結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

婚姻届受理証明書ってなに?もらい方は?

音声で聴く!

0:00

0:00

みなさん、「婚姻届受理証明書」って知っていますか?
なんだか馴染みのない言葉ですね。

「証明書」というからには書類なのでしょうが、いったい何に使うのでしょう?

どこでどうやって発行してもらえるのかも、気になります。

謎に包まれた書類「婚姻届受理証明書」について、くわしくご紹介します。

INDEX
『婚姻届受理証明書』ってなに?
どんな場面で使えるの?
使えない場面に注意!
婚姻届受理証明書のもらい方
額縁に入れて飾りたい「賞状タイプ」も

『婚姻届受理証明書』ってなに?

まずこの書類は何ものかというお話です。

婚姻届受理証明書とは、
「二人の婚姻届を確かに受理しましたよ」ということを公的に証明してくれる書類です。

簡単に言うと、「二人は法的に夫婦ですよ」と証明してくれるものです。

婚姻届受理証明書は役所によって様式が違いますが、書いてある内容はだいたい次の通りです。

・役所が婚姻届を受理したこと
・婚姻の年月日
・夫の氏名
・妻の氏名
・本籍

「で、…何に使えるの?」

はい、気になるのはそこですね。

答えからお伝えすると、
「婚姻届受理証明書」は「新しい戸籍謄本ができるまでの仮の証明書」
になるんです。

「戸籍謄本」とは、「戸籍の原本から情報を写した書類」でしたね。
いろんな手続きに使います。

詳しくはこの記事をご覧ください。

婚姻届を出すのに必要な「戸籍謄本」と「戸籍抄本」…なにが違うの?

役所で婚姻届が受理されれば、夫婦として新しい戸籍を作ってくれますが、戸籍はすぐに出来るわけではありません。

新しい戸籍ができるまで一週間前後かかることもあり、その間は役所も戸籍の写しである「戸籍謄本」の発行ができないんです。

このタイムラグ。
なんだか、困る人が出てきそうですね。

そんなときには「婚姻届受理証明書」の出番です。

「新しい戸籍謄本が発行されるまでの間、その代わりとなる書類」として使うことができます。

まとめると、
夫婦の戸籍が出来るまでの「戸籍謄本」の代わりの書類として、役所では「婚姻届受理証明書」を発行しているんですね。

では、「婚姻届受理証明書」は具体的にどんな場面で使えるのでしょうか?

続いてご紹介します。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

どんな場面で使えるの?

「婚姻届受理証明書」は、主に次の3つの場面で使えます。

住民票の名義を、新しい名字に変える

「住民票」はご存知ですか?

住民の氏名や住所などを記録したもので、「その人がどこの住所に住んでいるのかを証明する」ための書類です。

引っ越しをした際には14日以内に住民票を新しい住所に異動させる義務があります。
また、住んでいる市区町村で、住民票の写しをもらうことができます。

ここで問題になるのが、
二人の新しい戸籍が出来た後になってはじめて、住民票に記載される氏名の『名字』が結婚後の『名字』に変わる仕組み。

逆の見方をすると、戸籍が出来るまでは、住民票の『名字』は古い『名字』のままということになります。

けれども、
「急ぎの手続きで『新しい名字の住民票』 が必要なんだ!」

「戸籍ができるまでなんて、待っていられないよ!」

という人もいるかもしれません。

そんなときには、住民票が置いてある役所へ行って、『婚姻届受理証明書』を提出します。

そうすると、
住民票の名義を、その場で旧姓から新姓へ変更することができてしまいます。

これで、新しい名字の住民票を使えるようになりますね。

結婚したことを、会社へ届け出る

結婚後、妻が夫の「扶養家族」になるという場合、会社によってはすぐに届け出の手続きが必要なケースも。

このときの手続きに、婚姻届受理証明書を使うことができます。

海外ウェディングで必要なケースも

海外では、「ブレッシングスタイル」といって、信者ではないカップルでも挙式のできるキリスト教会があります。

ブレッシングスタイルの挙式は、あくまで「記念」という意味合いが強く、二人が正式に夫婦になるための式ではありません。

つまり、「二人がすでに夫婦であることは前提とした上で、記念に挙げる式」なのです。

そのため、「私たちはすでに夫婦として認められています」ということの証として、婚姻届受理証明書が必要となります。

式場によっては戸籍謄本が使える場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

ここまでは、「婚姻届受理証明書」が【使える場面】の説明でした。

逆に
「婚姻届受理証明書」が使えそうで使えないケースもあります。

続けて見ていきましょう。

使えない場面に注意!

