婚式準備をまとめてみましょう。

1 招待状の準備
2 遠方からのゲストへ宿泊の確認、手配
3 妊婦さんへの配慮、子供ゲストへのプレゼントの手配
4 BGMの準備
5 結婚式で使う物の手配
6 撮影の希望を伝える
7 手のお手入れ
8 慣れない衣裳・靴での振る舞いの練習
9 お礼、お車代の用意
10 二次会の準備

忘れがちなこともしっかりチェックして、ひとつひとつ結婚式準備を進めていきたいですね!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「結婚式の基本」の他の記事

「結婚式の基本」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る