結婚が決まったら♥結婚スタイルマガジン

結婚が決まったら「結婚スタイルマガジン」

  • LINE

花嫁姿をより美しくするのに欠かせない「ウェディングドレス小物」って?

素敵なウェディングドレスを選ぶのはもちろん大切なこと。

でもドレスの他に、身に付ける小物によっても花嫁姿の印象は大きく変わるんです!

今回は、花嫁姿をより美しく見せてくれるウェディングドレス小物をご紹介します。

INDEX
ブライダルインナー
パニエ
ベール
ヘッドドレス
アクセサリー
グローブ
シューズ
ハンカチ

ブライダルインナー

「ブライダルインナー」とは、ドレス専用の下着のこと。
着用することで、ドレス姿のシルエットをより美しく見せる効果があります。

ブラジャーと、ウエストのラインを整えるウェストニッパーが別になった「セパレートタイプ」と、その二つが一体化した「ビスチェタイプ」が主流。

他にもガードルやフレアパンツなど、ドレスを美しく着こなすために必要な下着がそろっています。

普通のインナーを使う人もいますが、ブライダルインナーならよりスタイル良く見せてくれるかも!

締め付けすぎず快適に、かつ美しく見せてくれる下着を選ぶのがポイントです。

どんなデザインのドレスを選ぶかによって必要な下着も変わってくるので、きちんと試着して購入するといいですよ。

ブライダルインナーについてくわしくはこちらの記事も読んでみてくださいね。

ブライダルインナーってなに?どこで買えばいいの?

結婚式場予約+挙式でご祝儀最大20万円分プレゼント!ご祝儀がもらえる式場を探す

理想の指輪に出会える6つのコレクション

パニエ

「パニエ」とは、ドレスの下に着るスカート状のアイテムです。
ドレスのスカート部分にボリュームを出し、美しいラインに整えてくれます。

ラインが細身のドレスには必要ありませんが、ふんわりとボリュームのあるラインのドレスを着るなら重要なアイテム!

同じドレスでも、パニエを使うとより華やかに、使わないとシンプルで大人っぽいイメージになったりと、スカート部分のボリューム調整でイメージを変えることもできますよ。

ベール

「ベール」とは、ウェディングドレスを着て結婚式を挙げるとき、花嫁が頭からかぶる薄い布のこと。

チュールやオーガンジーなど、ほんのり透ける素材でできています。

ベールを纏った花嫁姿はとても神聖で、清らかなイメージになりますよね!

ベールには色々なデザインや長さがあり、ドレスのデザインに合わせて選ぶことが大切です。

例えば腰にリボンやお花などワンポイントが付いたドレスの場合。

デザインを隠してしまわないように「ミドルベール」や「ショートベール」など短めのベールを合わせるといいですね。

逆に装飾の少ないシンプルなドレスなら、レース刺繍を施したベールを合わせたりするのもおすすめ。

荘厳な教会で行う挙式なら、長いバージンロードに映える「ロングベール」を合わせるなど、雰囲気に合わせて選ぶのも素敵です。

ベール次第でドレスの印象が変わるので、色々なベールを合わせて選ぶといいですよ。

ベールについてはこちらの記事も読んでみてくださいね。

ウェディングドレスに合わせる「ベール」って?どんな種類があるの?

ヘッドドレス

「ヘッドドレス」とは、花嫁の髪につけるアクセサリーのこと。
ティアラやカチューシャなどが一般的ですよね。

他にも、小さな帽子状の「ボンネ」というクラシカルな印象のアイテムや、生花や花冠をつけるという花嫁も。

ヘッドドレスには色々な種類があるんですね。

髪型やドレスのイメージに合うヘッドドレスを選ぶことで、ウェディングドレス姿をより一層美しく見せてくれますよ。

いろんなヘッドドレスを見てみたい人は、こちらの記事を読んでみてください。

あなたに似合うのは?ウェディングヘッドドレス一挙公開!

