結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

婚姻届の必要書類・もらう場所・提出先…入籍手続きの流れカンタン解説!

結婚スタイルマガジンからフェア予約→式場決定するだけで最大20万円分ご祝儀もらえる!

公式インスタグラムはじまりました!

結婚・入籍の手続きに必要な「婚姻届」。

役所に婚姻届を提出して、受理されればふたりは法的に夫婦になりますが・・・

「書類にミスがあったりしたら、希望の日に入籍できないのかな」
と不安な人もいるかもしれませんね。

必要書類の準備や記入の仕方など、婚姻届提出までのステップをわかりやすくご紹介します!

INDEX
ステップ1 提出日(入籍日)を決めよう
ステップ2 必要書類などの準備
ステップ3 婚姻届の記入
ステップ4 証人2人の署名
ステップ5 婚姻届の提出
記念に残したいときはどうする?

ステップ1 提出日(入籍日)を決めよう

婚姻届の提出日は、「入籍日」と言われることも多いですよね。

厳密に言うと、「婚姻届の提出」と「入籍」は別のもの。

「入籍」とは「すでにある戸籍」に入ること。

一方、婚姻届を役所に提出して受理されると、ふたりのための「新しい戸籍」がつくられます。

ただ、一般的には「婚姻届を役所に提出して、受理された日」を「入籍日」と呼ぶことが多いです。

入籍日については、
「ふたりにとって大切な日だから、特別な日を選びたいな」
という人もいるのではないでしょうか。

入籍日の日取りとして先輩夫婦に人気なのは、

・「大安」など縁起の良いとされる日
・ふたりどちらかの誕生日
・付き合いはじめた日などの記念日

などのようです。

下記の記事では、先輩夫婦が入籍日をどのように選んだか、体験談もご紹介していますよ。

入籍日の決め方は?日取りを決めよう!

入籍日について気をつけてほしいのが、必ずしも提出日が入籍日になるとは限らないということ。

正確に言うと、入籍日は婚姻届の「提出日」ではなく「受理された日」です。

基本的には提出した日に受理されて、その日が入籍日になります。

ただ、書類に記入ミスなどがあって、その日に受理してもらえなかった場合、日付がずれてしまうことも。

記入ミスが心配な人は、提出予定の日よりも前に、書いたものを一度役所で見てもらうという手もあります。

役所の窓口やホームページに記入見本があることも多いですし、この記事の3つ目の章でも書き方を紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

理想の指輪に出会える6つのコレクション

ステップ2 必要書類などの準備

提出予定の日が決まったら、必要書類などの準備をしましょう。

必要なもの一覧はこちら。

ひとつずつ見ていきましょう。

1 婚姻届の記入用紙

いわゆる「婚姻届」のこと。
こういう書類です。

見たことがある人もいるかもしれませんね。

婚姻届の入手方法は、大きく分けて次の2つがあります。

婚姻届の用紙は全国共通なので、どこの役所でもらってもOK。

役所の「戸籍をあつかっている部署」は、「戸籍課」「市民課」「住民課」など、自治体によって名前がちがいます。

役所の受付で「婚姻届が欲しいんですけど・・・」と尋ねれば丁寧に教えてくれるので、分からない時には聞いてみましょう。

書き間違うかもしれないので、予備とあわせて2枚もらっておくのがおすすめです。

「平日の日中は忙しくて、役所に取りにいく暇がない」

という人は、休日や夜間も開いている「時間外受付」でもらうか、家族や友人に取ってきてもらう、またはネットからダウンロードしてもいいでしょう。

ダウンロードの場合は、自治体のホームページに載っているものや、企業や個人が作ったオリジナルのフォーマットを選べます。

その中には「デザイン婚姻届」といって、カラフルでおしゃれなデザインや、キャラクター入りのデザインなどもありますよ。

京都市オリジナル婚姻届

デザインが入ったものでも、A3サイズで印刷すれば基本的には使えます。

ダウンロードやデザイン婚姻届が気になる人は、こちらも読んでみてくださいね。

婚姻届の用紙、自作やダウンロードもできるって知ってた?

