結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

「結婚内祝い」っていったい何?誰に贈るもの?【内祝いの基礎知識】

音声で聴く!

0:00

0:00

「結婚内祝い」って、どういうものか知っていますか?

いったい誰に、いつ、どんなものを贈るのでしょうか。

今回は、「結婚内祝い」についての基礎知識をわかりやすくご紹介します。

INDEX
結婚内祝いとは?
誰に贈るの?
結婚内祝いを贈る時期とスケジュール
どんなものを贈る?

結婚内祝いとは?

「内祝い」とは、「身内のお祝い」という意味。

一昔前は家族内で祝い事があったときに、親しい人へ「幸せのおすそ分け」として、贈り物をする習慣がありました。

そんな内祝いの中でも、家族の結婚という祝い事があったときに贈る贈り物が、「結婚内祝い」です。

今では、結婚のお祝いを頂いた「お返し」として贈る品物を、「結婚内祝い」と呼ぶことが一般的になっています。

本来の意味とは少し違っていますが、もともとは「幸せのおすそ分け」だったということも、知っておくといいですね。

ではそんな「結婚内祝い」は、どんな人に贈るべきなのでしょうか?

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

誰に贈るの?

「結婚内祝い」を贈るべき相手は、こんな方々です。

1結婚式で頂いたご祝儀が思っていたよりも高額だった人

結婚式で頂いたご祝儀が思っていたより高額だった・・・。

引き出物はお渡ししたけど、引き出物の品物では頂いたご祝儀に見合わず、お返しとして不十分だった・・・。

そんな場合、後日改めて結婚内祝いを贈ります。

ご祝儀の額は前もって知ることができないので、思いの他高額のご祝儀を頂いてしまった場合は内祝いとしてお返しをするといいでしょう。

また、結婚式でのご祝儀とは別にお祝いをくれる方もいますよね。

そんな方にも内祝いとしてお返しをすると良いですよ。

2 結婚式に出席していないけれど、お祝いをくれた人

事情があって結婚式に招待できなかった、または招待したけど欠席になってしまった・・・。

そんな人から結婚祝いを頂いた場合には、結婚内祝いを贈りましょう。

結婚式に出席してくれた人には、披露宴でふるまう料理や引き出物という形で頂いたお祝いへのお返しをしますよね。

でも出席していない人からお祝いを頂いた場合には、改めて「内祝い」としてお返しをするのがマナーなんですね。

3 結婚式をしないけれど、お祝いをくれた人

結婚式をしないけれど、結婚報告を聞いてお祝いをくれる人もいますよね。
そんな場合も、結婚内祝いを贈りましょう。

基本的に、お祝いをくれた人にはお返しをするのがマナーなんですね。

4 お祝いを頂いていなくても「内祝い」を贈りたい人

先ほどお話ししたように、本来の「内祝い」には「幸せのおすそ分け」という意味があります。

だから、お祝いを頂いていない人にも「内祝い」を贈っても構わないんですね。

例えばお世話になっている人などに、結婚報告を兼ねて内祝いを贈るという方法もあります。

ただ、この場合は気を付けたいことも。

最近ではお祝いのお返しとして贈るものを「内祝い」と呼ぶのが一般的。

本来の意味を知らない人に贈った場合、

「あれ、まだお祝いを渡してないのに・・・」

と恐縮されてしまうおそれがあります。

人によっては、「お祝いを催促している」と受け取られてしまうことも・・・。

もしお祝いを頂いていない人に内祝いを贈りたい場合は、

「いつもお世話になっています。結婚してからもどうぞよろしくお願いいたします」

など、二人の気持ちを一言伝えて贈るといいですよ。

結婚内祝いを贈る時期とスケジュール

結婚祝いを頂いたら、頂いてから1ヶ月以内を目安に内祝いを贈るのがマナー。

