結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

必読!結婚祝いのお返し、「内祝い」の相場は?

音声で聴く!

0:00

0:00

結婚祝いを頂いた人に贈ることが多い「結婚内祝い」。

お祝いのお返しとして贈る場合、一体どれくらいの金額をお返しすればいいのでしょうか?

今回は、結婚内祝いの一般的な相場と、色々なパターン別の相場をご紹介します。

INDEX
結婚内祝いの相場
高額のお祝いを頂いた場合
目下の人にお祝いをもらった場合
連名でお祝いを頂いた場合

結婚内祝いの相場

結婚内祝いの一般的な相場は、お祝いで頂いた金額の半額~3分の1程度とされています。

現金でお祝いを頂いた場合はわかりやすいですが、もし品物で頂いた場合でも内祝いは必要。

お店やインターネットなどで頂いた品物の価格相場を調べて、きちんと内祝いを用意しましょう。

ただ、相手との関係性や地域・親戚間の習慣など、いろいろな要因によって結婚内祝いの贈り方は変わるもの。

でもどんな場合も、まずはお祝いしていただいた気持ちに感謝して、ありがとうの気持ちを伝えることが大切です。

・・・とはいえ、せっかくお祝いしてくれた人に対して失礼のない内祝いを用意したいですよね。

それではここからは、色々なパターン別・結婚内祝いの相場を見ていきましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

高額のお祝いを頂いた場合

年配の親戚や上司から、高額のお祝いを頂いた!

そんな場合、相場通り「半返し」で半額の内祝いを用意するとなると、結構なお値段になることも。

例えば10万円のお祝いを頂いたら、半返しだと5万円の内祝いを用意することになります。

3分の1でも3万円強と、なかなかの高額になってしまいますよね。

高額のお祝いを包んでくれた人は、若い二人のために「新婚生活に役立ててほしい」という気持ちを込めてお祝いしてくれることが多いもの。

そんな相手に高額の内祝いを返すことは、かえって「二人に気を遣わせてしまったかな」と恐縮させてしまうことになりかねません。

せめて3分の1程度に留めておくか、それでも高額な場合は相場にこだわらず、無理のない予算で相手の好みそうなものをチョイスするようにしましょう。

そして十分に感謝の気持ちを伝え、例えば新婚旅行のお土産を持って挨拶に伺ったり、何か二人に変化があった折には近況報告に伺うなど、お祝いの気持ちに応える対応を心がけるといいですね。

それでも内祝いに迷ったときは、親戚の場合は親に、上司の場合は先に結婚した人などに、どうしたらいいか聞いてみるのもアリ。

親戚間や会社内でなんとなく決まったルールがある場合もあるので、わからないときは人に聞いてから決めると無難ですよ。

目下の人にお祝いをもらった場合

後輩や職場の部下など、自分より目下の人がお祝いを用意してくれた場合、内祝いはどうすればいいのでしょうか?

相場通り半返し・・・では実はダメなんです!

自分より目下の人がお祝いをくれた場合は、そのお祝いと同等程度の内祝いを選ぶのが、目上の人間としてのマナーだと言われています。

例えば1万円のお祝いを頂いたら、8千円から1万円程度の内祝いを用意します。

自分より目上の人には少なめに、目下の人には多めに内祝いを返すのが基本的なマナーなので、気を付けたいですね。

ただ、この基本のマナーも、職場などの慣習で違う場合もあるようです。

気になるようなら、先に結婚した先輩や同僚などに聞いてみると安心かもしれませんね。

連名でお祝いを頂いた場合

職場の同僚一同からのお祝いや、友人数名から連名でお祝いを頂くこともありますよね。

そういう場合、内祝いはどうしたらいいのか迷ってしまいがち。

基本的には複数名の連名でお祝いを頂いた場合でも、内祝いは一人一つ渡すのがマナーです。

頂いたお祝いの金額を人数で割り、その金額の半分程度の額を予算にして、ひとりひとりに内祝いを選びましょう。

例えば5人から3万円程度のお祝いを頂いたら、3万円を5人で割って6千円。

その半額である3千円程度の品物を、それぞれ5人に贈ります。

ただこの方法だと、相手の人数が多かったりお祝いが少額だったりする場合、一人一人にかける予算が極端に少なくなってしまいますよね。

そういうときは無理に個別に内祝いを用意せず、みんなで食べられるようなお菓子を持参してお礼を伝えるなど、臨機応変に対応するといいですよ。

まとめ

結婚内祝いの基本的な相場は、頂いたお祝いの半額~3分の1程度なんですね。

でもケースによって内祝いの贈り方は臨機応変な対応が必要。

目上の人から高額なお祝いを頂いた場合は、無理のない額の内祝いを用意して、十分なお礼を伝えれば大丈夫です。

逆に目下の人からお祝いを頂いたら、お祝いと同額程度の内祝いを贈るのがマナー。

連名でのお祝いでも、基本的に内祝いは個別に用意します。

でもそうすると一人ずつの予算が少額すぎる場合などは、みんなで食べられるお菓子を持参するなど柔軟な判断も必要。

「ありがとう」の気持ちを伝えることが一番なので、感謝の心を忘れないようにしたいですね。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「引き出物・プチギフト・内祝い」の他の記事

「引き出物・プチギフト・内祝い」の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る