可愛すぎて欲しくなる!話題の「デザイン婚姻届」ってどんなの?

2 本人確認書類(身分証明書)

本人確認書類とは、「写真がついていて、本人確認ができるもの」のことです。

本人確認書類の中には、「1点だけで確認がとれるもの」と、「2点で確認がとれるもの」があります。

「1点で確認がとれるもの」の代表的な例としては、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど。

保険証や年金手帳だと、「2点必要」になります。

その他の書類について知りたい人は、こちらのホームページの「Q7」を見てみてくださいね。

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji150.html
(法務省「戸籍の窓口での『本人確認』が法律上のルールになりました」)

3 戸籍謄(抄)本

戸籍謄本(こせきとうほん)、戸籍抄本(こせきしょうほん)は、戸籍の内容を証明してくれる書類です。

ただ、実はこの戸籍謄(抄)本、すべての人が提出する必要はありません。

戸籍謄(抄)本が必要となるのは、

「自分の本籍地とは別の市区町村」で婚姻届を出したいとき。

逆に言うと、「本籍地で婚姻届を出すなら、戸籍謄(抄)本は必要ない」ということです。

たとえば、こんなケースを考えてみましょう。

このとき、戸籍謄(抄)本が必要になるのは、本籍地が八王子市の妻です。

一方、夫はもともと新宿区が本籍地なので、提出はしなくてもOKということに。

ちなみに「本籍地」とは、その人の戸籍の原本が置いてある場所のこと。

自分の本籍地がわからない人は、

・家族に聞いてみる
・住民票の「本籍」欄を見る

といった方法で確認しましょう。

ただし、住民票には本籍地が「載っているもの」と「載っていないもの」があるので、「載っているもの」を選んで取得してくださいね。

提出先によって違うので、役所のホームページを見るか、直接役所へ問い合わせてみましょう。

役所へもらいにいく場合、必要なものは次の3つ。

・本人確認書類
・印鑑
・手数料(1通450円)

これらを持っていき、窓口の申請用紙に記入、押印して申請すればその場で発行してもらえます。

戸籍謄(抄)本の申請は代理人に頼むこともできて、その場合に必要なものはこちら。

・委任者(本人)が記入、押印した委任状
・代理人の本人確認書類
・代理人の印鑑
・手数料(1通450円)

郵送で取り寄せる場合は、次の必要書類をまとめて自分の本籍地の役所へ郵送します。

・請求用紙
・本人確認書類のコピー
・手数料(定額小為替か現金書留)
・返信用封筒

請求用紙は、自治体のホームページからダウンロードできます。

手数料は、定額小為替か現金書留で送る決まりです。

返信用封筒には自分の住所と名前を書いて、切手も貼っておく必要があります。

郵送の場合は、請求してから手元に届くまで、1~2週間かかるので注意しましょう。

戸籍謄(抄)本について詳しくは、こちらでもご紹介しています。

婚姻届を出すのに必要な「戸籍謄本」と「戸籍抄本」…なにが違うの?