結婚式をする場合は、結婚式後に贈るのが一般的なので、結婚式から1ヶ月以内を目安に贈ります。

では結婚祝いを頂いてから、内祝いを贈るまでのスケジュールを見ていきましょう。

1 お礼の言葉を伝える

結婚祝いを頂いたら、まずはお礼を伝えます。

直接頂いたならその場で、郵送なら電話や手紙でお礼を伝えましょう。

2 リストを作成する

結婚祝いが現金以外の場合は、その品物の金額をインターネットなどで調べましょう。
内祝いの予算を決める目安になります。

そしていつ、誰が、何をくれたのか、その金額と、披露宴への出席の有無などをリストにしておくと後々便利ですよ。

3 内祝いの品物を選び始める

お祝いを頂いた人の年齢や家族構成を考えつつ、内祝いの品物を選び始めます。

結婚式をする場合は、ここまでを結婚式前までにしておくとスムーズ。

内祝いを贈るのは結婚式が済んでからですが、贈る相手が複数いる場合は特に、前もって準備をしておいたほうが無難ですよ。

4 結婚内祝いを贈る

結婚祝いを頂いてから1ヶ月以内、もしくは結婚式から1ヶ月以内に結婚内祝いを贈ります。

直接会って渡すのが一番ですが、相手が遠方の場合などは郵送でも大丈夫。

その場合、お礼状を添えるのを忘れないようにしましょう。

どんなものを贈る?

結婚内祝いには、どんなものがふさわしいのでしょうか?

結婚内祝いを選ぶ前に、決めなくてはいけないのが予算ですよね。

結婚内祝いの相場は、頂いたお祝いの半額~3分の1程度。

あまり高価なものを贈っても恐縮されてしまう上、内祝いがお祝いの額と同等もしくはそれ以上になってしまうと失礼になるので、半額程度を目安に考えておくといいでしょう。

ただ、親戚などから高額のお祝いを頂いたときは3分の1かそれ以下の内祝いでいいことも。

逆に、かなり少額のお祝いを頂いた場合で、半額のお返しにするのもちょっと難しい・・・

という場合は、内祝いという形ではなくお礼と共に新婚旅行のお土産を渡したりするなど、臨機応変な対応が必要なケースもあります。

ではそれを踏まえたうえで、どんな品物が結婚内祝いに向いているのか見ていきましょう。

食品

おいしいお菓子や日常の料理に使える缶詰など、ある程度日持ちがする食べ物は内祝いにピッタリ。

小分けにできるお菓子ならおすそ分けもしやすいですし、食べてしまえば保管する場所にも困らないのでいいですよ。

日用品

タオルやキッチン用品など、いくつあっても困らないような日用品もおすすめ。

ただし、一人暮らしの方に複数枚のお皿のセットを贈るなど、使い勝手の良くないセレクトにならないように注意は必要。

相手の家族構成も考えて選びたいですね。


基本的には、消耗品や食品など、使ったり食べたらなくなってしまう「消え物」を贈るといいでしょう。

迷った場合は、相手が好きなものを選ぶことができるカタログギフトにすると無難かもしれませんよ。

まとめ

結婚内祝いとは本来、身内に祝い事があったときに「幸せのおすそ分け」として配っていた贈り物なんですね。

でも最近では、頂いた結婚祝いに対するお返しの意味が強くなっているようです。

お祝いを頂いた人の中で、披露宴に出席しない人や、引き出物に対して高額のご祝儀を包んでくれた人などに、「結婚内祝い」としてお返しをします。

基本的にお祝いを頂いてから1ヶ月以内、結婚式をする場合は結婚式から1ヶ月以内を目安に内祝いを贈るのがマナーです。

結婚内祝いには、日持ちのする食品や日用品など「消え物」がピッタリ。

お祝いをしてくれた人に「ありがとう」の気持ちを込めて、喜んでもらえるような内祝いを贈りたいですね。

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「引き出物・プチギフト・内祝い」の他の記事

「引き出物・プチギフト・内祝い」の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る