結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

これで完璧!結婚内祝いの熨斗(のし)と表書きの基礎知識!

結婚内祝いには、「のし」をかけて贈るのがマナーです。

でも「のし」には種類があるし、表書きの書き方も色々・・・。

結婚内祝いに適した「のし」ってどういうものなのでしょうか?

今回は、結婚内祝いにかける「のし」の選び方と、表書きの書き方を詳しくご紹介します。

INDEX
「のし」ってどういうもの?
結婚内祝いにかける「のし」の選び方
表書き上段の書き方
表書き下段の書き方
旧姓を書いてもいいの?

「のし」ってどういうもの?

かつて、贈り物を贈る際に、干しアワビを薄く伸ばした「のしあわび」を添えて贈る習慣がありました。

特別な贈り物だからこそ、「長寿」や「繁栄」の意味がある貴重なアワビを添えて贈ったんですね。

現代では本物のアワビではなく、紙を折って作った「熨斗飾り」が使われるように。

そしてそれがさらに簡略化されたものとして、水引と熨斗飾りが印刷された紙が登場しました。
その紙が「のし紙」といわれるものです。

のし紙はさまざまな贈り物にかけて使われますが、贈り物を贈るシチュエーションによってその種類を変える必要があります。

では結婚内祝いにかけるのし紙はどんなものを選べばいいのでしょうか?

さっそく見ていきましょう。

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

結婚内祝いにかける「のし」の選び方

結婚内祝いにかける「のし」には、水引の色が「紅白」もしくは「金銀」で、本数は10本、結び方は「結び切り」のものを選びましょう。

「結び切り」は一度結ぶと簡単にはほどけない結び方であることから、一生涯の誓いである結婚や、二度と繰り返したくない病気やけがの快気祝いなどに使われます。

ちなみに、端を引っ張ると簡単にほどける「蝶結び」の水引は、例えば出産や進学など、何度繰り返しても嬉しい慶事に使う結び方。

だから結婚に関する贈り物である「結婚内祝い」に使う「のし」には、結び切りの水引を選びます。

結婚内祝いにふさわしい水引の種類はわかりましたね。

では次に、表書きの書き方を見ていきましょう。

表書き上段の書き方

「表書き」とは、「のし」の表に書く文字のこと。
かつては贈り物をするときに、その内容を記した目録を添えていました。

それが簡略化されたものが表書きです。

毛筆、筆ペン、サインペンなどでハッキリと、濃い黒の墨で書くのがマナー。

水引が掛けられている(印刷されている)ラインで上下に分け、上段には贈り物の内容がわかるよう、決められた言葉を書き込みます。

結婚内祝いを贈る場合は、「のし」の上段に「内祝」または「寿」と書くのが一般的。

結婚式当日に引き出物として贈る場合は「寿」と入れることが多く、後日送る結婚内祝いの場合は「内祝」と入れることが多いようです。

表書き下段の書き方

「のし」の下段には、贈り主の名前を書きます。

のし上段の文字より少し小さめに書きましょう。

結婚内祝いの場合、名前の書き方は主に2パターンあります。

1 二人の名前を書く

新郎新婦の名前を並べて書きます。結婚内祝いは二人からの贈り物ということがよくわかりますね。

2 新郎の姓名と新婦の名前のみを書く

新郎の姓名を書き、その左に新婦の名前を書きます。

見た目のバランスをよくするため、のし紙下段の中央に姓を書き、その下に夫婦の名前を並べて書くのもアリですよ。

旧姓を書いてもいいの?

結婚しても仕事を続ける場合、職場では旧姓のまま通すという人も多いですよね。

その場合、結婚内祝いの「のし」には旧姓を書きたい・・・と思う人もいるでしょう。

でも仕事で旧姓を使うとはいえ、結婚して姓が変わる場合、旧姓は「通称」になります。

「のし」には本名を記すのがマナーなので、結婚内祝いを贈る場合は新姓を使うようにしましょう。

ただ、「なじみのない新姓で贈ると、誰からの内祝いなのかわからないのでは・・・」と心配な場合もありますよね。

そんなときは、「○○家」「△△家」という風に、両家の姓を並べて書くという方法もあります。

主に結婚式の引き出物にかける「のし」に使われる書き方ですが、最近では結婚内祝いの「のし」に使うこともあります。

また、「のし」には新姓を書き、添えるメッセージカードに旧姓を書いておいたり、配達を頼む際に伝票の差出人の欄に旧姓を書くなど、相手に旧姓が伝わる工夫をしておくのもアリですよ。

まとめ

いかがでしたか?

「のし」とは、昔贈り物を贈る際に添えた、「のしあわび」のことだったんですね。

それが簡略化され、熨斗飾りになり、現代では熨斗飾りも水引も印刷されたのし紙も使われるようになりました。

結婚内祝いにかける「のし」は、紅白もしくは金銀10本、結び切りの水引が印刷されたものが一般的。

上段には「内祝」「寿」、下段には新郎新婦の名前や、新郎の姓名と新婦の名前を書くことが多いようです。

基本的に旧姓はのしに使いませんが、両家の苗字を並べて書く場合も。

旧姓を相手に知らせたい場合は、同封するメッセージカードに書いたり、配達伝票の差出人欄に書くなど工夫するといいですよ。

表書きに迷った場合は両親に相談して、マナーを守って「のし」を使いたいですね!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「引き出物・プチギフト・内祝い」の他の記事

「引き出物・プチギフト・内祝い」の
次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る