4 ふたりの印鑑

印鑑は、朱肉を使って押せるものであれば、実印、銀行印、認印などの種類は問いません。

シャチハタやゴム印は、押した印が劣化したり、印鑑自体が変形してしまう可能性もあるので使えません。

5 黒のボールペン、もしくは万年筆

「消せるボールペン」は使えないので気をつけましょう。

ステップ3 婚姻届の記入

必要書類の準備ができたら、いよいよ婚姻届を書いていきます。

①届出日・届出先

「婚姻届を提出する日」を記入。

「  長 殿」というところには、提出先の市または区の名前を書きましょう。

②氏名・生年月日

夫と妻それぞれの名前を、「旧姓で」記入。

字体などの表記は、戸籍謄本に記載されている氏名の表記に合わせる必要があるので気をつけましょう。

③住所

ふたりの「現在の住民票がある住所」と、世帯主の名前を書きます。

新居の住所を記入したい場合は、婚姻届と一緒に「転入届」を提出すればOKというケースが多いですが、詳しくは役所に確認してくださいね。

④本籍

「本籍地の住所」を記入します。

「本籍地」とは、「その人の入っている戸籍が置いてある住所」のこと。

住所の下の「筆頭者の氏名」には、「戸籍のいちばん最初にのっている人」の名前を書きましょう。

「本籍地」と「筆頭者」がわからない場合は、「戸籍謄本」か「本籍地記載の住民票」で確認できます。

⑤父母の氏名・父母との続き柄

「父母の氏名」には、ふたりそれぞれの「実の父母の氏名」を記入。

画像の通り、母の姓は書かなくてOKです。

亡くなっている場合も記入は必要。

父母が離婚している場合は、離婚後のそれぞれの氏名を書きましょう。

「続き柄」にはあなたが「長女」なら「長女」という風に記入。

「次男」は「二男」または「弐男」と書く決まりなので注意しましょう。

⑥婚姻後の夫婦の氏・新しい本籍

「夫の氏・妻の氏」はどちらか片方にチェックを入れます。

チェックを入れた方の人が、ふたりの新しい戸籍の筆頭者になります。

結婚後のふたりの名字も、チェックを入れた方になるということですね。

「新本籍」の欄には、ふたりの「新しい戸籍を置きたい住所」を書きます。

新居の住所か、どちらかの実家の住所にするケースが多いようです。

ただし「新本籍」の欄については、「『夫の氏・妻の氏』にチェックを入れた人が、すでに戸籍の筆頭者の場合、記入しない」ことになっています。

つまり再婚する人で、前の結婚のときに戸籍の筆頭者になっていた場合は、書かなくてよいということですね。

⑦同居を始めたとき

「ふたりが結婚式を挙げたとき」か「同居を始めたとき」、どちらか早い方を書きましょう。

どちらもまだしていなければ、空欄でOK。

⑧初婚・再婚の別

それぞれ初婚か再婚かを選んでチェック。

再婚の場合は、前の配偶者と離別もしくは死別した年月日をあわせて記入します。

⑨同居を始める前の夫妻のそれぞれの世帯のおもな仕事と 夫妻の職業

「同居を始める前の夫妻のそれぞれの世帯のおもな仕事」については、6つの選択肢から当てはまるものを選んでチェック。

「夫妻の職業」は、国勢調査のある年度にだけ記入の必要な欄。

具体的には、

2020年4月1日~2021年3月31日
2025年4月1日~2026年3月31日
・・・

という風に、5年ごと、5の倍数の年度にだけ書きます。

記入する内容は、現時点でのふたりの職業。

その年に厚生労働省が発表している「職業例示表」を見て、そこにのっている「職業分類名」または「番号」を書く決まりです。

詳しい書き方はこちらで取り上げています。

婚姻届の職業欄、書き方を詳しくご説明します!

⑩届出人署名押印

ふたりの結婚前の氏名を書いて、それぞれ旧姓の印鑑を押しましょう。

⑪証人

ふたりの結婚の証人に記入してもらう欄。
ここについては次の章でご説明しますね。

⑫連絡先

昼間に出られる電話番号を記入。

書類の記入ミスがあったりしたら、ここに書いた番号へ役所から連絡がきます。


婚姻届の記入はこれで完了!

下記の記事では1つひとつの欄について、より詳しく丁寧に解説しているので、気になる人は参考にしてみてくださいね。

婚姻届の書き方って?見本付きでわかりやすく解説!