アクセサリー

ウェディングドレスを着た時につけるアクセサリーといえば、ネックレスとイヤリングが定番。

必ずつけなければいけないわけではありませんが、ドレスや髪型の雰囲気に合ったアクセサリーをプラスすることで、より華やかな花嫁姿を演出できます。

ネックレスを選ぶときは、自分が着るドレスのネックラインに合うものをチョイスするのがポイント。

実際にドレスと合わせて選ぶのが一番ですが、それが難しい場合はドレスと同じようなネックラインの服に合わせてネックレスを選ぶと、雰囲気がつかみやすいかもしれませんね。

イヤリングは基本的に、ネックレスとセットのものを選ぶと統一感が出てGOOD。

ネックレスとイヤリングの他に、例えばブレスレットなどを着けるのもアリですよ。

結婚式と披露宴でアクセサリーを変えるのも、雰囲気が変わって素敵です。

アクセサリーについては、こちらの記事も参考にしてくださいね。

ウェディングドレスを彩るアクセサリーの種類は?手配方法は?

グローブ

「グローブ」とは、ウェディングドレスを着た時につける手袋のこと。

グローブには色々な長さのものがあり、ウェディングドレスの袖丈に合わせて決めるといいでしょう。

例えば、ノースリーブ(袖なし)のドレスなら二の腕くらいまであるロング丈や、肘までのミドル丈、袖ありのドレスなら手首までのショート丈もおしゃれ。

他にも格式高い式場ならロング丈が合うなど、式場の雰囲気によって選ぶ方法もあります。

基本的には指まで覆うグローブですが、指が出るフィンガーレスタイプのグローブもあります。

素材やデザインも色々なものがあるので、ウェディングドレスや式場の雰囲気と合うかどうか、着脱はしやすいかなどを基準に選ぶといいですね。

グローブについてはこちらも参考にしてくださいね。

ぴったりなグローブを選ぼう!ウェディンググローブの基礎知識

シューズ

ウェディングドレスのシルエットを美しく見せるために、案外重要なのが靴です。

ドレスの丈や自分の身長に合ったヒールの高さをチョイスすれば、ウェディングドレスをキレイに着こなすことができます。

基本的に足元はドレスの裾で見えないことが多いですが、裾を持ち上げたりする時などにチラリと見えることも。

ウェディングドレスに合う白いパンプスを用意しておくといいでしょう。

カジュアルな結婚式ではつま先が出るオープントゥの靴を選んだり、ドレスにスニーカーを合わせる花嫁もいるそう!

あまり見えない靴ですが、気を抜かずに準備しておきたいですね。

ブライダルシューズの選び方は、こちらの記事でご紹介しています。

ブライダルシューズの相場、手配方法、選び方は?

ハンカチ

こちらは直接身に付けるものではありませんが、花嫁にとってはわりと役に立つアイテムです。

披露宴で感動して涙・・・。
ちょっと顔のテカリを抑えたい・・・。

そんな時、手元にハンカチがあればとっても便利!

それがウェディングドレスに合う美しいハンカチなら、涙をぬぐう花嫁姿も美しく見えますよね。

色に決まりはありませんが、基本的にはシルクの白いハンカチがおすすめ。

繊細な刺繍が施されたデザインも、花嫁らしくて素敵ですよ。

まとめ

花嫁をより美しく見せてくれるウェディング小物をご紹介しました。

ドレスのシルエットを美しく見せてくれる「ブライダルインナー」や「パニエ」、「シューズ」。

「ベール」や「ヘッドドレス」、「グローブ」、「アクセサリー」は、ドレス姿をより華やかに彩ってくれるアイテムです。

そして涙する姿すら奥ゆかしく、美しく見せてくれる花嫁の「ハンカチ」も忘れずに持参したいアイテム。

ドレスに合ったウェディング小物をチョイスして、花嫁姿をより輝かせたいですね!

  • LINEで送る

おすすめ記事ピックアップ

「ウェディングドレス・和装」の他の記事

「ウェディングドレス・和装」の次に知っておきたいこと

記事を読んでいただきありがとうございます。「結婚スタイルマガジン」編集部です!

結婚スタイルマガジン

役立つ情報をもっと見る