「婚姻届受理証明書」が【使えない場面】の代表例は、次の2つ。

免許証の名義変更

「結婚したら名字が変わるから、免許証の名義も変えなきゃ」というとき。

なんとなく婚姻届受理証明書が使えそうな気がするかもしれませんが、残念ながら使えません。

免許証の名義変更には「本籍記載の住民票」が必要なので、気をつけてください。

銀行口座の名義変更

銀行口座の名義変更には、「戸籍謄本」もしくは「名義変更が済んだ免許証」が必要。

こちらも、婚姻届受理証明書では変更してもらうことができません。

「婚姻届受理証明書」は「新しい戸籍謄本ができるまでの仮の証明書」。

仮の証明書なので、仕方がないですね。

婚姻届受理証明書が使えるかどうかについては、この他の手続きをするときにも、事前に担当者へ確認しておいた方が良さそうです。

婚姻届受理証明書のもらい方

では、『婚姻届受理証明書』はどのようにしてもらえるのでしょうか?手続きは、意外と簡単。

『婚姻届受理証明書』は、「婚姻届を出した市区町村の役所」でもらえます。

役所の業務時間内に婚姻届を提出し、問題なく受理されれば、その場で発行してもらえる場合も。

窓口で「婚姻届受理証明書をください」と言えばOKです。

なお、発行してもらうには1通350円の発行手数料がかかるので、ご注意を。

額縁に入れて飾りたい「賞状タイプ」も

婚姻届受理証明書には、350円の通常タイプのほか、まるで賞状のような上質紙を使ったタイプも!

婚姻届を出した役所で、「上質紙を使った婚姻届受理証明書をください」と伝えると発行してもらえます。

発行手数料はなんと1400円!

通常タイプの4倍のお値段ですが、それだけの価値はあるようです。

なかなか立派な見た目なので、結婚式や二次会でゲストに披露したり、額縁に入れて飾ったりするのも良さそう。

ただし、賞状タイプは発行に数日かかる場合もあるので、手続きなどですぐに婚姻届受理証明書を使いたい場合は通常タイプを発行してもらって下さい。

また最近では、地域の個性を生かしたデザインが印象的な婚姻届受理証明書も登場しています。

例えば、
長野県諏訪市の婚姻届受理証明。

諏訪市の公式キャラクター「諏訪姫」がほほ笑むかわいいデザインです。

2012年12月4日、twitterに投稿されると7000回以上リツイートされるなど、評判も上々だったようです。

諏訪市ホームページ「結婚証」「婚姻届受理証明書」の発行をしています

また、「水郷の里」として知られる茨城県潮来市にも、独自デザインの婚姻届受理証明書が。

日常的に交通手段として使われていた舟で嫁ぎ先へ向かうという「嫁入り舟」が印刷されたデザインです。

「金婚式まで末永く幸せが続きますように…」

という願いを込めて、金色が取り入れられているそうです。
素敵ですね。

潮来市ホームページ 婚姻届受理証明書

まとめ

婚姻届が受理されたことを証明する、「婚姻届受理証明書」。

新しい戸籍謄本が発行できるまでの間の手続きで使えることがわかりました。

また、賞状タイプや自治体独自の婚姻届受理証明書は、二人が結婚した記念にもなり、結婚式や二次会の演出にも使える優れもの!

ただ、手続きによっては婚姻届受理証明書が使えない場合もありますし、賞状タイプは発行に少し時間がかかります。

事前に確認してから、発行してもらいましょう。

  • LINEで送る

「結婚準備」の他の記事

「結婚準備」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る