ステップ4 証人2人の署名

婚姻届にはふたり以外に「証人」による記入が必要です。

「証人」とは、「ふたりに結婚の意思があること」の証明として、婚姻届の「証人」欄に記入してもらう人のこと。

証人の条件は、「20歳以上の人、2名」なので、20歳以上であれば誰に頼んでもOKです。

両親にお願いすることが多いようですが、友人や上司、恩師に頼んでもいいでしょう。

大切なお願いなので、いきなり「今日中に書いて!」ではなく、前もってお願いをしてくださいね。

記入してもらう婚姻届の「証人」欄はこちら。

氏名、生年月日、住所、本籍を、かならず「証人の自筆で」書いた上で、印鑑を押してもらいましょう。

印鑑は、証人2人でそれぞれ別のものを使う決まりです。

夫婦や兄弟姉妹など、名字が同じ2人であっても別々の印鑑にする必要があるので、事前に伝えておくのが良さそうです。

誰に証人を頼んだかについては、こちらで先輩夫婦の体験談もご紹介しています。

両親?友人?婚姻届の証人は誰に頼むのが正解?

さて、ここまでくれば、あとは提出するだけです!

ステップ5 婚姻届の提出

婚姻届の「提出先」は、夫または妻の本籍地or住所地(所在地)の役所です。

このうち、「住所地(所在地)」には、「一時的な滞在場所」も含まれます。

つまり、日本全国どこで提出してもOK!

ですから、たとえば

「国内のリゾート地で結婚式を挙げて、そこの役所へ婚姻届を出す」

なんてこともできちゃうんです。

これならリゾートウェディングを考えている人も、挙式日と入籍日を同じ日にすることができますね!

また、役所といえば基本的には「平日の昼間」に開いているので、その時間にしか提出できないのかな?と思うかもしれませんが・・・

土日祝日や夜間については、「時間外受付」を設けて対応している自治体も多いです。

自治体によって違うので、気になる人は自分が手続きする予定の自治体の情報を、チェックしてみてくださいね。

婚姻届が無事に受理されれば、二人は法的にも晴れて夫婦に!
おめでとうございます!!

ここまでご紹介した内容は、20歳以上の日本人どうしが結婚する場合のお話です。

外国人と結婚する「国際結婚」の場合、婚姻届に加えて他にも手続きが必要になってきます。

国際結婚の場合の手続きはこちらでご紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

国際結婚に必要な書類って?手続きの流れを分かりやすく解説!

記念に残したいときはどうする?

婚姻届は提出すると手元には戻ってきませんが、「記念に残しておきたいな」という人もいるかもしれませんね。

もちろん提出前にコピーを取っておいてもいいのですが・・・

自治体によっては「複写式婚姻届」というものを提供していることも。

「複写式」とは用紙が複数重なっていて、1枚目に記入すると2枚目以降にも同じ文字が写るようになっているもの。

「複写式婚姻届」は1枚目を提出用、2枚目を保管用にできるということですね!

また、婚姻届そのものとは違いますが、「婚姻届受理証明書」という書類もあります。

こちらは「婚姻届を受理しました」ということを証明してくれる書類です。

婚姻届を提出して受理されれば、その日に役所で発行してもらえる場合もあります。

これを入籍の記念にとっておくというのもありですね。

婚姻届受理証明書には「賞状タイプ」やキャラクター入りのものなど、デザインが凝ったものもありますよ。

気になる人は、こちらの記事をどうぞ!

婚姻届受理証明書ってなに?もらい方は?

結婚スタイルマガジンって日本NO.1の式場予約サイだって知ってた?

最大20万円ご祝儀もらえる!

まとめ

婚姻届は、二人の結婚を公的に認めてもらうための大切な書類。
間違いがないように、慎重に準備しましょう。

書類にミスがあると受理してもらえず、希望の日に入籍できないことも!

わからないことがあれば役所のホームページで調べたり、役所に直接電話で問い合わせるなど、事前確認が大切です。

SNSでシェア

  • LINEで送る

「結婚準備」の他の記事

「結婚準備」
の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る